くにさくロゴ
2003/10/09 第157回国会 参議院 参議院会議録情報 第157回国会 災害対策特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
2003/10/09 第157回国会 参議院

参議院会議録情報 第157回国会 災害対策特別委員会 第2号

#1
第157回国会 災害対策特別委員会 第2号
平成十五年十月九日(木曜日)
   午後零時四十五分開会
    ─────────────
   委員の異動
 十月八日
    辞任         補欠選任
     木俣 佳丈君     大塚 耕平君
 十月九日
    辞任         補欠選任
     大門実紀史君     紙  智子君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         日笠 勝之君
    理 事
                中川 義雄君
                森下 博之君
                朝日 俊弘君
                白浜 一良君
    委 員
                大仁田 厚君
                太田 豊秋君
                加治屋義人君
                小泉 顕雄君
                田村 公平君
                鶴保 庸介君
                今泉  昭君
                大塚 耕平君
                谷  博之君
                内藤 正光君
                大沢 辰美君
                紙  智子君
                中村 敦夫君
   国務大臣
       国務大臣
       (内閣府特命担
       当大臣(防災)
       )        井上 喜一君
   副大臣
       内閣府副大臣   佐藤 剛男君
   大臣政務官
       内閣府大臣政務
       官        森元 恒雄君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        伊原江太郎君
   政府参考人
       気象庁長官    北出 武夫君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○政府参考人の出席要求に関する件
○災害対策樹立に関する調査
 (平成十五年十勝沖地震に関する件)
○継続調査要求に関する件
#2
○委員派遣に関する件    ─────────────
#3
○委員長(日笠勝之君) ただいまから災害対策特別委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨八日、木俣佳丈君が委員を辞任され、その補欠として大塚耕平君が選任されました。
 また、本日、大門実紀史君が委員を辞任され、その補欠として紙智子さんが選任されました。
    ─────────────
#4
○委員長(日笠勝之君) 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。
 災害対策樹立に関する調査のため、本日の委員会に気象庁長官北出武夫君を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(日笠勝之君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#6
○委員長(日笠勝之君) 災害対策樹立に関する調査を議題といたします。
 平成十五年十勝沖地震について、政府から報告を順次聴取いたします。井上防災担当大臣。
#7
○国務大臣(井上喜一君) このたびの地震について御報告いたします。
 この地震は、二十六日午前四時五十分ごろ、釧路沖を震源として発生したもので、震源の深さ約四十二キロメートル、規模はマグニチュード八・〇と推定されています。
 この地震により、北海道太平洋沿岸部において、九町村で震度六弱、十市町村で震度五強を観測しております。また、現時点での調査によりますと、この地震による津波は、最大四メートル、七町村で三メートル以上を記録しております。
 この地震により、現在までに行方不明者二名、負傷者八百四十二名、全壊家屋三十五件等の被害が報告されています。被害に遭われた方々に対し、心からのお見舞いを申し上げる次第であります。また、電力、ガス、水道等のライフラインについてはすべて復旧しておりますが、道路、河川、港湾、文教施設、下水道、農林水産業関係等で被害が生じております。
 このほか、苫小牧の石油タンク火災が二度にわたり発生しました。石油タンクの破損等により原油等の漏洩が認められ、いまだ火災の発生が懸念される状況にあります。
 政府といたしましては、発災直後からの官邸危機管理センターにおける緊急参集チーム会議の開催、災害対策関係省庁連絡会議の開催等に引き続き、被災現地における状況の把握のため、二十六日十六時四十五分に、関係十二省庁三十六名から成る現地調査団を組織し、団長として、内閣府佐藤副大臣を北海道に派遣いたしました。現地調査団は、自衛隊機により被災現地に赴き、十勝支庁、日高支庁、釧路支庁の管内市町村の道路、河川、港湾、小学校等の被災状況を調査するとともに、避難所におられる被災者の方々にお会いしてまいりました。地元地方公共団体からは、災害復旧の迅速な対応や財政支援等につきまして要望がございました。
 調査の概要については、お手元に報告をお配りしているとおりでございます。
 目下、関係省庁において所管施設の災害復旧事業を積極的に行うとともに、激甚災害の指定に係る復旧事業費の確認作業を速やかに行うよう、私からも指示をしたところでございます。
 このほか、苫小牧の石油タンク火災に関連いたしましては、消防庁において、消防本部及び都道府県の協力を得て、緊急消防援助隊の派遣や泡消火薬剤の提供による広域応援を実施をいたしております。また、泡消火薬剤の輸送に当たり、自衛隊機による空輸等を実施いたしました。泡消火薬剤の提供については、在日米軍の協力も得たところであります。
 このたびの火災については、地震との因果関係を十分に調査するなど、今後とも、関係省庁や都道府県と十分に連携し、適切な対応を図ってまいりたいと考えております。
 地方公共団体からの要望を踏まえ、被害に遭われた方々が一日も早く安心して生活できるよう、被災者への支援や被災地の速やかな復旧等につき、地方公共団体とも連携して政府一体となった対応を行ってまいります。
 また、防災担当大臣といたしまして、今後とも、地震対策を始めとした防災対策に万全を期してまいりたいと考えております。
 以上、報告させていただきます。
#8
○委員長(日笠勝之君) 北出気象庁長官。
#9
○政府参考人(北出武夫君) 去る九月二十六日に発生しました平成十五年十勝沖地震について御説明いたします。
 九月二十六日午前四時五十分ごろ、襟裳岬の東南東約八十キロ付近の深さ四十二キロメートルを震源とするマグニチュード八・〇の地震が発生いたしました。
 この地震によりまして、北海道釧路町、幕別町、新冠町、浦河町、静内町、厚岸町、鹿追町、豊頃町、忠類村で震度六弱を観測したほか、北海道、東北地方、関東地方にかけまして震度五強から震度一を観測しました。
 気象庁では、この地震発生直後に、震度に関する情報を発表するとともに、津波警報を北海道太平洋沿岸東部及び中部に、また津波注意報を北海道太平洋沿岸西部、青森県日本海沿岸、青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、福島県に発表して、厳重な警戒を呼び掛けました。
 この地震により、十勝港で二・五メートル、浦河で一・三メートル、釧路で一・二メートル、根室市花咲で〇・九メートルなど、北海道から東北地方にかけての太平洋沿岸で津波が観測されました。
 この地震後、多数の余震が発生しており、現在までの最大の余震は、九月二十六日午前六時八分に発生したマグニチュード七・一の地震で、最大震度は六弱でした。その後、余震の回数は減衰してきておりますが、現在なお余震活動に注意が必要な状況です。
 また、今般の地震以降、地震による地盤の緩み等が発生していることから、大きな揺れを観測した北海道においては、雨による土砂災害について警戒、注意を呼び掛けるため、気象庁は大雨警報・注意報の発表基準を引き下げて運用しております。
 なお、この地震は、昭和二十七年の十勝沖地震と同様、陸側のプレートとその下に沈み込む太平洋プレートとの境界で発生したものと考えられ、余震の発生領域がほぼ重なっております。
 余震の状況につきましては、参考資料として添付させていただいております。
 以上でございます。
#10
○委員長(日笠勝之君) 以上で政府からの報告聴取は終わりました。
 大臣等、御退席いただいて結構でございます。
    ─────────────
#11
○委員長(日笠勝之君) 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 災害対策樹立に関する調査につきましては、閉会の場合においてもなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(日笠勝之君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成及び提出の時期につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(日笠勝之君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#14
○委員長(日笠勝之君) 次に、委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中の委員派遣につきましては、その取扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(日笠勝之君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時五十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト