くにさくロゴ
2003/10/09 第157回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第157回国会 議院運営委員会 第4号
姉妹サイト
 
2003/10/09 第157回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第157回国会 議院運営委員会 第4号

#1
第157回国会 議院運営委員会 第4号
平成十五年十月九日(木曜日)
    正午開議
 出席委員
   委員長 大野 功統君
   理事 佐田玄一郎君 理事 佐藤 静雄君
   理事 田野瀬良太郎君 理事 岸田 文雄君
   理事 下村 博文君 理事 高木 義明君
   理事 藤村  修君 理事 長浜 博行君
   理事 西  博義君
      小渕 優子君    北村 誠吾君
      左藤  章君    松浪 健太君
      三ッ林隆志君    森岡 正宏君
      都築  譲君    手塚 仁雄君
      永田 寿康君    長妻  昭君
      伴野  豊君    漆原 良夫君
      児玉 健次君    日森 文尋君
      江崎洋一郎君
    …………………………………
   議長           綿貫 民輔君
   副議長          渡部 恒三君
   事務総長         谷  福丸君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月九日
 辞任         補欠選任
  三井 辨雄君     長妻  昭君
同日
 辞任         補欠選任
  長妻  昭君     三井 辨雄君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議員柿澤弘治君及び同鳩山邦夫君永年在職表彰の件
 永年在職議員として表彰された元議員三ッ林弥太郎君逝去につき弔詞贈呈報告の件
 本日の本会議の議事等に関する件

     ――――◇―――――
#2
○大野委員長 これより会議を開きます。
 まず、永年在職議員の表彰の件についてでありますが、議員柿澤弘治君は、八月をもって国会議員として在職二十五年に達せられました。また、議員鳩山邦夫君は、九月をもって在職二十五年に達せられましたので、先例により、院議をもって表彰することになります。
 両君の表彰文は、前例に従って作成したお手元に配付の案文のとおりとし、表彰決議は、本日の本会議において行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○大野委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
 議員柿澤弘治君は国会議員として在職すること二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員鳩山邦夫君は衆議院議員に当選すること八回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    ―――――――――――――
#4
○大野委員長 なお、本会議における表彰次第につきましては、まず議長発議をもって両君の表彰決議を行い、次に議長が表彰文を順次朗読されます。次いで、表彰を受けられた柿澤君及び鳩山君に順次登壇願った後、両君からそれぞれ謝辞が述べられます。
    ―――――――――――――
#5
○大野委員長 次に、元議員逝去につき弔詞贈呈報告の件についてでありますが、去る八月十八日、永年在職議員として表彰された元議員三ッ林弥太郎君が逝去されました。
 ここに謹んで哀悼の意を表します。
 弔詞につきましては、お手元の印刷物のとおりの特別弔詞を、理事各位の御了承を得まして、葬儀当日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
 衆議院は 多年憲政のために尽力し 特に院議をもってその功労を表彰され さきに文教委員長 運輸委員長 災害対策特別委員長の要職につき また国務大臣の重任にあたられた正三位勲一等三ッ林弥太郎君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
    ―――――――――――――
#6
○大野委員長 また、同君に対する弔詞は、本日の本会議において、議長から贈呈の報告があり、弔詞を朗読されることになります。
 その際、議員の方は御起立願うことになっております。
    ―――――――――――――
#7
○大野委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#8
○谷事務総長 まず最初に、柿澤弘治さん及び鳩山邦夫さんに対する表彰の決議を行います。次いでお二人からそれぞれ謝辞が述べられます。
 次に、議長から、永年在職議員として表彰されました故元議員三ッ林弥太郎先生に対する弔詞贈呈の報告がございまして、議長が弔詞を朗読されます。
 本日の議事は、以上でございます。
#9
○大野委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#10
○大野委員長 次に、次回の本会議の件につきましては、後刻理事会で協議いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時二分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト