くにさくロゴ
2003/06/11 第156回国会 参議院 参議院会議録情報 第156回国会 国会等の移転に関する特別委員会 第3号
姉妹サイト
 
2003/06/11 第156回国会 参議院

参議院会議録情報 第156回国会 国会等の移転に関する特別委員会 第3号

#1
第156回国会 国会等の移転に関する特別委員会 第3号
平成十五年六月十一日(水曜日)
   午後一時開会
    ─────────────
   委員の異動
 六月十日
    辞任         補欠選任
     大島 慶久君     椎名 一保君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         松谷蒼一郎君
    理 事
                国井 正幸君
                山下 善彦君
                江本 孟紀君
                加藤 修一君
    委 員
                有馬 朗人君
                太田 豊秋君
                河本 英典君
                沓掛 哲男君
                椎名 一保君
                松田 岩夫君
                佐藤 泰介君
                平田 健二君
                和田ひろ子君
                草川 昭三君
                井上 美代君
                森 ゆうこ君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        鴫谷  潤君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○調査報告書に関する件
○中間報告に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから国会等の移転に関する特別委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨日、大島慶久君が委員を辞任され、その補欠として椎名一保君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(松谷蒼一郎君) この際、御報告をいたします。
 国会等の移転について、これまでの本委員会での議論及び理事会における協議の結果について、様々な意見も寄せられましたが、それらを踏まえ、お手元に配付しております国会等の移転に関する調査報告書(中間報告)案を作成いたしました。
 まず、本報告書案のまとめの部分について、調査室に朗読させることといたします。鴫谷専門員。
#4
○専門員(鴫谷潤君) お手元の報告案の三十五ページにございます。朗読をいたします。
    第V まとめ
  国会等の移転に関する特別委員会は、平成二年の「国会等の移転に関する決議」の趣旨を踏まえ、調査を進めてきたが、特に、内閣総理大臣より国会等移転審議会答申が国会に報告された後、国民の合意形成の状況、社会経済情勢の諸事情、東京都との比較考量等について集中的に調査を行った。
  本委員会においては、直ちに国会等の移転先を決し、移転を実施すべきであるとの多くの意見もあったが、一方で、現在の状況を勘案すると慎重に行うべきとの意見もあり、直ちに移転すべきかどうかについては、議論が収斂するには至らなかった。また、一部の会派からは、移転すべきでないとの意見もあった。
  しかし、現在のように全ての機能が東京に集中している状態において、東京が大地震あるいは大規模な危機にさらされた場合、我が国の中枢機能は停止し、その結果、我が国のみならず、国際的規模で深刻な危機を招来することになりかねない。そのため、国政の中枢機能を全て東京に一極集中させておくことは適当ではなく、特に、災害及び危機管理に係る中枢機能は速やかに移転すべきとの意見が多くを占めた。
  よって、本委員会としては、今日の経済財政情勢、国民の合意形成の状況等を勘案し、防災対応機能、危機管理機能の中枢を優先して移転させるとともに、その他の機能についても、移転先を決定し、移転を実施すべきものと考える。
  なお、国会等の移転は、国民全体の将来に係わる最重要の課題であり、本委員会の中間報告を踏まえつつ、引き続き、両院の密接な連携の下に議論を進めることが必要と考える。
 以上でございます。
    ─────────────
#5
○委員長(松谷蒼一郎君) それでは、調査報告書の提出についてお諮りをいたします。
 お手元に配付の国会等の移転に関する調査報告書(中間報告)案を本委員会の中間報告書として議長に提出することに賛成の方の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#6
○委員長(松谷蒼一郎君) 多数と認めます。よって、本案を本委員会の中間報告書として議長に提出することに決定いたしました。
    ─────────────
#7
○委員長(松谷蒼一郎君) この際、お諮りいたします。
 ただいま提出を決定いたしました調査報告書につきまして、議院の会議におきましても中間報告の申出をすることに賛成の方の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#8
○委員長(松谷蒼一郎君) 多数と認めます。よって、本調査報告書につきまして、議院の会議におきましても中間報告の申出をすることに決定いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト