くにさくロゴ
2002/10/29 第155回国会 参議院 参議院会議録情報 第155回国会 内閣委員会 第1号
姉妹サイト
 
2002/10/29 第155回国会 参議院

参議院会議録情報 第155回国会 内閣委員会 第1号

#1
第155回国会 内閣委員会 第1号
平成十四年十月二十九日(火曜日)
   午後零時十分開会
    ─────────────
   委員氏名
    委員長         佐藤 泰介君
    理 事         長谷川 清君
    理 事         吉川 春子君
                阿南 一成君
                阿部 正俊君
                上野 公成君
                亀井 郁夫君
                竹山  裕君
                西銘順志郎君
                野沢 太三君
                森下 博之君
                山崎 正昭君
                岡崎トミ子君
                川橋 幸子君
                山根 隆治君
                白浜 一良君
                山口那津男君
                筆坂 秀世君
                島袋 宗康君
                黒岩 宇洋君
                田嶋 陽子君
    ─────────────
   委員長の異動
 十月十八日佐藤泰介君委員長辞任につき、その
 補欠として小川敏夫君を議院において委員長に
 選任した。
    ─────────────
   委員の異動
 十月十八日
    辞任         補欠選任
     佐藤 泰介君     小川 敏夫君
     山根 隆治君     松井 孝治君
 十月二十四日
    辞任         補欠選任
     松井 孝治君     内藤 正光君
 十月二十五日
    辞任         補欠選任
     内藤 正光君     松井 孝治君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         小川 敏夫君
    理 事
                阿部 正俊君
                亀井 郁夫君
                森下 博之君
                長谷川 清君
                吉川 春子君
    委 員
                阿南 一成君
                上野 公成君
                竹山  裕君
                西銘順志郎君
                野沢 太三君
                山崎 正昭君
                岡崎トミ子君
                川橋 幸子君
                白浜 一良君
                山口那津男君
                島袋 宗康君
                黒岩 宇洋君
                田嶋 陽子君
   国務大臣
       国務大臣
       (内閣官房長官)
       (男女共同参画
       担当大臣)    福田 康夫君
       国務大臣
       (国家公安委員
       会委員長)    谷垣 禎一君
       国務大臣
       (経済財政政策
       担当大臣)    竹中 平蔵君
       国務大臣
       (規制改革担当
       大臣)      石原 伸晃君
       国務大臣
       (科学技術政策
       担当大臣)    細田 博之君
       国務大臣     鴻池 祥肇君
   副大臣
       内閣府副大臣   根本  匠君
   大臣政務官
       内閣府大臣政務
       官        大村 秀章君
       内閣府大臣政務
       官        木村 隆秀君
       内閣府大臣政務
       官        阿南 一成君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        鴫谷  潤君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件

    ─────────────
#2
○委員長(小川敏夫君) ただいまから内閣委員会を開会いたします。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび内閣委員長に選任されました小川敏夫でございます。
 本委員会は、内閣の重要政策及び警察等、国政の基本にかかわる諸問題を所管するものであり、委員長としてその責任の重大さを感じております。
 このような重要な委員会の委員長として、微力ではございますが、委員各位の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会の運営に努めてまいる所存でございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#3
○委員長(小川敏夫君) 委員の異動について御報告いたします。
 昨日までに、松村龍二君、森本晃司君、森田次夫君、井上吉夫君、斉藤滋宣君、佐藤泰介君及び山根隆治君が委員を辞任され、その補欠として山口那津男君、阿部正俊君、阿南一成君、野沢太三君、森下博之君、松井孝治君及び私、小川敏夫が選任されました。
    ─────────────
#4
○委員長(小川敏夫君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が三名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(小川敏夫君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に阿部正俊君、亀井郁夫君及び森下博之君を指名いたします。
    ─────────────
#6
○委員長(小川敏夫君) 国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、内閣の重要政策及び警察等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(小川敏夫君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#8
○委員長(小川敏夫君) この際、国務大臣から発言を求められておりますので、順次これを許します。福田国務大臣。
#9
○国務大臣(福田康夫君) 内閣官房及び内閣府の事務を担当する大臣として、一言ごあいさつ申し上げます。
 小泉内閣は、発足以来、聖域なき構造改革の断行に取り組んできたところであり、この路線を確固たる軌道に乗せるため、内閣官房の責任者として、また内閣府の事務全般を取りまとめる立場から、各大臣と緊密な連携を図りつつ、断固たる決意で改革の実現に向けて全力を尽くす所存であります。
 現在直面する最重要の課題は日本経済の再生であり、早急に総合的な対応策を取りまとめます。
 今般開始された日朝国交正常化交渉においては、本交渉に関する閣僚会議において決定された基本方針に従い、拉致問題を日朝間の諸懸案の最優先事項として取り上げるとともに、核問題及びミサイル問題や工作船問題を含めた安全保障上の問題についても、我が国としての立場を明確に主張し、問題の解決に向けて最大限の努力を行ってまいります。
 拉致問題については、二十四日、政府は、帰国された拉致被害者五人の方々については、家族を含めて自由な意思決定を行うための環境の設定、特に家族全員の日本への帰国が不可欠かつ急務であると考え、今後とも日本に滞在していただき、また、現地に残っておられる御家族について、その安全の確保及び早期帰国と帰国日程の確定を北朝鮮に対し強く求めていく等の方針を決定しました。あわせて、生存が確認されていない拉致被害者の方々についての事実解明も、国交正常化交渉の中で引き続き強く求めてまいる所存であります。
 内閣官房におきましては、大規模テロ、不審船、大規模自然災害など、国と国民の安全に重大な被害を及ぼすおそれのある各種の緊急事態に対して、国としての備えに万全を期してまいります。
 また、都市再生本部が中心となって、関係省庁とも連携を図りつつ、全国で四十四か所の都市再生緊急整備地域における整備の推進を始めとする都市の再生に関する施策を重点的に推進してまいります。
 さらに、情報収集衛星の導入など情報の収集及び分析機能の強化に努めてまいります。
 男女共同参画社会の実現は内閣の最重要課題の一つであり、私は、男女共同参画担当大臣として、また男女共同参画会議の議長として、その実現に努めてまいります。男女共同参画会議では、総理の指示を受けて審議を行っている女性の個性や能力が活用されるような女性のチャレンジ支援策について、今年度中の取りまとめに向けて更に議論を進めてまいります。また、今年四月に全面施行になった配偶者暴力防止法の的確な運用に努めてまいります。
 今国会には、特殊法人改革の一環として、内閣府所管の法人である国民生活センター及び北方領土問題対策協会を独立行政法人とするための二法案を提出いたしております。
 このほか、来年度からの十か年のための新たな障害者基本計画の策定や、次代を担う青少年の育成に係る骨太のビジョン作りを進めるなど、広範にわたる内閣府の担当する施策に適切に対処してまいります。
 委員長始め、理事、委員各位の御理解と御協力をお願いいたします。
#10
○委員長(小川敏夫君) 竹中国務大臣。
#11
○国務大臣(竹中平蔵君) 経済財政政策担当大臣として、一言ごあいさつを申し上げます。
 先般の内閣改造で、経済財政政策担当大臣に加えて金融担当大臣を拝命いたしました。我が国経済・産業の再生に向けて、経済財政、金融に一体として取り組んでまいります。
 我が国の景気は、引き続き一部に緩やかな持ち直しの動きが見られるものの、環境は厳しさを増しており、デフレの克服が現在の最重要課題となっております。このため政府は、六月に閣議決定した基本方針二〇〇二の具体化に加え、今般、不良債権処理の加速を含む金融システム安定化策と併せ、雇用や中小企業のセーフティーネットも視野に入れた総合的な対応策を取りまとめることとしております。この対応策は、金融システム、税制、規制、歳出の四本柱の改革を加速し、デフレを克服しながら民需主導の自律的な経済成長の実現を目指すものです。
 平成十五年度予算編成については、本年八月、経済財政諮問会議でマクロ経済との整合性を踏まえた予算の全体像が取りまとめられました。一般歳出及び一般会計歳出全体について実質的に今年度の水準以下に抑制するとの目標の下、制度・政策の抜本的な見直しを行うなど無駄を大胆に排除するとともに、我が国経済の活性化を図るため、新重点四分野への思い切った重点配分を進めることとしています。今後は、十一月末を目途に策定する予算編成の基本方針に向け、諮問会議で更に審議を進めます。
 税制改革については、今月、諮問会議で税制改革の全体像が取りまとめられました。全体像では、一、経済活性化を最重要課題とする包括的かつ抜本的な税制改革の第一弾として、十五年度税制改革を行うこと、二、十五年度税制改革において、一兆円を超えるできる限りの規模の先行減税を行うことなどが必要であるとしています。
 また、政策金融改革については、諮問会議で議論を深め、年内に結論を得ます。
 こうした努力により、構造改革と経済財政の中期展望で示した経済社会の姿を実現し、財政健全化の道筋への早期復帰を目指します。このため、今後、改革と展望を改定し、歳出・歳入両面の措置、それらを踏まえた歳出・歳入の見込み等を盛り込みます。
 聖域なき構造改革が進められる中、NPO税制の見直し等の施策に引き続き取り組むとともに、消費者保護基本法の見直しや公益通報者保護の仕組みを含めた新たな消費者政策の在り方に関する検討を進める等、国民生活の安定と向上のための政策を総合的に推進してまいります。また、国民生活の観点から、構造改革の進展度等を評価するための新たな指標を作成してまいります。
 我が国経済は厳しい状況にありますが、今後の経済財政運営については、経済情勢をよく見極めながら、その運営に万全を期する決意であります。委員長始め、理事、委員各位の御理解と御協力を切にお願い申し上げます。
 以上でございます。
#12
○委員長(小川敏夫君) 竹中大臣は御退席ください。
 谷垣国務大臣。
#13
○国務大臣(谷垣禎一君) 国家公安委員会委員長、食品安全委員会(仮称)等担当大臣としてごあいさつ申し上げます。
 まず、警察行政について申し上げます。
 最近の治安情勢を見ますと、昨年の刑法犯認知件数は戦後最多を記録しましたが、本年も増加傾向が続いており、特に、国民に不安を与える路上強盗やひったくりといった街頭犯罪等の増加が顕著であります。
 こうした厳しい情勢の下、良好な治安を回復し、国民が求める安全と安心を確保するため、犯罪の抑止と検挙の両面にわたる取組の強化に最大限の努力を払ってまいります。
 交通情勢につきましては、本年の交通死亡事故は大幅に減少しておりますが、交通事故の犠牲者を一人でも少なくするため、効果的な交通指導取締り、交通安全教育の充実、交通安全施設の整備等の諸対策を推進してまいります。
 警備情勢につきましては、昨年九月の米国同時多発テロ事件以降、引き続き国際テロの発生が懸念されるほか、極左暴力集団や右翼、オウム真理教の動向にも注意が必要であり、今後とも、情報収集や警戒警備活動を強化するとともに、違法行為に対する事件捜査の徹底に努めてまいります。
 北朝鮮による日本人拉致容疑事案につきましては、今般、北朝鮮が拉致の事実を認め、謝罪の意を表明しましたが、これは長期間にわたって日本国内外において行ってきた地道な捜査が正鵠を得たもので北朝鮮がこれを認めざるを得なかったということであり、警察では、引き続き事案の全容解明に向けて徹底した捜査を進めてまいります。
 以上のような厳しい治安情勢に的確に対応していくためには、警察力の一層の充実強化が必要であります。警察においては、地方警察官一万人緊急増員三か年計画を策定し、平成十四年度に続き、平成十五年度予算概算要求においても四千人の増員要求を盛り込んだところであります。
 今後とも、人的基盤の強化や処遇の改善に取り組むとともに、警察改革の一層の推進を図り、真に国民の信頼にこたえることのできる警察の確立に努めてまいります。
 続きまして、食品安全行政について申し上げます。
 食の安全性に関し、消費者の信頼を回復することは国政の喫緊の課題であります。このため、政府としては、食品安全行政に関する関係閣僚会議において、今後の食品安全行政の在り方を取りまとめ、それ以来、食品安全委員会の業務、組織並びに食品安全基本法について検討を行っているところであります。
 平成十五年度に設置される食品安全委員会は、食品の安全性に関する科学的なリスク評価とそれに基づく関係行政機関への勧告及び緊急時における政府全体としての危機管理のための取組、さらに消費者等関係者との間で幅広い意見や情報の交換を行うこととしており、このための新たな体制の確立に向けて全力を尽くしてまいりたいと考えております。
 以上、所管行政について申し上げましたが、国民の皆様がこれまで以上に安全に、かつ安心して暮らせる社会を実現するため、全力を尽くす所存でありますので、委員長、理事及び委員各位におかれましては、よろしく御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げる次第であります。
 ありがとうございました。
#14
○委員長(小川敏夫君) 石原国務大臣。
#15
○国務大臣(石原伸晃君) 行政改革・規制改革担当大臣として、一言ごあいさつを申し述べます。
 行政改革・規制改革は、小泉内閣の進める聖域なき構造改革の最重要課題の一つでございます。政府は、平成十七年度までの集中改革期間に各般の行政改革を実施することとしておりますが、昨年は計画作りの年であり、今年からはそれらを着実に実施していく期間であると考えております。
 まず、特殊法人等改革については、昨年十二月に閣議決定した特殊法人等整理合理化計画の着実な具体化を進めてまいります。
 既に、計画具体化の第一弾として、さきの通常国会において石油公団や簡易保険福祉事業団の廃止のための法律が成立するなど、六十九法人について具体的措置が講じられておりますが、今国会には、具体化の第二弾として、特殊法人等改革四十六法案を提出したところでございます。
 また、道路関係四公団を始め、政策金融、空港など、これから年末に掛けて政府として結論を得なければならない課題も山積しております。改革の実を上げるために、引き続き全力を尽くしてまいります。
 次に、公務員制度改革については、国民の立場から公務員制度を抜本的に改革することにより、行政の在り方自体を改革することを目指し、昨年十二月に閣議決定した公務員制度改革大綱の内容を実現するため、現在、その法制化作業に鋭意取り組んでいるところでございます。制度全体の基礎となる国家公務員法の改正案を平成十五年中を目標に国会に提出し、あわせて関係法令の整備を十七年度末までに計画的に行い、十八年度を目途に新たな制度に移行することを目指してまいります。
 また、公益法人制度改革については、本年三月に決定した取組方針に基づき、NPO、中間法人、税制等の関連制度を含めた抜本的な改革に取り組むこととしており、本年度中を目途に公益法人制度等改革大綱(仮称)を策定します。本年八月には、公益法人制度改革の主要な論点を整理して公表し、広く国民から御意見等を募集いたしました。近く、民間有識者から成る懇談会も開催し、いただいた御意見等を参考にしつつ、改革大綱の策定に向けた検討を更に深めてまいりたいと思っております。
 最後に、規制改革についてでございますが、経済社会の構造改革を進め、経済の活性化を実現するためにも、規制改革は極めて重要な課題であると考えております。こうした考えの下、引き続き規制改革推進三か年計画の積極的かつ着実な推進を図るとともに、総合規制改革会議において、年末の答申取りまとめに向け、積極的な調査審議に努めてまいりたいと考えております。
 委員長を始め、理事、委員各位の御理解と御協力をお願い申し上げます。
 以上でございます。
#16
○委員長(小川敏夫君) 鴻池国務大臣。
#17
○国務大臣(鴻池祥肇君) このたび、内閣府の防災担当大臣を拝命いたしました鴻池祥肇でございます。あわせて、構造改革特区を担当させていただくことになりました。
 災害から国民の生命、身体、財産を守ることは国政の最重要課題の一つと認識しており、関係省庁と連携を図りながら、政府一体となって防災対策の推進に取り組んでまいる所存です。
 現下の我が国の厳しい経済情勢を打破するためには、構造改革を強力に推進していかなければなりません。構造改革特区は、官から民へ、国から地方へという小泉内閣の構造改革を更に加速させるための一つの突破口となるものです。国民に構造改革の具体的な成果が見えるよう、大胆に取り組んでまいります。
 委員長を始め、理事、委員各位の御理解と御協力をお願いいたします。
#18
○委員長(小川敏夫君) 細田国務大臣。
#19
○国務大臣(細田博之君) 科学技術政策担当大臣及びIT担当大臣として、一言ごあいさつを申し上げます。
 まず始めに、小柴昌俊博士がノーベル物理学賞を、田中耕一氏がノーベル化学賞を、日本人として三年連続かつ初めて二人同時に受賞されることとなったことは、我が国の科学技術水準が国際的にも高く評価されていることを示すものと考えております。お二人に心からの敬意を表したいと思います。
 電力会社による自主点検記録の不正問題等については、国民の信頼を著しく損なうゆゆしき問題であり、本日、史上初めて原子力安全委員会において、ダブルチェック機能を最大限に生かして、内閣総理大臣を通じ、経済産業大臣に対して総合的な原子力安全強化策を勧告いたします。
 資源の乏しい我が国において、核燃料サイクルの確立は重要な政策であり、安全確保を大前提に国民の信頼回復と理解に向けて更に努力してまいります。
 私は、昨年策定された第二期科学技術基本計画に沿って、科学技術創造立国を目指し、総合科学技術会議の機能を十分に発揮させつつ、総合的かつ重点的な政策展開を図ってまいります。
 第一に、基礎研究の推進とともに、重点四分野を中心に戦略的重点化を進めます。先般、各府省の平成十五年度概算要求施策について優先順位付けを行ったところであります。今後、これが予算に十分反映されるよう、財政当局と連携してまいります。また、経済活性化のための研究開発プロジェクトを戦略的かつ同時並行的に立ち上げます。
 第二に、科学技術システムの改革を大胆に進めます。研究成果が事業化に結び付かない、いわゆる死の谷状況を克服するため、ベンチャー創出・育成の支援や知的財産の移転の円滑化などを進めるとともに、競争的研究資金の大幅な拡充と制度改革、知的財産の保護と活用、地域科学技術振興等に取り組んでまいります。十一月には産学官連携サミットを開催します。
 第三に、科学技術を国際レベルで適切に管理、活用するため、科学技術と人類の未来に関する国際的なフォーラムの開催に向け、国内外に働き掛けを行います。
 さらに、国際熱核融合実験炉(ITER)計画について、今年五月三十一日の閣議了解に沿って国内誘致が実現できるよう、その推進に努力してまいります。
 IT革命の推進については、二〇〇五年までに世界最先端のIT国家となることを目指し、情報通信インフラ整備の推進、教育の情報化・人材育成、電子商取引等の推進、電子政府の実現、情報セキュリティーの確保を柱とするe―Japan重点計画二〇〇二を着実に実施してまいります。
 また、個人情報の保護に関する法律案につきましては、国民が安心してIT活用のメリットを享受するために不可欠な基盤でありますので、よく御審議をいただいた上で、是非とも早期に成立させていただくよう、関係各位の御理解と御協力をお願いいたします。
 委員長を始め、理事、委員各位の御理解と御協力を心よりお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。
#20
○委員長(小川敏夫君) 以上で国務大臣からの発言は終わりました。
 国務大臣は御退席ください。
 次に、内閣府副大臣及び内閣府大臣政務官から発言を求められておりますので、順次これを許します。根本内閣府副大臣。
#21
○副大臣(根本匠君) このたび内閣府の副大臣及び内閣総理大臣補佐官を拝命いたしました根本匠でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。
 経済財政政策、国民生活、道路関係四公団民営化推進委員会関係、構造改革特区関係の政策を担当するとともに、行政改革の推進及び食品安全委員会(仮称)などに係る施策を担当いたしております。
 官房長官を始め、関係大臣を支え、力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、委員長始め、理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願いいたします。
 ありがとうございました。
#22
○委員長(小川敏夫君) 阿南内閣府大臣政務官。
#23
○大臣政務官(阿南一成君) このたび内閣府の大臣政務官を拝命いたしました阿南一成でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 内閣府本府の事務のうち、防災、男女共同参画、青少年健全育成、栄典及び国際平和協力業務などの政策を担当いたしております。
 委員長を始め、理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願いいたします。
#24
○委員長(小川敏夫君) 木村内閣府大臣政務官。
#25
○大臣政務官(木村隆秀君) このたび内閣府の大臣政務官を拝命をいたしました木村隆秀でございます。
 本委員会の理事の亀井前政務官の後、経済財政政策、そして国民生活関係の政策を担当をし、構造改革特区大臣の補佐を務めさせていただくことになりました。
 どうぞ先生方の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
#26
○委員長(小川敏夫君) 大村内閣府大臣政務官。
#27
○大臣政務官(大村秀章君) このたび内閣府の大臣政務官を拝命をいたしました大村秀章でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。
 内閣府本府の事務のうち、規制改革、総合科学技術政策、沖縄北方対策及び原子力関係の政策を担当するとともに、内閣府にかかわるIT関係の政策を担当することとなりました。
 委員長を始め、理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願いを申し上げます。
 よろしくお願い申し上げます。
#28
○委員長(小川敏夫君) 以上で発言は終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時三十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト