くにさくロゴ
2002/04/23 第154回国会 参議院 参議院会議録情報 第154回国会 環境委員会 第10号
姉妹サイト
 
2002/04/23 第154回国会 参議院

参議院会議録情報 第154回国会 環境委員会 第10号

#1
第154回国会 環境委員会 第10号
平成十四年四月二十三日(火曜日)
   正午開会
    ─────────────
   委員の異動
 四月十九日
    辞任         補欠選任
     大仁田 厚君     加納 時男君
 四月二十二日
    辞任         補欠選任
     加納 時男君     小泉 顕雄君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         堀  利和君
    理 事
                大野つや子君
                佐藤 昭郎君
                清水嘉与子君
                福山 哲郎君
                高橋紀世子君
    委 員
                愛知 治郎君
                山東 昭子君
                西田 吉宏君
                真鍋 賢二君
                江本 孟紀君
                小宮山洋子君
                谷  博之君
            ツルネン マルテイ君
                加藤 修一君
                福本 潤一君
                山下 栄一君
                岩佐 恵美君
   国務大臣
       環境大臣     大木  浩君
   副大臣
       環境副大臣    山下 栄一君
   大臣政務官
       環境大臣政務官  奥谷  通君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        山岸 完治君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○土壌汚染対策法案(内閣提出、衆議院送付)
○環境及び公害問題に関する調査
 (G8環境大臣会合及び第四回日中韓三カ国環
 境大臣会合に関する件)

    ─────────────
#2
○委員長(堀利和君) ただいまから環境委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る十九日、大仁田厚君が委員を辞任され、その補欠として加納時男君が選任されました。
 また、昨日、加納時男君が委員を辞任され、その補欠として小泉顕雄君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(堀利和君) 土壌汚染対策法案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。大木環境大臣。
#4
○国務大臣(大木浩君) ただいま議題となりました土壌汚染対策法案につきまして、その提案の理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 土壌が有害物質により汚染されると、その汚染された土壌を直接摂取したり、汚染された土壌から有害物質が溶け出した地下水を飲用すること等により人の健康に影響を及ぼすおそれがあります。
 この土壌汚染につきましては、これまで明らかになることが多くありませんでしたが、近年、企業の工場跡地等の再開発や事業者による自主的な汚染調査の実施等に伴い、重金属、揮発性有機化合物等による土壌汚染が顕在化してきております。特に最近における汚染事例の判明件数の増加は著しく、ここ数年で新たに判明した土壌汚染の事例数は高い水準で推移してきております。
 これらの有害物質による土壌汚染は、放置すれば人の健康に影響が及ぶことが懸念されることから、これらの土壌汚染による人の健康への影響の懸念や対策の確立への社会的要請が強まっており、このような状況を踏まえ、国民の安全と安心を確保するため、こうした土壌汚染の状況の把握、土壌汚染による人の健康被害の防止に関する措置等の土壌汚染対策を実施することを内容とする本法律案を提出した次第であります。
 次に、この法律案の主な内容につきまして、御説明申し上げます。
 第一に、この法律の目的は、土壌の特定有害物質による汚染の状況の把握に関する措置及びその汚染による人の健康に係る被害の防止に関する措置を定めること等により、土壌汚染対策の実施を図り、もって国民の健康を保護することとしております。
 第二に、土壌汚染の状況を的確に把握するため、有害物質の製造、使用又は処理をする施設であって、使用が廃止されたものに係る工場又は事業場の敷地であった土地の所有者等は、その土地の土壌汚染の状況について、環境大臣が指定する者に調査させて、その結果を都道府県知事に報告すべきものとするとともに、都道府県知事は、土壌汚染により人の健康に係る被害が生ずるおそれがある土地があると認めるときは、その土地の土壌汚染の状況について、その土地の所有者等に対し、環境大臣が指定する者に調査させて、その結果を報告すべきことを命ずることができることとしております。
 第三に、土壌汚染の状況の調査の結果、その土地の土壌汚染の状態が一定の基準に適合しない場合に、その土壌汚染の管理を適切に図るため、都道府県知事は、その土地の区域を指定区域として指定及び公示するとともに、指定区域の台帳を調製し、保管すべきこととしております。
 第四に、土壌汚染による人の健康に係る被害の防止を図るための措置として、都道府県知事は、指定区域内の土地について、土壌汚染により人の健康に係る被害が生じ、又は生ずるおそれがあると認めるときは、その土地の所有者等以外の者の行為によって汚染が生じたことが明らかであって一定の場合には、その行為をした者に対し、それ以外の場合には、その土地の所有者等に対し、汚染の除去等の措置を講ずべきことを命ずることができることとしております。あわせて、この命令を受けた所有者等は、その汚染が他の者の行為によるものであるときは、その行為をした者に対し、汚染の除去等の措置に要した費用を請求することができる旨を規定しております。また、指定区域内において土地の形質の変更をしようとする者にその施行方法等を都道府県知事に届け出ることを義務付けるとともに、都道府県知事は、その届出に係る施行方法が一定の基準に適合しないと認めるときはその計画の変更を命ずることができることとしております。
 第五に、本法に基づく土壌汚染の状況の調査を行う者として環境大臣が指定する指定調査機関について、その指定手続、土壌汚染の状況調査の義務等の所要の規定を設けることとしております。
 第六に、環境大臣は、指定区域内の土地において汚染の除去等の措置を講ずる者に対して助成を行う地方公共団体に対する助成金の交付等の業務を適正かつ確実に行うことができると認められる者を指定支援法人として指定することができるものとし、指定支援法人は、その業務に関する基金を設け、政府から交付を受けた補助金と政府以外の者からの出捐金をもってこれに充てることとしております。
 このほか、環境大臣及び都道府県知事による報告及び検査、国の援助、国民の理解の増進、必要な罰則等に関し、所要の規定を設けることとしております。
 以上が、この法律案の提案の理由及びその内容の概要であります。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに御可決あらんことをお願い申し上げます。
#5
○委員長(堀利和君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
    ─────────────
#6
○委員長(堀利和君) 環境及び公害問題に関する調査のうち、G8環境大臣会合及び第四回日中韓三カ国環境大臣会合に関する件を議題といたします。
 本件について大木環境大臣から報告を聴取いたします。大木環境大臣。
#7
○国務大臣(大木浩君) G8環境大臣会合が四月十二日から十四日までカナダのバンフで開催され、第四回日中韓三カ国環境大臣会合が四月二十日及び二十一日に韓国のソウルで開催されました。我が国からは、国会のお許しをいただきまして私が出席いたしましたので、本日はこれらの結果について簡潔に御報告申し上げます。
 第一に、G8環境大臣会合は、本年八月からヨハネスブルクで開催される持続可能な開発に関する世界首脳会議の成功に向けて取り組むべき内容について閣僚宣言を採択することが目的でありました。私は、この会議に出席するとともに、この機会を活用して、気候変動問題について米国、ロシア、カナダ、英国及び欧州委員会の大臣等と意見交換を行いました。
 まず、G8環境大臣会合では、環境と開発の関係、環境政策についての国内的及び国際的枠組みの在り方、環境と健康の関係等の分野において活発な議論が行われ、その成果を閣僚宣言として採択いたしました。
 今回会合における最大の焦点であった気候変動問題については、気候変動という緊急の課題に地球規模での参加により対処するため、温室効果ガスの排出を削減する必要性、ヨハネスブルク・サミットまでの多くの国の締結による時宜を得た京都議定書の発効、調査研究や技術開発の分野での情報や優良事例の交換の強化等が閣僚宣言に盛り込まれました。
 また、ヨハネスブルク・サミットにおいて重点的に取り扱うべきテーマとして、持続可能な水資源管理及び省エネルギーのほか、違法伐採対策を含む持続可能な森林経営についても閣僚宣言に盛り込まれました。
 このほか、健康と環境との関連の重要性、ヨハネスブルク・サミットがその解決のための具体的な行動を立ち上げる機会となることが閣僚宣言に盛り込まれました。
 閣僚宣言は、カナダのアンダーソン環境大臣から、カナナスキスG8サミット議長でございますカナダのクレティエン首相に報告される予定となっております。
 次に、気候変動問題についての各国大臣等との意見交換について御報告申し上げます。
 私は、米国のホイットマン環境保護庁長官、ロシアのヤコベンコ天然資源省事務次官、カナダのアンダーソン環境大臣と会談し、すべての国が参加する地球規模の取組を進めること及び京都議定書の早期批准を行うことを強く働き掛けました。また、米国に対しては、四月初頭に開催された日米ハイレベル協議によって合意された、市場メカニズム、科学技術等の三つの分野におけるプロジェクトを具体化していくこと及びハイレベル協議を継続していくことを確認いたしました。ロシアとカナダに対しては、温暖化防止のための科学技術協力の推進についても意見交換を行いました。
 さらに、英国のベケット環境・食糧・農村大臣及び欧州委員会のヴォルストローム環境担当委員とも会談を行い、他国に対する京都議定書の早期批准に係る働き掛けを共同して行っていくことを確認し、地球温暖化対策に係る連携等について意見交換を行いました。
 私は、今後とも、できるだけ多くの国の参加を得て、京都議定書が早期に発効するよう、関係国に対して一層働き掛けを行ってまいりたいと考えております。
 また、ヨハネスブルク・サミットについては、今回のG8環境大臣会合を踏まえ、各界の関係者とも密に連携しつつ、我が国の経験と知恵を生かした具体的な貢献策を練り上げ、サミットの成果に我が国の具体的な提案が盛り込まれるよう準備を進めてまいりたいと考えております。
 第二に、第四回日中韓三カ国環境大臣会合について御報告いたします。
 日中韓三カ国環境大臣会合は、北東アジアの中核である日本、中国及び韓国において、北東アジア地域や地球規模での環境問題に関する協力関係を強化することを目的として開催しております。今回の会合では、ヨハネスブルク・サミットへ向けた取組、気候変動問題、最近関心を集めている黄砂の問題を始めとする環境問題についての議論を行い、その成果を共同コミュニケとして採択いたしました。
 気候変動問題に関しては、今後、三か国が国内努力と国際協力を強化していくべきことについて意見の一致を見ました。また、中国政府、韓国政府とも京都議定書の締結に前向きに取り組んでいることが確認できました。
 また、この機会に、李漢東、韓国の国務総理大臣を訪問し、幅広い意見交換を行うことができました。
 私は、引き続き、北東アジア、さらに地球規模の環境保全に資するよう、中国及び韓国との対話と協力を推進してまいりたいと考えております。
 以上です。
#8
○委員長(堀利和君) 以上で報告の聴取は終わりました。
 次回は来る二十五日午前十時に開会することとし、本日はこれにて散会いたします。
   午後零時十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト