くにさくロゴ
2002/06/25 第154回国会 参議院 参議院会議録情報 第154回国会 経済産業委員会 第19号
姉妹サイト
 
2002/06/25 第154回国会 参議院

参議院会議録情報 第154回国会 経済産業委員会 第19号

#1
第154回国会 経済産業委員会 第19号
平成十四年六月二十五日(火曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員の異動
 六月六日
    辞任         補欠選任
     加藤 修一君     荒木 清寛君
     井上 美代君     緒方 靖夫君
 六月七日
    辞任         補欠選任
     伊達 忠一君     片山虎之助君
 六月十日
    辞任         補欠選任
     若林 秀樹君     鈴木  寛君
 六月十一日
    辞任         補欠選任
     鈴木  寛君     若林 秀樹君
 六月十二日
    辞任         補欠選任
     松田 岩夫君     矢野 哲朗君
     藤原 正司君     谷  博之君
 六月十三日
    辞任         補欠選任
     矢野 哲朗君     松田 岩夫君
     谷  博之君     藤原 正司君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         保坂 三蔵君
    理 事
                加藤 紀文君
                山崎  力君
                平田 健二君
                本田 良一君
    委 員
                大島 慶久君
                小林  温君
                近藤  剛君
                関谷 勝嗣君
                直嶋 正行君
                藤原 正司君
                簗瀬  進君
                若林 秀樹君
                荒木 清寛君
                松 あきら君
                緒方 靖夫君
                西山登紀子君
                広野ただし君
   国務大臣
       経済産業大臣   平沼 赳夫君
   副大臣
       経済産業副大臣  大島 慶久君
   大臣政務官
       経済産業大臣政
       務官       松 あきら君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        塩入 武三君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○使用済自動車の再資源化等に関する法律案(内
 閣提出、衆議院送付)



    ─────────────
#2
○委員長(保坂三蔵君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。
 初めに、委員の異動について御報告申し上げます。
 去る七日までに、加藤修一君、井上美代君及び伊達忠一君が委員を辞任され、その補欠として荒木清寛君、緒方靖夫君及び片山虎之助君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(保坂三蔵君) 理事の補欠選任についてお諮りをいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(保坂三蔵君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に加藤紀文君を指名いたします。
    ─────────────
#5
○委員長(保坂三蔵君) 使用済自動車の再資源化等に関する法律案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。平沼経済産業大臣。
#6
○国務大臣(平沼赳夫君) おはようございます。
 使用済自動車の再資源化等に関する法律案につきまして、その提案理由及び要旨を御説明申し上げます。
 我が国においては、廃棄物の最終処分場が逼迫しつつある等、廃棄物処理をめぐる問題が深刻化しております。また、主要な資源の大部分を輸入に依存している我が国にとっては、廃棄物から得られる資源を有効に利用していくことが強く求められております。このような状況において、我が国における生活環境の保全と健全な経済発展を確保し、循環型社会を実現するためには、廃棄物の減量と再生資源及び再生部品の十分な利用を図っていくことが重要であります。
 このため、有用部品や金属を多く含み、再資源化による廃棄物の減量に大きな効果がある使用済自動車について、自動車製造業者等を始めとする民間事業者の活力を最大限生かしつつ適切な公的関与を行うとの基本理念の下、再資源化等を適正かつ円滑に実施する新たな仕組みを構築することが必要であります。かかる措置を講ずることにより、不法投棄の防止と民間の再資源化事業者の活性化を図りつつ、使用済自動車に係る廃棄物の適正な処理及び資源の有効な利用の確保等を実現するため、今般、本法律案を提出した次第であります。
 次に、本法律案の要旨を御説明申し上げます。
 第一に、自動車製造業者及び輸入業者は、自ら製造又は輸入した自動車が使用済みとなった場合に生ずる自動車破砕残渣、指定回収物品及びカーエアコン用フロン類を引き取って、その再資源化又はフロン類の破壊を行うことについて義務を負うこととしております。
 第二に、引取り業者及びフロン類回収業者の登録制度、解体業者及び破砕業者の許可制度を創設するとともに、これらの者に対し、使用済自動車等の引取り、引渡義務と再資源化義務等を課することとしております。
 第三に、自動車製造業者等が再資源化等に要する費用については、自動車製造業者等の創意工夫と競争を通じてその低減が図られるよう、再資源化等料金を自動車製造業者等が自ら設定、公表する仕組みとすることを基本としつつ、必要な場合には主務大臣が勧告、命令する仕組みとしております。この再資源化等料金については、自動車の所有者があらかじめこれを負担し、当該自動車が使用済みとなって再資源化等が実施されるまで資金管理法人が管理することとしております。
 第四に、使用済自動車等の確実な再資源化等を担保するため、関連事業者等に引取り及び引渡し時の情報管理センターへの報告を義務付けることとしております。
 その他、これらに関連いたしまして、指定法人に関する事項、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の特例その他の所要の規定の整備を行うこととしております。
 以上がこの法律案の提案理由及び要旨であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、御賛同くださいますようにお願いを申し上げます。
#7
○委員長(保坂三蔵君) 以上で趣旨説明の聴取は終了いたしました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト