くにさくロゴ
2002/04/16 第154回国会 参議院 参議院会議録情報 第154回国会 法務委員会 第10号
姉妹サイト
 
2002/04/16 第154回国会 参議院

参議院会議録情報 第154回国会 法務委員会 第10号

#1
第154回国会 法務委員会 第10号
平成十四年四月十六日(火曜日)
   午前十時一分開会
    ─────────────
   委員の異動
 四月十一日
    辞任         補欠選任
     今井  澄君     角田 義一君
 四月十五日
    辞任         補欠選任
     片山虎之助君     小泉 顕雄君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         高野 博師君
    理 事
                市川 一朗君
                服部三男雄君
                千葉 景子君
                日笠 勝之君
                井上 哲士君
    委 員
                青木 幹雄君
                小泉 顕雄君
                佐々木知子君
                陣内 孝雄君
                三浦 一水君
                江田 五月君
                小川 敏夫君
                角田 義一君
                浜四津敏子君
                平野 貞夫君
                福島 瑞穂君
   国務大臣
       法務大臣     森山 眞弓君
   副大臣
       法務副大臣    横内 正明君
   大臣政務官
       法務大臣政務官  下村 博文君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        加藤 一宇君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○司法書士法及び土地家屋調査士法の一部を改正
 する法律案(内閣提出、衆議院送付)

    ─────────────
#2
○委員長(高野博師君) ただいまから法務委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る十一日、今井澄君が委員を辞任され、その補欠として角田義一君が選任されました。
 また、昨十五日、片山虎之助君が委員を辞任され、その補欠として小泉顕雄君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(高野博師君) 司法書士法及び土地家屋調査士法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。森山法務大臣。
#4
○国務大臣(森山眞弓君) 司法書士法及び土地家屋調査士法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。
 この法律案は、司法書士及び土地家屋調査士につき、規制改革における資格制度の見直しの観点から、事務所の法人化、資格試験制度及び懲戒手続の整備、資格者団体の会則記載事項の見直し等を行い、あわせて、司法書士については、国民の権利擁護の拡充及び司法書士の有する専門性の活用の観点から、司法制度改革の一環として、簡易裁判所における訴訟代理権等を付与することとし、もって国民生活の利便性の一層の向上を図ることを目的とするものであります。
 以下、法律案の内容につきまして、その概要を御説明申し上げます。
 まず、司法書士及び土地家屋調査士に共通する事項であります。
 第一に、事務所の法人化を認めることとし、司法書士が司法書士法人を、土地家屋調査士が土地家屋調査士法人を設立することができることとしております。
 第二に、資格試験制度の整備といたしまして、筆記試験合格者に対する翌年度の試験における筆記試験の免除等の措置を講ずることとしております。
 第三に、懲戒手続の整備といたしまして、国民一般からの懲戒申出制度の創設、懲戒処分の官報公告による公開等を行うこととしております。
 第四に、資格者団体の会則記載事項の見直しといたしまして、資格者間の公正な競争を活性化するため、報酬に関する事項を削除するとともに、研修、資格者情報の公開等に関する事項を追加することとしております。
 次に、司法書士に関する事項といたしまして、所定の研修の課程を修了し、かつ、法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所において、請求額が九十万円を超えない範囲の民事訴訟、民事調停等の手続について代理する業務を行うことができることとしております。
 以上がこの法律案の趣旨でございます。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに可決くださいますようお願いいたします。
#5
○委員長(高野博師君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト