くにさくロゴ
2002/04/11 第154回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第154回国会 議院運営委員会 第26号
姉妹サイト
 
2002/04/11 第154回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第154回国会 議院運営委員会 第26号

#1
第154回国会 議院運営委員会 第26号
平成十四年四月十一日(木曜日)
    午後零時一分開議
 出席委員
   委員長 鳩山 邦夫君
   理事 大野 功統君 理事 小坂 憲次君
   理事 米田 建三君 理事 小此木八郎君
   理事 馳   浩君 理事 高木 義明君
   理事 上田 清司君 理事 長浜 博行君
   理事 東  順治君
      伊藤信太郎君    上川 陽子君
      桜田 義孝君    林 省之介君
      福井  照君    三ッ林隆志君
      大石 尚子君    金子善次郎君
      手塚 仁雄君    三井 辨雄君
      山名 靖英君    都築  譲君
      児玉 健次君    日森 文尋君
      小池百合子君
    …………………………………
   議長           綿貫 民輔君
   副議長          渡部 恒三君
   事務総長         谷  福丸君
    ―――――――――――――
委員の異動
四月十日
 辞任         補欠選任
  小池百合子君     西川太一郎君
同日
 辞任         補欠選任
  西川太一郎君     小池百合子君
同月十一日
 辞任         補欠選任
  丸谷 佳織君     山名 靖英君
同日
 辞任         補欠選任
  山名 靖英君     丸谷 佳織君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 パレスチナ紛争の即時停止と対話の再開を求める決議案(鳩山邦夫君外十三名提出)及び日本人拉致疑惑の早期解決を求める決議案(鳩山邦夫君外十三名提出)の取扱いに関する件
 本会議における議案の趣旨説明聴取の件
 本日の本会議の議事等に関する件

     ――――◇―――――
#2
○鳩山委員長 これより会議を開きます。
 まず、決議案の取扱いに関する件についてでありますが、本日、鳩山邦夫君外十三名から、自由民主党、民主党・無所属クラブ、公明党、自由党、日本共産党、社会民主党・市民連合、保守党の七会派共同提案によるパレスチナ紛争の即時停止と対話の再開を求める決議案及び鳩山邦夫君外十三名から、自由民主党、民主党・無所属クラブ、公明党、自由党、日本共産党、社会民主党・市民連合、保守党の七会派共同提案による日本人拉致疑惑の早期解決を求める決議案が、それぞれ提出されました。
 両決議案は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○鳩山委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、両決議案の趣旨弁明は、提出者を代表して、私、鳩山邦夫が行います。
 また、両決議に対しまして、内閣を代表して、川口外務大臣から発言があります。
    ―――――――――――――
#4
○鳩山委員長 次に、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の政策金融機関に対する検査の権限の委任のための関係法律の整備に関する法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○鳩山委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、右法律案の趣旨説明は、塩川財務大臣が行います。
 右の趣旨説明に対し、民主党・無所属クラブの小林憲司君から、質疑の通告があります。
 質疑時間は、十五分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○鳩山委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
    ―――――――――――――
 一、趣旨説明を聴取する議案の件
  政策金融機関に対する検査の権限の委任のための関係法律の整備に関する法律案(内閣提出)
   趣旨説明 財務大臣 塩川正十郎君
   質疑通告
    財務、金融、経産、総務
             小林 憲司君(民主)
    ―――――――――――――
#7
○鳩山委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#8
○谷事務総長 まず最初に、動議により、パレスチナ紛争の即時停止と対話の再開を求める決議案及び日本人拉致疑惑の早期解決を求める決議案の両案を一括して上程いたします。提出者を代表して鳩山邦夫さんが趣旨弁明をされます。採決は二回になります。一回目はパレスチナ紛争の即時停止と対話の再開を求める決議案で、全会一致であります。二回目は日本人拉致疑惑の早期解決を求める決議案で、全会一致であります。採決の後、川口外務大臣の発言がございます。
 次に、日程第一につき、平林総務委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第二につき、園田法務委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第三及び第四につき、坂本財務金融委員長の報告がございます。両案を一括して採決いたしまして、社会民主党が反対でございます。
 次に、日程第五及び第六につき、谷畑経済産業委員長の報告がございます。両案を一括して採決いたしまして、全会一致であります。
 次に、日程第七ないし第九につき、森厚生労働委員長の報告がございます。三案を一括して採決いたしまして、全会一致であります。
 次に、日程第十につき、吉田外務委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、政策金融機関に対する検査の権限の委任のための関係法律の整備に関する法律案につきまして、塩川財務大臣から趣旨の説明がございまして、質疑が行われます。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
 議事日程 第十六号
  平成十四年四月十一日
    午後一時開議
 第一 特定電子メールの送信の適正化等に関する法律案(参議院提出)
 第二 司法書士法及び土地家屋調査士法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第三 金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律案(内閣提出)
 第四 外国為替及び外国貿易法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第五 特許法等の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 第六 弁理士法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 第七 障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第八 身体障害者補助犬法案(第百五十三回国会、山本幸三君外六名提出)
 第九 身体障害者補助犬の育成及びこれを使用する身体障害者の施設等の利用の円滑化のための障害者基本法等の一部を改正する法律案(第百五十三回国会、山本幸三君外六名提出)
 第十 新たな時代における経済上の連携に関する日本国とシンガポール共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件
    ―――――――――――――
#9
○鳩山委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#10
○鳩山委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る十六日火曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時五分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト