くにさくロゴ
2001/10/25 第153回国会 参議院 参議院会議録情報 第153回国会 文教科学委員会 第1号
姉妹サイト
 
2001/10/25 第153回国会 参議院

参議院会議録情報 第153回国会 文教科学委員会 第1号

#1
第153回国会 文教科学委員会 第1号
平成十三年十月二十五日(木曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員氏名
    委員長         市川 一朗君
    理 事         亀井 郁夫君
    理 事         松村 龍二君
    理 事         佐藤 泰介君
    理 事         林  紀子君
                阿南 一成君
                有馬 朗人君
                扇  千景君
                佐藤 泰三君
                山東 昭子君
                伊達 忠一君
                中曽根弘文君
                岩本  司君
                神本美恵子君
                小林  元君
                内藤 正光君
                山下 栄一君
                山本 香苗君
                畑野 君枝君
                山本 正和君
                西岡 武夫君
    ─────────────
   委員長の異動
 九月二十七日市川一朗君委員長辞任につき、そ
 の補欠として橋本聖子君を議院において委員長
 に選任した。
    ─────────────
   委員の異動
 九月二十七日
    辞任         補欠選任
     市川 一朗君     橋本 聖子君
     佐藤 泰三君     有村 治子君
     山東 昭子君     大仁田 厚君
     伊達 忠一君     後藤 博子君
     松村 龍二君     加納 時男君
     佐藤 泰介君     輿石  東君
     内藤 正光君     鈴木  寛君
 十月二十三日
    辞任         補欠選任
     山本 香苗君     白浜 一良君
     山本 正和君     渕上 貞雄君
 十月二十四日
    辞任         補欠選任
     白浜 一良君     山本 香苗君
     渕上 貞雄君     山本 正和君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         橋本 聖子君
    理 事
                阿南 一成君
                亀井 郁夫君
                小林  元君
                山下 栄一君
                林  紀子君
    委 員
                有馬 朗人君
                有村 治子君
                大仁田 厚君
                加納 時男君
                後藤 博子君
                中曽根弘文君
                岩本  司君
                神本美恵子君
                輿石  東君
                鈴木  寛君
                山本 香苗君
                畑野 君枝君
                山本 正和君
                西岡 武夫君
   国務大臣
       文部科学大臣   遠山 敦子君
   副大臣
       文部科学副大臣  岸田 文雄君
   大臣政務官
       文部科学大臣政
       務官       池坊 保子君
       文部科学大臣政
       務官       加納 時男君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        巻端 俊兒君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件

    ─────────────
#2
○委員長(橋本聖子君) ただいまから文教科学委員会を開会いたします。
 議事に先立ち、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび文教科学委員長に選任されました橋本聖子でございます。
 委員各位の御支援、御協力を賜りまして、公正、円満な運営に努めていきたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#3
○委員長(橋本聖子君) 委員の異動について御報告いたします。
 昨日までに、市川一朗君、佐藤泰三君、山東昭子君、伊達忠一君、松村龍二君、佐藤泰介君、内藤正光君、荒木清寛君及び松あきら君が委員を辞任され、その補欠として有村治子君、大仁田厚君、加納時男君、後藤博子君、輿石東君、鈴木寛君、山下栄一君、山本香苗君及び私、橋本聖子が選任されました。
    ─────────────
#4
○委員長(橋本聖子君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が三名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(橋本聖子君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に阿南一成君、小林元君、山下栄一君を指名いたします。
    ─────────────
#6
○委員長(橋本聖子君) 国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきまして、教育、文化、スポーツ、学術及び科学技術に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(橋本聖子君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#8
○委員長(橋本聖子君) この際、遠山文部科学大臣、岸田文部科学副大臣、加納文部科学大臣政務官及び池坊文部科学大臣政務官から発言を求められておりますので、順次これを許します。遠山文部科学大臣。
#9
○国務大臣(遠山敦子君) 私からは、お手元にございますあいさつを申し上げたいと存じます。
 第百五十三回国会におきまして各般の課題を御審議いただくに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 初めに、先日の米国における同時多発テロ事件の被害者の方々に、心からお見舞い申し上げます。この許しがたいテロへの我が国の対応につきましては、テロ対策特別措置法案の一日も早い成立を目指すなどの対策を講じているところであります。私も、先般、ユネスコ総会に日本政府首席代表として出席し、テロリズムの根絶のためにユネスコとして取り組む決意を表明するよう強く提案するとともに、ユネスコが本来の使命である教育、科学、文化を通じて平和と人類の福祉を追求することの重要性を表明してまいりました。その結果として、ユネスコ総会において十月二十日にテロリズムの根絶に関する決議が採択されたところであります。
 また、文部科学省としても、所管の原子力施設の防護その他の緊急テロ対策に努めてまいります。
 小泉内閣が発足し、約半年が経過いたしました。その間、私は、我が国が二十一世紀において活力ある国家として発展し、子供たちが夢と希望を抱くことのできる明るい未来を切り開いていくためには、国家百年の計に立ち、人材・教育大国と科学技術創造立国の実現に向けた改革に積極的に取り組み、知的資産の倍増と心豊かな社会の構築を図ることが重要であると考え、全力を傾注してまいりました。
 今後とも、このような基本的な認識に立って、以下に申し述べます事項についての施策を総合的に展開してまいる所存です。
 まず、人材・教育大国の実現についてでありますが、さきの通常国会において、二十一世紀教育新生プランに沿った教育改革関連六法をすべて成立させていただくことができました。今後さらに、みずから先頭に立って、国民の学校教育への信頼を取り戻し、学校がよくなる、教育が変わることを目指し、より一層の教育改革の推進に取り組んでまいります。
 改革の重要な柱の一つは、子供たちに基礎、基本を確実に身につけさせ、みずから学びみずから考える力などの生きる力を育成するために、学校教育を改革することです。確かな学力の育成のためには、わかる授業の充実が何より重要であり、このため、新しい教職員定数改善計画を着実に実施し、基本的教科における二十人授業や習熟度別指導などのきめ細かな指導に努めるとともに、新学習指導要領の円滑な実施に向けての準備、外国語教育の充実、教育の情報化などを推進してまいります。また、三年間で約五万人を目標に社会人を全国の学校に受け入れ、豊かな教育を推進する学校いきいきプランを新たに実施することとしております。
 次に、子供たちが豊かな人間性をはぐくんでいくことができるよう、心の教育を充実する必要があります。このため、さきの国会での法改正等を受けて、ボランティア活動など社会奉仕体験活動や自然体験活動等の促進、出席停止制度の適切な運用、サポートチームづくりやスクールカウンセラーの配置など子供たちの問題行動等への的確な対応を促進いたします。また、道徳教育の充実や家庭教育への支援などの施策の強化を図り、あわせて幼児教育の振興などにも努めてまいります。
 さらに、教育の成否は教師のあり方にかかっているとの認識に立ち、地方教育行政法の改正を受けて、児童生徒への指導が不適切な教員の教員以外の職への転職制度の施行に向けた準備を行うとともに、分限処分や懲戒処分等を適切に運用するよう、特にわいせつ行為等の非違行為を行った教員に対しては厳正な対処を行うよう都道府県教育委員会等に対して強く求めてまいります。また、優秀な教員の表彰制度など教員の評価や免許制度のあり方の検討を進めます。そのほか、学校の取り組みを支え、地域に根差した教育行政が展開されるよう、教育委員会の活性化等を図ってまいります。
 また、大阪教育大学附属池田小学校におけるさきの痛ましい事件を踏まえ、学校安全の一層の充実に努めます。
 教育振興基本計画の策定や教育基本法の見直しについては、教育改革国民会議の最終報告を踏まえ、省内で検討を行っており、今後、中央教育審議会等で幅広く国民的な議論を深めてまいります。
 第二に、知的存在感のある国づくりへの貢献が求められている中で、大学の構造改革を行い、個性輝く大学づくり、活力に富む国際競争力のある大学づくりに努めるとともに、二十一世紀を担う人材の育成を充実してまいります。このため、大学の教育研究条件の整備のほか、国立大学の再編統合、新しい国立大学法人への早期移行、競争原理のもとでの国公私を通じた世界最高水準のトップクラスの教育研究組織の育成などを進めてまいります。
 また、大学は、人材育成や新産業創出などのさまざまな面で社会に貢献し、我が国経済社会の再生の起点となることも求められています。このため、法科大学院のスタートに向けた取り組みなどプロフェッショナルスクールの整備や、大学、専修学校等における社会人キャリアアップ教育を推進し、世界に通用する高度職業人や社会、雇用の変化に対応できる人材を育成してまいります。
 さらに、独自の建学の精神に基づいて特色ある教育研究を行っている私立学校の一層の振興を図るとともに、次代を担う学生が経済的に自立し、安心して学べるよう奨学金の充実に努めてまいります。
 第三に、文化芸術とスポーツを振興し、心豊かな社会の実現を図ってまいります。
 文化芸術は、人々に感動や生きる喜びをもたらし、豊かな人生を送る源泉となるものです。文化を大切にする社会を実現するため、文化芸術創造プランを推進し、世界トップレベルの文化芸術の創造、世界に羽ばたく新進芸術家の養成や子供の文化芸術体験活動の充実を図るとともに、伝統文化の活性化や文化財の保存・活用などの諸施策を展開いたします。
 また、スポーツの振興により、明るく豊かで活力に満ちた社会を形成することは重要です。このため、生涯スポーツ社会の実現、国際競技力の向上、二〇〇二年ワールドカップサッカー大会の成功に向けて努力してまいります。
 次に、科学技術創造立国の実現について申し上げます。
 先般、名古屋大学の野依教授が本年のノーベル化学賞受賞者に決定しました。昨年に続き二年連続で日本人がノーベル賞を受賞し、我が国の基礎研究が世界から高く評価されたことは、大変喜ばしいことであります。
 文部科学省としては、本年三月に策定された新しい科学技術基本計画を受け、科学技術及び学術の振興のため精力的な施策の展開を図っているところであり、政府における研究開発の中核を担う立場にあることを踏まえ、創造性に富んだ世界最高水準の成果を生み出すための研究と開発を総合的に推進してまいります。
 具体的には、まず独創的で多様な基礎研究を振興し、研究者の豊かな発想を伸ばすことが何より大切であり、そのための各種整備を行います。あわせて、ライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料等の重点分野の研究開発を推進するとともに、その成果の社会還元を積極的に図ります。
 第二に、競争的資金の改革と拡充、大学を核としたベンチャーの拡大に向けた産学官連携の抜本的強化、地域における科学技術の振興などを強力に進めます。大学などの研究施設の重点的整備、研究開発に係る評価システムの充実強化、すぐれた研究者、技術者の養成確保など、科学技術システムの改革にも努めていきます。
 第三に、国の存立にとって基盤的であり、国として取り組むことが不可欠な領域を重視して研究開発を推進します。宇宙開発については、先般のHUAロケットの打ち上げ成功により、我が国の宇宙開発利用に明るい展望を開いたところですが、引き続き信頼性の確保を最優先として、その開発を着実に推進するとともに、いわゆる宇宙三機関の組織統合を図り、より力強い発展を図ることについても鋭意取り組んでまいります。原子力については、安全の確保を大前提として、「もんじゅ」による高速増殖炉サイクル技術の研究開発や大型加速器等の先端的な研究開発などを、地元住民を初めとする国民の皆様の理解と協力を得つつ進めてまいります。ITER計画については、核融合エネルギーの実現に向けた重要なステップであり、密接な国際協力のもと、引き続き積極的に取り組んでまいります。
 また、将来の研究者を育てるため、科学技術・理科大好きプランなどを通じて科学技術・理科教育の充実に努めるとともに、クローン人間など生命倫理の問題を初め、科学技術の発展が社会に与える影響についても、社会的な関心の高まりを十分に踏まえつつ適切に対応してまいる所存であります。
 そのほか、国際教育協力懇談会を開催するなど開発途上国への協力推進や、留学生交流、生涯学習の振興、青少年の健全育成、読書活動の振興、男女共同参画社会の形成、人権教育や環境教育の充実に努めるとともに、特殊法人改革、公益法人改革、規制改革、地方分権等の行政改革など、各般の諸課題に取り組みます。
 以上、当面の主な課題等について述べさせていただきました。
 聖域なき構造改革に取り組んでいる小泉内閣の一員として、文部科学行政全般にわたり、積極的かつ大胆な改革を速やかに進めてまいる決意ですので、委員長を初め、委員の皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
#10
○委員長(橋本聖子君) 岸田文部科学副大臣。
#11
○副大臣(岸田文雄君) おはようございます。文部科学副大臣岸田文雄でございます。
 私は、聖域なき構造改革に取り組む小泉内閣の文部科学副大臣といたしまして、遠山大臣を補佐し、さきの通常国会におきましても、教育改革関連法案の成立など教育改革の推進を我が国の最重要課題と認識して努力をしてまいりました。
 特に、二十一世紀を迎えまして、不透明な時代あるいは激動の時代になると言われております。こうした難しい時代を乗り切るためには何よりもたくましい国民が重要だという認識のもとに、アメリカ、イギリスを初め世界各国で教育改革に取り組んでいる現状であります。
 こういった現状を見るにつけましても、我が国においても、たくましい日本人を育成するために人材・教育大国を目指さなければいけないと考えております。こうした認識のもとに、文部科学行政の一層の充実発展のために努力する所存でございます。
 委員長を初め、委員の先生方に格別の御指導、御鞭撻をいただきますよう心からお願いを申し上げまして、一言ごあいさつとさせていただきます。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。
#12
○委員長(橋本聖子君) 加納文部科学大臣政務官。
#13
○大臣政務官(加納時男君) ありがとうございます。文部科学大臣政務官に就任いたしました加納時男でございます。
 日本は無資源国、資源のない国と言われておりますが、私はそう思いません。日本には人材、そして知的資産という、潜在的ではありますが、すぐれた資源があると思っております。これらを顕在化する、その役割を担っていくのが教育、科学技術、学術、スポーツ、文化を一体的に推進することとなった文部科学省の役割かと思っております。そういうところに参加させていただきましたことを本当に光栄に思っているところでございます。
 子供たちの教育について、今、大臣からお話がございました。全くそのとおりだと思っております。特に、今一番期待されていることは、科学する心と思いやる心の二つを持った青少年を育てていくことだろうと思っております。
 科学する心とは「四つのき」と言われております。驚き、輝き、ときめき、そしてひらめきでございます。自然との触れ合いの中からこういったことを子供たちが刺激をされ、そしてクリエーティブマインドを涵養していくといったことが非常に大事であると同時に、自分のことだけではない、相手のこと、仲間のこと、地球のこと、未来のことを絶えず思いやる温かい心が大事だろうと思っております。この二つの心を持った子供たちの育成に私も及ばずながら尽くしていきたいと思っているところでございます。
 青山、岸田両副大臣、池坊大臣政務官とともに遠山文部大臣をしっかりと支えてまいりたいと思います。
 橋本委員長を初め、委員の各先生方の御指導をぜひよろしくお願い申し上げます。
 ありがとうございました。
#14
○委員長(橋本聖子君) 池坊文部科学大臣政務官。
#15
○大臣政務官(池坊保子君) 文部科学大臣政務官の池坊保子でございます。
 二十一世紀、国際社会の中で、日本及び日本人が尊敬と愛情で見詰められるためには、初等中等教育における真の心の教育、真の知育教育、真の生きる力を養うこと、高等教育において科学技術の尽力に努めること、そして文化芸術においていかに国民の意識を高めるかにあるのではないかとかたく信じております。
 皆様方のお力添えを賜りますよう心よりお願いいたします。
    ─────────────
#16
○委員長(橋本聖子君) この際、委員長から委員の皆様にお願いを申し上げます。
 本委員会におきましては、各会派の合意に基づき、委員会室における喫煙を御遠慮願うこととなりましたので、御協力をよろしくお願い申し上げます。
 次回は来る三十日午前十時から開会することといたし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト