くにさくロゴ
2001/11/06 第153回国会 参議院 参議院会議録情報 第153回国会 財政金融委員会 第7号
姉妹サイト
 
2001/11/06 第153回国会 参議院

参議院会議録情報 第153回国会 財政金融委員会 第7号

#1
第153回国会 財政金融委員会 第7号
平成十三年十一月六日(火曜日)
   午後零時三十分開会
    ─────────────
   委員の異動
 十一月二日
    辞任         補欠選任
     加治屋義人君     金田 勝年君
     大渕 絹子君     大田 昌秀君
 十一月五日
    辞任         補欠選任
     櫻井  充君     川橋 幸子君
     大田 昌秀君     大渕 絹子君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         山下八洲夫君
    理 事
                入澤  肇君
                林  芳正君
                若林 正俊君
                円 より子君
                山本  保君
    委 員
                上杉 光弘君
                尾辻 秀久君
                金田 勝年君
                清水 達雄君
                中島 啓雄君
                溝手 顕正君
                山下 英利君
                大塚 耕平君
                勝木 健司君
                川橋 幸子君
                浜田卓二郎君
                池田 幹幸君
                大門実紀史君
                大渕 絹子君
                平野 達男君
                椎名 素夫君
   国務大臣
       国務大臣
       (金融担当大臣) 柳澤 伯夫君
   副大臣
       内閣府副大臣   村田 吉隆君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        石田 祐幸君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○銀行等の株式等の保有の制限等に関する法律案
 (内閣提出、衆議院送付)

    ─────────────
#2
○委員長(山下八洲夫君) ただいまから財政金融委員会を開会いたします。
 まず、委員の異動について御報告いたします。
 去る二日、加治屋義人君が委員を辞任され、その補欠として金田勝年君が選任されました。
 また、昨五日、櫻井充君が委員を辞任され、その補欠として川橋幸子さんが選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(山下八洲夫君) 銀行等の株式等の保有の制限等に関する法律案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。柳澤金融担当大臣。
#4
○国務大臣(柳澤伯夫君) ただいま議題となりました銀行等の株式等の保有の制限等に関する法律案につきまして、提案の理由及びその内容を御説明申し上げます。
 我が国の銀行等は相当程度の株式を保有しているため、株価の変動が銀行等の財務面の健全性や、ひいては銀行等に対する信認及び金融システムの安定性に影響を与えかねない状態にあります。
 このような状況にかんがみ、銀行等による株式等の保有を制限するとともに、その制限の実施に伴う銀行等による保有株式の処分の円滑を図るため、この法律案を提出することとした次第であります。
 以下、この法律案の内容につきまして、御説明申し上げます。
 第一に、銀行等及びその子会社等は、その自己資本に相当する額を超えて株式等を保有してはならないこととしております。なお、この措置は平成十六年九月三十日から適用することとしておりますが、一定以上の株式等を保有している銀行等及びその子会社等が主務大臣の承認を受けたときは、その適用を一定期間猶予することとしております。
 第二に、この制限の実施に伴う銀行等による保有株式の短期間かつ大量の処分により、株式の価格の著しい下落を通じて信用秩序の維持に重大な支障が生ずることがないようにするため、銀行等保有株式取得機構を設立し、同機構が株式の買い取り等の業務を行うことにより、銀行保有株式の処分の円滑を図るなど、所要の措置を講ずることとしております。
 以上が、銀行等の株式等の保有の制限等に関する法律案の提案の理由及びその内容であります。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。
#5
○委員長(山下八洲夫君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午後零時三十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト