くにさくロゴ
2001/12/05 第153回国会 参議院 参議院会議録情報 第153回国会 本会議 第17号
姉妹サイト
 
2001/12/05 第153回国会 参議院

参議院会議録情報 第153回国会 本会議 第17号

#1
第153回国会 本会議 第17号
平成十三年十二月五日(水曜日)
   午前十時一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第十七号
  平成十三年十二月五日
   午前十時開議
 第一 皇孫殿下御誕生につき慶賀の意を表する
  件
 第二 未成年者喫煙禁止法及び未成年者飲酒禁
  止法の一部を改正する法律案(衆議院提出)
 第三 民間資金等の活用による公共施設等の整
  備等の促進に関する法律の一部を改正する法
  律案(衆議院提出)
 第四 子どもの読書活動の推進に関する法律案
  (衆議院提出)
 第五 商法及び株式会社の監査等に関する商法
  の特例に関する法律の一部を改正する法律案
  (衆議院提出)
 第六 商法及び株式会社の監査等に関する商法
  の特例に関する法律の一部を改正する法律の
  施行に伴う関係法律の整備に関する法律案(
  衆議院提出)
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 議事日程のとおり
     ─────・─────
#3
○議長(井上裕君) これより会議を開きます。
 日程第一 皇孫殿下御誕生につき慶賀の意を表する件
 去る一日、皇孫殿下が御誕生になりましたことは、まことに喜びにたえません。
 つきましては、御命名の当日、慶賀の意を表するため、天皇陛下並びに皇太子殿下に院議をもって賀詞を奉呈することとし、その賀詞は議長に一任せられたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(井上裕君) 御異議ないと認めます。
 議長において起草いたしました賀詞を朗読いたします。
   〔総員起立〕
    天皇陛下にささげる賀詞
 このたび皇孫殿下がめでたく御誕生になりましたことは 国民のひとしく喜びとするところであります
 ここに参議院は 国民を代表し 院議をもつて謹んで慶祝の意を表します
   〔拍手〕
    皇太子殿下にささげる賀詞
 このたび内親王殿下がめでたく御誕生になりましたことは 国民のひとしく喜びとするところであります
 皇太子 皇太子妃両殿下の御健勝と 内親王殿下のおすこやかな御成育を お祈り申し上げます
 ここに参議院は 国民を代表し 院議をもつて謹んで慶祝の意を表します
   〔拍手〕
 賀詞の奉呈方は、議長において取り計らいます。
     ─────・─────
#5
○議長(井上裕君) 日程第二 未成年者喫煙禁止法及び未成年者飲酒禁止法の一部を改正する法律案(衆議院提出)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。内閣委員長佐藤泰介君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔佐藤泰介君登壇、拍手〕
#6
○佐藤泰介君 ただいま議題となりました法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 近年、少年の非行や喫煙・飲酒などの問題行動は、深刻な社会問題となっております。昨年、未成年者喫煙禁止法及び未成年者飲酒禁止法の改正により、未成年者に対するたばこ等の販売禁止違反に対する両罰規定を設け、さらに、たばこ等の販売及び酒類の提供禁止違反に対する罰則強化が講じられたところでありますが、依然として、二十歳未満の者に対してたばこや酒類を販売している実態がなくならない状況にあります。
 このような実態にかんがみ、本法律案は、未成年者の喫煙及び飲酒の防止に一層資するため、たばこの販売業者等において、年齢の確認その他の必要な措置を講ずるようにしようとするものであります。
 委員会におきましては、提出者衆議院内閣委員長大畠章宏君より趣旨説明を聴取した後、年齢確認の具体的な方法、酒・たばこの宣伝広告に対する規制のあり方等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願います。
 質疑を終わり、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#7
○議長(井上裕君) これより採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#8
○議長(井上裕君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#9
○議長(井上裕君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十六  
  賛成           二百三十六  
  反対               〇  
 よって、本案は全会一致をもって可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
     ─────・─────
#10
○議長(井上裕君) 日程第三 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の一部を改正する法律案(衆議院提出)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。国土交通委員長北澤俊美君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔北澤俊美君登壇、拍手〕
#11
○北澤俊美君 ただいま議題となりました法律案につきまして、国土交通委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 本法律案は、民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用した公共施設等の建設、維持管理及び運営の一層の促進を図るため、公共施設等の管理者に衆議院議長、参議院議長等を加えるとともに、選定事業の用に供する等のため国または地方公共団体の行政財産を選定事業者に貸し付けることができることとする等、所要の措置を講じようとするものであります。
 委員会におきましては、PFI事業における中小企業の参入機会、選定事業者の破綻時の対応、事業の効果的推進のための方策等について質疑が行われましたが、詳細は会議録によって御承知願います。
 質疑を終局し、討論に入りましたところ、日本共産党を代表して大沢委員より本法律案に反対する旨の意見が述べられました。
 次いで、採決の結果、本法律案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#12
○議長(井上裕君) これより採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#13
○議長(井上裕君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#14
○議長(井上裕君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十八  
  賛成            二百十九  
  反対              十九  
 よって、本案は可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
     ─────・─────
#15
○議長(井上裕君) 日程第四 子どもの読書活動の推進に関する法律案(衆議院提出)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。文教科学委員長橋本聖子君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔橋本聖子君登壇、拍手〕
#16
○橋本聖子君 ただいま議題となりました法律案につきまして、文教科学委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 本法律案は、子どもの読書活動の推進に関し、基本理念を定めるとともに、国及び地方公共団体の責務を明らかにすること等により、子どもの読書活動の推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進しようとするものであります。
 委員会におきましては、読書活動推進の意義、学校図書館の充実策、読書環境の整備等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願いたいと存じます。
 質疑を終局し、採決の結果、本法律案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#17
○議長(井上裕君) これより採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#18
○議長(井上裕君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#19
○議長(井上裕君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十五  
  賛成            二百十五  
  反対              二十  
 よって、本案は可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
     ─────・─────
#20
○議長(井上裕君) 日程第五 商法及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の一部を改正する法律案
 日程第六 商法及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備に関する法律案
  (いずれも衆議院提出)
 以上両案を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。法務委員長高野博師君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔高野博師君登壇、拍手〕
#21
○高野博師君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 まず、商法及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の一部を改正する法律案は、会社をめぐる最近の社会経済情勢にかんがみ、コーポレートガバナンスの実効性を確保するため、監査役の機能の強化、取締役等の責任の軽減に関する要件の緩和及び株主代表訴訟制度の合理化を行おうとするものであります。
 次に、商法及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備に関する法律案は、商法及び商法特例法の改正に伴い、農業協同組合法その他の関係法律の規定を整備するとともに、所要の経過措置を定めようとするものであります。
 なお、衆議院において、取締役等の賠償限度額の見直し及び責任免除にかかる株主総会決議の方法等について修正が行われております。
 委員会におきましては、両法律案を一括して審査を行い、取締役と従業員の賠償義務の均衡、コーポレートガバナンスに関する抜本的法改正の検討状況、取締役の責任軽減と報酬に関する情報開示の必要性、取締役会活性化のための方策等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願います。
 質疑を終局し、討論に入りましたところ、日本共産党を代表して井上理事より両法律案に反対する旨の意見が述べられました。
 討論を終わり、順次採決の結果、両法律案はいずれも多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#22
○議長(井上裕君) これより両案を一括して採決いたします。
 両案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#23
○議長(井上裕君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#24
○議長(井上裕君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十七  
  賛成             二百十  
  反対             二十七  
 よって、両案は可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#25
○議長(井上裕君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十七分散会
     ─────・─────

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト