くにさくロゴ
2001/10/12 第153回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第153回国会 外務委員会 第1号
姉妹サイト
 
2001/10/12 第153回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第153回国会 外務委員会 第1号

#1
第153回国会 外務委員会 第1号
本国会召集日(平成十三年九月二十七日)(木曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 土肥 隆一君
   理事 河野 太郎君 理事 下村 博文君
   理事 鈴木 宗男君 理事 米田 建三君
   理事 安住  淳君 理事 桑原  豊君
   理事 上田  勇君 理事 土田 龍司君
      池田 行彦君    小島 敏男君
      高村 正彦君    桜田 義孝君
      下地 幹郎君    虎島 和夫君
      中本 太衛君    原田 義昭君
      宮澤 洋一君    望月 義夫君
      山口 泰明君    木下  厚君
      首藤 信彦君    中野 寛成君
      細野 豪志君    前田 雄吉君
      吉田 公一君    丸谷 佳織君
      山口 富男君    東門美津子君
      柿澤 弘治君
    ―――――――――――――
九月二十七日
 土肥隆一君委員長辞任につき、その補欠として吉田公一君が議院において、委員長に選任された。
平成十三年十月十二日(金曜日)
    正午開議
 出席委員
   委員長 吉田 公一君
   理事 河野 太郎君 理事 下村 博文君
   理事 鈴木 宗男君 理事 米田 建三君
   理事 安住  淳君 理事 桑原  豊君
   理事 上田  勇君 理事 土田 龍司君
      小島 敏男君    高村 正彦君
      桜田 義孝君    虎島 和夫君
      中本 太衛君    原田 義昭君
      宮澤 洋一君    望月 義夫君
      山口 泰明君    鹿野 道彦君
      木下  厚君    首藤 信彦君
      細野 豪志君    前田 雄吉君
      牧野 聖修君    丸谷 佳織君
      山口 富男君    東門美津子君
      柿澤 弘治君
    …………………………………
   外務大臣政務官      丸谷 佳織君
   外務大臣政務官      小島 敏男君
   外務大臣政務官      山口 泰明君
   外務委員会専門員     辻本  甫君
    ―――――――――――――
委員の異動
九月二十七日
 辞任         補欠選任
  土肥 隆一君     鹿野 道彦君
  中野 寛成君     牧野 聖修君
    ―――――――――――――
九月二十七日
 千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定の譲許表第三十八表(日本国の譲許表)の修正及び訂正に関する二千年十一月二十七日に作成された確認書の締結について承認を求めるの件(第百五十一回国会条約第四号)
 投資の促進及び保護に関する日本国とモンゴル国との間の協定の締結について承認を求めるの件(第百五十一回国会条約第五号)
 投資の促進及び保護に関する日本国とパキスタン・イスラム共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件(第百五十一回国会条約第六号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国政調査承認要求に関する件

     ――――◇―――――
#2
○吉田委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げさせていただきます。
 このたび、外務委員長に就任をいたしました吉田公一でございます。何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
 二十一世紀を迎えました国際情勢は極めて厳しいものがございます。まして、多くの課題が山積をしているわけでございまして、とりわけ、去る九月十一日に米国で発生をいたしましたテロ事件は極めて許しがたい行為でございます。当外務委員会におきましても決議を既に行ったところでございますが、ここに改めて、事件の犠牲となられました多くの方々の御冥福をお祈り申し上げたいと存じます。
 現下の緊急の課題は、国際社会と協力しつつ、テロを防止する対策を確立し、国際社会からテロを根絶するべく努力をすることであると存じております。
 特別委員会におきましては、今、関係法案の審議が始まっておりますが、当外務委員会といたしましても、国際テロにおける邦人保護のあり方、テロを防止し根絶するための対策を初め、避難民に対する物資や医療等の救援策の議論を深める必要があると考えております。
 また、このほかにも、地球環境保全の問題等、多くの課題が山積をしているわけでございます。
 また一方、国内に目を転じますと、残念ながら、外交を所管する外務省におきまして不祥事件が続発をしているわけでございます。
 厳しい国際情勢に我が国が責任ある対応をしていくためには、外交組織がしっかりとしていなければならないことは申し上げるまでもないところでございます。基本的なことでございまして、当委員会といたしましても十二分に議論を尽くしていただきたいと思っている次第でございます。事件の再発防止、予算の執行の明確化、責任ある外交組織の確立、強化のために役割を果たしていく必要があると思います。
 また、私といたしましては、国会としての立場から、議員外交の充実に努めていく必要があると考えているところでございまして、テロ事件に対して、関係国に調査団を派遣でき得るのかどうかということを、理事を初め委員の皆様方に御検討いただきたいと思っているわけでございます。
 貿易立国である我が国にとりまして、本委員会の使命、役割は極めて重要であり、委員長として職責の重大さを痛感いたしているところでございます。委員各位におかれましても大いに議論をされ、充実した委員会となるよう努力をしてまいりたいと思います。公正かつ円満な委員会運営に努め、活発な委員会審議となりますよう努めてまいりたいと存じますので、何とぞ御指導賜りますように、よろしくお願いを申し上げます。
 大変ありがとうございました。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○吉田委員長 続いて、国政調査承認要求に関する件についてお諮りを申し上げます。
 国際情勢に関する事項につきまして、本会期中国政に関する調査を行うため、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○吉田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることといたします。本日は、これにて散会をいたします。
    午後零時四分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト