くにさくロゴ
2001/10/11 第153回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第153回国会 内閣委員会 第1号
姉妹サイト
 
2001/10/11 第153回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第153回国会 内閣委員会 第1号

#1
第153回国会 内閣委員会 第1号
本国会召集日(平成十三年九月二十七日)(木曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 横路 孝弘君
   理事 逢沢 一郎君 理事 小野 晋也君
   理事 古賀 正浩君 理事 西川 公也君
   理事 島   聡君 理事 中沢 健次君
   理事 河合 正智君
      岩崎 忠夫君    亀井 久興君
      川崎 二郎君    佐田玄一郎君
      阪上 善秀君    実川 幸夫君
      谷川 和穗君    近岡理一郎君
      三ッ林隆志君    宮澤 喜一君
      渡辺 具能君    渡辺 博道君
      井上 和雄君    石毛えい子君
      大畠 章宏君    細川 律夫君
      山花 郁夫君    山元  勉君
      太田 昭宏君    工藤堅太郎君
      松本 善明君    北川れん子君
    ―――――――――――――
九月二十七日
 横路孝弘君委員長辞任につき、その補欠として大畠章宏君が議院において、委員長に選任された。
平成十三年十月十一日(木曜日)
    午後零時十分開議
 出席委員
   委員長 大畠 章宏君
   理事 逢沢 一郎君 理事 小野 晋也君
   理事 古賀 正浩君 理事 西川 公也君
   理事 石毛えい子君 理事 中沢 健次君
   理事 河合 正智君 理事 工藤堅太郎君
      岩崎 忠夫君    亀井 久興君
      川崎 二郎君    実川 幸夫君
      竹本 直一君    谷川 和穗君
      近岡理一郎君    林 省之介君
      三ッ林隆志君    渡辺 具能君
      渡辺 博道君    井上 和雄君
      細野 豪志君    松沢 成文君
      山内  功君    山花 郁夫君
      山村  健君    太田 昭宏君
      松本 善明君    北川れん子君
    …………………………………
   内閣府大臣政務官     渡辺 博道君
   内閣委員会専門員     新倉 紀一君
    ―――――――――――――
委員の異動
九月二十七日
 辞任         補欠選任
  島   聡君     岡田 克也君
  細川 律夫君     細野 豪志君
  山元  勉君     松沢 成文君
  横路 孝弘君     枝野 幸男君
十月十日
 辞任         補欠選任
  宮澤 喜一君     竹本 直一君
同月十一日
 辞任         補欠選任
  阪上 善秀君     林 省之介君
  枝野 幸男君     山内  功君
  岡田 克也君     山村  健君
同日
 辞任         補欠選任
  林 省之介君     阪上 善秀君
  山内  功君     枝野 幸男君
  山村  健君     岡田 克也君
同日
 理事塩田晋君九月二十六日委員辞任につき、その補欠として工藤堅太郎君が理事に当選した。
同日
 理事島聡君九月二十七日委員辞任につき、その補欠として石毛えい子君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
九月二十七日
 犯罪被害者基本法案(細川律夫君外四名提出、第百五十一回国会衆法第六号)
 少子化社会対策基本法案(中山太郎君外八名提出、第百五十一回国会衆法第五三号)
 道路交通法の一部を改正する法律案(長妻昭君外一名提出、第百五十一回国会衆法第五七号)
 道路交通法の一部を改正する法律案(西村眞悟君提出、第百五十一回国会衆法第六三号)
 防衛省設置法案(野田毅君提出、第百五十一回国会衆法第六四号)
 個人情報の保護に関する法律案(内閣提出、第百五十一回国会閣法第九〇号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件

     ――――◇―――――
#2
○大畠委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび内閣委員長に選任されました大畠章宏でございます。
 御承知のとおり、当委員会は、経済財政諮問会議、男女共同参画会議、総合科学技術会議を初めとする国民の生活にかかわる諸問題、また、警察の健全なる運営といった問題を所管する委員会でございます。
 当委員会は、このような国の基本にかかわる重要な諸問題を所管する委員会でございますので、重大な責任を自覚しながら、国民の期待にこたえ、しっかり審議を進めていかなければなりません。
 特に、最近の日本を取り巻く情勢は、戦後最大の国難に遭遇していると言っても過言ではありません。この国難の折、委員長を拝命し、責任の重さを痛感するところでありますが、皆様方の御支援と御協力を賜りまして、公正かつ円満なる委員会運営に努めてまいります。
 皆様の御協力をよろしくお願い申し上げ、委員長就任のごあいさつとさせていただきます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○大畠委員長 この際、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い、現在理事が二名欠員となっております。その補欠選任を行いたいと存じますが、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○大畠委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に
    石毛 えい子さん 及び 工藤堅太郎君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○大畠委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 国政に関する調査を行うため、本会期中
 内閣の重要政策に関する事項
 栄典及び公式制度に関する事項
 男女共同参画社会の形成の促進に関する事項
 国民生活の安定及び向上に関する事項
 警察に関する事項
以上の各事項について、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○大畠委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十二分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト