くにさくロゴ
2001/12/04 第153回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第153回国会 本会議 第22号
姉妹サイト
 
2001/12/04 第153回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第153回国会 本会議 第22号

#1
第153回国会 本会議 第22号
平成十三年十二月四日(火曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第十七号
  平成十三年十二月四日
    午後一時開議
 第一 皇孫殿下御誕生につき賀詞奉呈の件
 第二 建築物における衛生的環境の確保に関する法律の一部を改正する法律案(第百五十一回国会、熊代昭彦君外四名提出)
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 日程第一 皇孫殿下御誕生につき賀詞奉呈の件
 日程第二 建築物における衛生的環境の確保に関する法律の一部を改正する法律案(第百五十一回国会、熊代昭彦君外四名提出)

    午後一時三分開議
#2
○議長(綿貫民輔君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 日程第一 皇孫殿下御誕生につき賀詞奉呈の件
#3
○議長(綿貫民輔君) 去る一日、皇孫殿下が御誕生あそばされましたことは、全国民とともに私どもの心からお喜び申し上げるところであります。(拍手)
 つきましては、本院は、慶祝の意を表するため、特に院議をもって、天皇陛下並びに皇太子殿下に対し、賀詞を差し上げたいと存じます。
 賀詞は議長に一任されたいと存じます。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(綿貫民輔君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。
 賀詞を朗読いたします。
    〔総員起立〕
    天皇陛下に差し上げる賀詞
 このたび皇孫殿下のめでたく御誕生あそばされましたことは 国民ひとしく喜びにたえないところであります
 ここに衆議院は 国民を代表して 謹んで慶祝の誠を表し あわせて皇室の御繁栄をお祈り申し上げます
    …………………………………
    皇太子殿下に差し上げる賀詞
 このたび内親王殿下のめでたく御誕生あそばされましたことは 国民あげて喜びにたえないところであります
 ここに衆議院は 国民を代表して 謹んで慶賀の誠を表し あわせて内親王殿下のお健やかな御成長を心からお祈り申し上げます
    〔拍手〕
 ただいま決議いたしました賀詞は議長において差し上げることといたします。
     ――――◇―――――
 日程第二 建築物における衛生的環境の確保に関する法律の一部を改正する法律案(第百五十一回国会、熊代昭彦君外四名提出)
#5
○議長(綿貫民輔君) 日程第二、建築物における衛生的環境の確保に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。厚生労働委員長鈴木俊一君。
    ―――――――――――――
 建築物における衛生的環境の確保に関する法律の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔鈴木俊一君登壇〕
#6
○鈴木俊一君 ただいま議題となりました建築物における衛生的環境の確保に関する法律の一部を改正する法律案について、厚生労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、建築物における衛生的環境の確保を図るため、建築物の衛生管理を行う事業者の登録制度について、登録業種の拡充など所要の措置を講じようとするもので、その主な内容は、
 第一に、登録を受けることができる事業として、空気調和用ダクトの清掃を行う事業及び排水管の清掃を行う事業を追加すること、
 第二に、現行の建築物環境衛生一般管理業の業務に空気環境の調整等を追加し、建築物環境衛生総合管理業と名称変更すること
などであります。
 本案は、第百五十一回国会に熊代昭彦君外四名から提出され、継続審査となっていたもので、今国会において、十一月二十七日提出者熊代昭彦君から提案理由の説明を聴取し、去る十一月三十日に質疑を終了し、採決の結果、本案は賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#7
○議長(綿貫民輔君) 採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#8
○議長(綿貫民輔君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
#9
○議長(綿貫民輔君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時八分散会
     ――――◇―――――
 出席国務大臣
        厚生労働大臣  坂口  力君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト