くにさくロゴ
2001/08/09 第152回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第152回国会 文部科学委員会 第1号
姉妹サイト
 
2001/08/09 第152回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第152回国会 文部科学委員会 第1号

#1
第152回国会 文部科学委員会 第1号
本国会召集日(平成十三年八月七日)(火曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 高市 早苗君
   理事 斉藤斗志二君 理事 鈴木 恒夫君
   理事 田野瀬良太郎君 理事 高橋 一郎君
   理事 平野 博文君 理事 藤村  修君
   理事 西  博義君 理事 都築  譲君
      小渕 優子君    岡下 信子君
      河村 建夫君    杉山 憲夫君
      砂田 圭佑君    谷垣 禎一君
      谷田 武彦君    谷本 龍哉君
      馳   浩君    林 省之介君
      増田 敏男君    松野 博一君
      水野 賢一君    森岡 正宏君
      大石 尚子君    鎌田さゆり君
      葉山  峻君    肥田美代子君
      牧  義夫君    松沢 成文君
      山口  壯君    山谷えり子君
      山元  勉君    池坊 保子君
      斉藤 鉄夫君    武山百合子君
      石井 郁子君    児玉 健次君
      中西 績介君    山内 惠子君
      松浪健四郎君
平成十三年八月九日(木曜日)
    午前十時開議
 出席委員
   委員長 高市 早苗君
   理事 斉藤斗志二君 理事 鈴木 恒夫君
   理事 田野瀬良太郎君 理事 高橋 一郎君
   理事 平野 博文君 理事 藤村  修君
   理事 西  博義君 理事 都築  譲君
      小渕 優子君    岡下 信子君
      河村 建夫君    砂田 圭佑君
      谷垣 禎一君    谷田 武彦君
      谷本 龍哉君    馳   浩君
      林 省之介君    増田 敏男君
      松野 博一君    森岡 正宏君
      大石 尚子君    鎌田さゆり君
      葉山  峻君    肥田美代子君
      牧  義夫君    松沢 成文君
      山口  壯君    山谷えり子君
      山元  勉君    池坊 保子君
      斉藤 鉄夫君    武山百合子君
      児玉 健次君    藤木 洋子君
      中西 績介君    山内 惠子君
      松浪健四郎君
    …………………………………
   文部科学大臣政務官    池坊 保子君
   文部科学委員会専門員   高橋 徳光君
    ―――――――――――――
委員の異動
八月九日
 辞任         補欠選任
  石井 郁子君     藤木 洋子君
同日
 辞任         補欠選任
  藤木 洋子君     石井 郁子君
    ―――――――――――――
八月七日
 芸術文化振興基本法案(斉藤鉄夫君外二名提出、第百五十一回国会衆法第五〇号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件

     ――――◇―――――
#2
○高市委員長 これより会議を開きます。
 この際、御報告いたします。
 今国会中、本委員会に参考送付されました意見書は、学校事務職員および学校栄養職員の義務教育費国庫負担制度堅持に関する意見書外七件であります。
     ――――◇―――――
#3
○高市委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 第百五十一回国会、斉藤鉄夫君外二名提出、芸術文化振興基本法案
並びに
 文部科学行政の基本施策に関する件
 生涯学習に関する件
 学校教育に関する件
 科学技術及び学術の振興に関する件
 科学技術の研究開発に関する件
 文化、スポーツ振興及び青少年に関する件
以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○高市委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中審査のため、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣委員、派遣期間、派遣地その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○高市委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査のため、参考人から意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その人選及び日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○高市委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時一分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト