くにさくロゴ
2001/05/17 第151回国会 参議院 参議院会議録情報 第151回国会 外交防衛委員会 第10号
姉妹サイト
 
2001/05/17 第151回国会 参議院

参議院会議録情報 第151回国会 外交防衛委員会 第10号

#1
第151回国会 外交防衛委員会 第10号
平成十三年五月十七日(木曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員の異動
 四月十七日
    辞任         補欠選任   
     脇  雅史君     山本 一太君
     千葉 景子君     齋藤  勁君
     長谷川 清君     吉田 之久君
     風間  昶君     高野 博師君
 五月九日
    辞任         補欠選任   
     宮崎 秀樹君     北岡 秀二君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         服部三男雄君
    理 事
                佐藤 昭郎君
                鈴木 正孝君
                海野  徹君
                益田 洋介君
                小泉 親司君
    委 員
                須藤良太郎君
                森山  裕君
                矢野 哲朗君
                依田 智治君
                今井  澄君
                広中和歌子君
                高野 博師君
                吉岡 吉典君
                田  英夫君
                田村 秀昭君
                佐藤 道夫君
   国務大臣
       外務大臣     田中眞紀子君
       国務大臣
       (防衛庁長官)  中谷  元君
   副大臣
       防衛庁副長官   萩山 教嚴君
       外務副大臣    杉浦 正健君
   大臣政務官
       防衛庁長官政務
       官        嘉数 知賢君
       防衛庁長官政務
       官        平沢 勝栄君
       外務大臣政務官  丸谷 佳織君
       外務大臣政務官  小島 敏男君
       外務大臣政務官  山口 泰明君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        櫻川 明巧君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○外交、防衛等に関する調査
 (外交の基本方針に関する件)
 (国の防衛の基本方針に関する件)

    ─────────────
#2
○委員長(服部三男雄君) ただいまから外交防衛委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る四月十七日、風間昶君、脇雅史君、長谷川清君及び千葉景子君が委員を辞任され、その補欠として高野博師君、山本一太君、吉田之久君及び齋藤勁君が選任されました。
 また、去る九日、宮崎秀樹君が委員を辞任され、その補欠として北岡秀二君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(服部三男雄君) この際、国務大臣、副大臣、副長官、大臣政務官及び長官政務官から発言を求められておりますので、順次これを許します。田中外務大臣。
#4
○国務大臣(田中眞紀子君) おはようございます。
 今般、外務大臣に就任いたしました田中眞紀子でございます。
 服部委員長を初め委員の皆様にごあいさつをさせていただきたく存じます。
 私は、改革断行内閣として発足した小泉政権の外務大臣として、外交の分野においても改革を断行し、日本外交に対する信頼を取り戻すため、全身全霊を挙げて取り組んでまいります。そのためには外務省の自己改革が必要であり、先般の機能改革会議の報告を踏まえ、みずから具体的改革案の作成にかかわり、自分の責任において発表いたします。
 国民の目線に立って、しっかりと国益に基づいた外交政策を展開するためには、本委員会の御議論は極めて重要と考えております。委員各位の御指導と御鞭撻をよろしくお願いいたします。
 以上です。
#5
○委員長(服部三男雄君) 中谷防衛庁長官。
#6
○国務大臣(中谷元君) 防衛庁長官に就任いたしました中谷元でございます。
 外交防衛委員の皆様方には、日ごろから国の安全保障、防衛政策につきまして御議論をいただきまして、まことにありがとうございます。
 防衛庁・自衛隊は、我が国の平和と独立を守るため不断の努力を続けておりますが、私は、これまでに培ってきた知識と経験を生かしまして、我が国の防衛に万全を期するとともに、国際貢献を通じて我が国が世界から尊敬される国家となるよう、また災害などの緊急事態に際して自衛隊が一層機敏に行動することにより、国民からさらに信頼され、温かい自衛隊と呼ばれるように努めてまいります。
 全力を挙げて職務に邁進する所存でありますので、服部委員長を初め委員の皆様方からますますの御指導、御鞭撻を賜りますようによろしくお願い申し上げます。
#7
○委員長(服部三男雄君) 杉浦外務副大臣。
#8
○副大臣(杉浦正健君) 皆さんおはようございます。
 外務副大臣に就任いたしました杉浦正健でございます。
 大変長い御縁でございます服部委員長を初め委員の各位に謹んでごあいさつを申し上げる次第であります。
 田中大臣が申し上げましたとおり、改革断行内閣として発足いたしました小泉内閣にとりまして、外務省の改革は重大な課題の一つでございます。私といたしましても、大臣に協力いたしまして外務省の改革に全力を挙げて取り組んでまいります。
 種々の外交案件が山積する中、私は田中外務大臣を補佐し、外務副大臣としての職務を全うするため、全身全霊で取り組んでまいります。
 副大臣の中では私が特に本委員会を担当することとなっております。委員長を初め本委員会の皆様の御指導と御協力を賜りますよう心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。ありがとうございました。
#9
○委員長(服部三男雄君) 萩山防衛庁副長官。
#10
○副長官(萩山教嚴君) 防衛庁副長官に就任いたしました萩山教嚴でございます。
 我が国の平和と独立を守るという崇高な任務をいただいたことに対して光栄に思うと同時に、その使命と責任の重大さを痛感いたしております。また、かかる大任を引き受けましたからには、嘉数、平沢両政務官ともども中谷長官を補佐し、我が国の防衛に遺漏なきを期してまいりたいと存じます。
 服部委員長を初め委員の皆様には、今後とも御指導、御鞭撻をよろしくお願いいたしまして、ごあいさつといたします。ありがとうございました。
#11
○委員長(服部三男雄君) 丸谷外務大臣政務官。
#12
○大臣政務官(丸谷佳織君) おはようございます。
 今般、外務大臣政務官に再任をいたしました丸谷佳織と申します。
 この場をおかりしまして、服部委員長を初め委員の皆様に一言ごあいさつを申し上げます。
 これまで、担当地域であります中東和平の問題あるいは環境問題に取り組ませていただきましたが、今後も田中大臣指導のもと、これらの問題につき全力で取り組ませていただきますので、服部委員長を初め委員の皆様の御指導と御協力を心よりお願い申し上げます。
#13
○委員長(服部三男雄君) 小島外務大臣政務官。
#14
○大臣政務官(小島敏男君) 参議院外交防衛委員会の委員の皆様、おはようございます。
 今、御紹介をいただきました小島敏男です。今般、外務大臣政務官に就任をいたしました。
 服部委員長を初め委員各位にごあいさつをさせていただきます。
 我が国が二十一世紀の国際社会において安全と繁栄を確保していく上でも、国際社会が抱える諸問題を克服してよりよい世界の実現を目指す必要がございます。そのためには、我が国としても持てる力を活用して、国際社会をリードしていかなければなりません。我が国がこうした役割を果たすために、田中外務大臣のもと、外務大臣政務官として職務を全うし、最大限努力していく覚悟であります。よろしくどうぞお願いいたします。
#15
○委員長(服部三男雄君) 山口外務大臣政務官。
#16
○大臣政務官(山口泰明君) おはようございます。
 今般、外務大臣政務官に就任をいたしました山口泰明でございます。
 服部委員長を初め委員の皆様にごあいさつを申し上げます。
 我が国は、世界から尊敬をされ、信頼される国家にならなければなりません。そのため、外交を積極的に展開し、外務大臣政務官としての職務を全うするため、田中外務大臣の指導のもと、誠心誠意汗を流す所存であります。
 なお、政務官の中では私が特に本委員会を担当することとなっております。委員長初め委員会の皆様の御指導と御協力をよろしくお願いいたします。
#17
○委員長(服部三男雄君) 嘉数防衛庁長官政務官。
#18
○長官政務官(嘉数知賢君) このたび防衛庁長官政務官を拝命いたしました嘉数知賢でございます。
 中谷長官のもと、山積する課題に積極的に取り組みながら我が国の防衛政策を推進したい、このように思っております。
 服部委員長を初め委員各位にはよろしく御協力と御指導をいただきますようにお願い申し上げます。ありがとうございました。
#19
○委員長(服部三男雄君) 平沢防衛庁長官政務官。
#20
○長官政務官(平沢勝栄君) 同じく防衛庁長官政務官を拝命いたしました平沢勝栄でございます。
 全力で職務を全うしたいと考えていますので、よろしく御指導、御鞭撻のほどをお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。
    ─────────────
#21
○委員長(服部三男雄君) 外交、防衛等に関する調査を議題といたします。
 まず、外務大臣から外交の基本方針について所信を聴取いたします。田中外務大臣。
#22
○国務大臣(田中眞紀子君) 長文でございますので、座ったまま発言をさせていただきます。
 参議院外交防衛委員会の開催に当たり、外交に関する所信を申し述べさせていただきます。
 外交の要諦は、言うまでもなく国益を守り増進することであります。私は、外務大臣として、我が国の安全と繁栄を確保し、国民の皆様の生命及び財産を守ることを最優先の課題として取り組んでまいります。その上で、我が国にとって重要な世界の安定と繁栄の確保のため、我が国が国際社会で占める地位にふさわしい役割を果たしてまいりたく存じます。そのためには、できるだけ明確なメッセージを世界に向けて発信し、また確実な実行力を持って発信した内容を実現してまいります。
 我が国の平和と繁栄を確保するため、日本外交の基軸となるのは日米同盟関係であります。二国間のみならず、地域、そして地球規模のさまざまな問題についての日米間の対話を通じた協力を拡大するとともに、日米安保体制が一層有効に機能するよう努め、日米同盟関係の強化を図ってまいります。また、経済・貿易分野では、米国との対話を強化するための新たな方策を見出し、摩擦ではなく協調の精神に基づく日米経済関係を探求してまいります。さらに、沖縄県民の負担を軽減するため、普天間飛行場の移設・返還を初めとするSACO最終報告の着実な実施に全力で取り組んでまいります。
 我が国の隣国である中国及び韓国との間では、現在、教科書問題等幾つかの問題があります。私は、このような問題が両国との良好な関係を阻害することとならないよう、これら問題の解決に全力を尽くす決意であります。今月下旬にはASEM外相会合が北京において開催されます。国会のお許しが得られれば同会合に出席し、この機会に中国及び韓国の外相と会談し、両国との関係強化を図りたいと思います。
 私のロシアとのかかわりの原点は、七三年の日ソ首脳会談であり、これまでも大きな関心を払ってまいりました。ロシアとの間では、平和条約交渉、経済分野及び国際舞台における協力など、幅広い分野での関係の進展に努めます。このうち、平和条約交渉については、先般のイルクーツク首脳会談までに得られた成果をしっかりと引き継ぎ、北方四島の帰属の問題を解決して平和条約を締結するとの一貫した方針のもと、交渉に取り組んでまいります。
 日韓国交正常化交渉については、日韓両国と緊密に連携しつつ、北東アジアの平和と安定に資するような形で、第二次世界大戦後の正常でない日朝関係を正すよう粘り強く取り組んでまいります。また、こうした日朝間の対話の中で、北朝鮮との人道的問題及び安全保障上の問題の解決に向けて全力を傾けてまいります。
 我が国は、国際社会の主要な一員として、種々のグローバルな課題に取り組み、地球上に住んでいる人々の全体が前向きなエネルギーを出して幸せに暮らせる国際社会を築くため、努力していかなければなりません。そのためには、唯一の普遍的国際機関である国際連合の強化が必要であります。安保理改革を初めとする国連改革の実現に向け努力をいたします。
 また、経済面では、我が国が戦後一貫して裨益してきた多角的自由貿易体制を強化するために、WTOにおける新ラウンドを十一月のカタール閣僚会議において立ち上げるべく努力をいたします。
 さらに、地球環境問題については、二〇〇二年までの京都議定書の発効を目指して全力を尽くしてまいります。その際、世界最大の二酸化炭素排出国である米国が京都議定書の発効に向けた交渉に建設的に参加するよう最大限努力をいたします。
 外交の分野では、このほかにもさまざまな課題が山積しておりますが、長い目で見て解決すべきことはしっかりとした戦略を打ち立てて対応し、また処理に即応力を要する問題には迅速かつ的確な対応ができるよう、日ごろより危機管理能力の向上に努めてまいります。そして、服部委員長を初め、御臨席の委員各位の御指導と御鞭撻を賜りながら、国民の目線に立って全力で外交に取り組んでいく決意でありますことを申し上げて、私の所信といたします。ありがとうございました。
#23
○委員長(服部三男雄君) ちょっと速記をとめてください。
   〔速記中止〕
#24
○委員長(服部三男雄君) 速記を起こして。
 外務大臣、ちゃんとその部分もう一度読み直しされた方が誤解がなくていいんじゃないかと思いますが。
#25
○国務大臣(田中眞紀子君) はい、わかりました。じゃ、そうさせていただきます。
 では、委員長のお許しを得まして、四ページ目の三行目から落ちついて読ませていただきます。後ろから三行目でございます。
 日朝国交正常化交渉については、米韓両国と緊密に連携しつつ、北東アジアの平和と安定に資するような形で、第二次世界大戦後の正常でない日朝関係を正すよう粘り強く取り組んでまいります。また、こうした日朝間の対話の中で、北朝鮮との人道的問題及び安全保障上の問題の解決に向けて全力を傾けてまいります。
 以上でございます。
#26
○委員長(服部三男雄君) 次に、防衛庁長官から国の防衛の基本方針について所信を聴取いたします。中谷防衛庁長官。
#27
○国務大臣(中谷元君) 防衛庁長官の中谷元でございます。
 防衛政策につきまして、以下五つの点におきまして私の所信の一端を申し述べさせていただきます。
 第一に、最近の国際情勢は、依然として不透明、不確実な要素をはらんでおり、我が国が今後とも平和と独立を守り、国の安全を保つためには、適切な防衛力を整備するとともに、日米安保体制を堅持し、さらには安全保障環境の安定化に積極的に取り組む必要があります。このため、新中期防衛力整備計画に従い、引き続き防衛計画の大綱に定める新たな体制への移行を図りつつ、防衛力の整備を着実に進めていくことが肝要と考えております。この際、情報通信技術革命への対応、災害派遣能力の充実強化、防衛力を支える人的基盤の維持拡充等に留意をしてまいりたいと考えております。
 第二に、本年は、日米安保条約が署名されてから五十年という節目の年でありますが、日米安保体制は、今後とも引き続き我が国の安全保障上極めて重要な役割を果たすものであり、我が国のみならずアジア太平洋地域の平和と安定に大きな意義を有するものであります。このような日米安保体制の信頼性の一層の向上を図るため、防衛政策等に関する緊密な協議や日米防衛協力のための指針の実効性確保のための諸施策に取り組んでまいりたいと考えております。また、普天間飛行場の移設・返還を含め、SACO最終報告の着実な実施に努め、沖縄県民の方々の御負担を軽減する努力をしてまいります。
 第三に、国際社会の一員として、我が国が国際平和に貢献することは当然のことであり、より安定した安全保障環境を構築するため、国連平和維持活動への協力、安保対話、防衛交流などを推進します。この際、国際貢献を通じて、我が国が世界の人たちの役に立つ行動ができる国、さらには世界からより尊敬される国となることを目指して全力を尽くしてまいる所存であります。
 第四に、有事法制につきましては、我が国に対する武力攻撃から国民の生命、財産を守り、自衛隊の任務を全うする観点から、また、このような防衛体制を整備することが我が国に対する武力攻撃の抑止に資するとの観点から必須のものであります。小泉総理が所信表明において改めて明らかにされているとおり、昨年の与党の考え方を十分に受けとめ、検討を進めてまいります。
 第五に、防衛庁の省への移行につきましては、国民の生命、財産の保護や世界平和への貢献における自衛隊の活動が求められるなど、国政における防衛の重要性が増大していること等を踏まえ、ぜひとも一日も早くその実現をお願いしたいと考えております。
 以上五点の実現のため全力を尽くす覚悟でありますが、国の防衛には国民の皆様方の御理解と御支持が不可欠であります。私は、国民の期待にたがわぬようこれまでの知識と経験を生かしながら、有事や大規模災害など各種の事態への即応態勢の充実強化に努め、国民から信頼される温かい自衛隊を築いてまいる所存であります。
 服部委員長を初めとする委員の皆様方におかれましては、当委員会における御審議を通じ、ますますの御指導、御鞭撻を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。
#28
○委員長(服部三男雄君) 所信に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト