くにさくロゴ
2001/04/12 第151回国会 参議院 参議院会議録情報 第151回国会 農林水産委員会 第9号
姉妹サイト
 
2001/04/12 第151回国会 参議院

参議院会議録情報 第151回国会 農林水産委員会 第9号

#1
第151回国会 農林水産委員会 第9号
平成十三年四月十二日(木曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員の異動
 四月三日
    辞任         補欠選任
     佐藤 雄平君     和田 洋子君
     高橋 千秋君     小川 勝也君
 四月四日
    辞任         補欠選任
     渕上 貞雄君     谷本  巍君
 四月九日
    辞任         補欠選任
     風間  昶君     白浜 一良君
 四月十日
    辞任         補欠選任
     白浜 一良君     風間  昶君
     笠井  亮君     八田ひろ子君
 四月十一日
    辞任         補欠選任
     井上 吉夫君     若林 正俊君
     和田 洋子君     櫻井  充君
     八田ひろ子君     笠井  亮君
 四月十二日
    辞任         補欠選任
     若林 正俊君     森田 次夫君
     小川 勝也君     峰崎 直樹君
     笠井  亮君     橋本  敦君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         太田 豊秋君
    理 事
                岸  宏一君
                郡司  彰君
                谷林 正昭君
    委 員
                岩永 浩美君
                国井 正幸君
                田中 直紀君
                森下 博之君
                森田 次夫君
                櫻井  充君
                峰崎 直樹君
                風間  昶君
                渡辺 孝男君
                須藤美也子君
                橋本  敦君
                谷本  巍君
   国務大臣
       農林水産大臣   谷津 義男君
   副大臣
       農林水産副大臣  田中 直紀君
   大臣政務官
       農林水産大臣政
       務官       国井 正幸君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        山田 榮司君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○農業者年金基金法の一部を改正する法律案(内
 閣提出、衆議院送付)
○参考人の出席要求に関する件

    ─────────────
#2
○委員長(太田豊秋君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る三日、高橋千秋君及び佐藤雄平君が委員を辞任され、その補欠として小川勝也君及び和田洋子さんが選任されました。
 また、去る四日、渕上貞雄君が委員を辞任され、その補欠として谷本巍君が選任されました。
 また、昨十一日、和田洋子さん及び井上吉夫君が委員を辞任され、その補欠として櫻井充君及び若林正俊君が選任されました。
 また、本日、若林正俊君、笠井亮君及び小川勝也君が委員を辞任され、その補欠として森田次夫君、橋本敦君及び峰崎直樹君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(太田豊秋君) 農業者年金基金法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 まず、政府から趣旨説明を聴取いたします。谷津農林水産大臣。
#4
○国務大臣(谷津義男君) 農業者年金基金法の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び主要な内容を御説明申し上げます。
 農業者年金制度は、昭和四十六年一月に発足して以来、経営移譲年金等の給付を行うことにより、専業的農業者の老後生活の安定とともに、適期の経営移譲を通じた農業経営の近代化と農地保有の合理化の促進に寄与してまいりました。
 他方、農村における高齢化が著しく進展していることにかんがみ、経営移譲を通じて農業経営の若返りを促進するよりも、中高年齢者を含めた幅広い農業者を確保することが重要となっております。
 また、現行制度においては、加入者数に対する受給者数の割合が高まり、今後、受給者を支える加入者の負担が著しく大きくなることが見通されております。
 このような最近の農業を取り巻く情勢の変化、年金財政の現状に対応して、農業者年金制度を農業者の確保に資するものに改めるとともに、現行制度の受給者等に係る年金給付について適正化措置を講じた上で、その費用を国庫で負担する等の措置を講ずることとし、この法律案を提出した次第であります。
 次に、この法律案の主要な内容につきまして御説明申し上げます。
 第一に、目的規定の改正であります。
 農業者年金基金の目的を、農業者の老齢について必要な年金等の給付の事業を行うことにより、その老後の生活の安定及び福祉の向上を図るとともに、農業者の確保に資することに改めることとしております。
 第二に、加入要件の変更であります。
 農業者を幅広く確保する観点から、農業経営者のみならず、農業に従事する者にも加入資格を認めることとするとともに、農業者からの申し出に基づく任意加入制とすることとしております。
 第三に、財政方式の変更であります。
 加入者数等に左右されにくい安定した年金とするため、年金給付に必要な費用をその時々の現役世代の保険料で賄う賦課方式から、将来の年金給付に必要な原資をあらかじめ積み立てておく積立方式に改めることとしております。
 第四に、農業者老齢年金の支給要件の変更であります。
 農業者老齢年金については、保険料納付済み期間を有する者が原則として六十五歳に達したときに支給することとしております。
 第五に、特例付加年金の創設であります。
 効率的かつ安定的な農業経営を担うべき者として、長期間農業に従事する加入者について、通常の保険料の下限額を下回る額の特例保険料の納付を認めることとします。一方、国庫は、毎年度、農業者年金基金に対し、通常の保険料の下限額と特例保険料の差額を補助し、農業者年金基金は、この国庫から補助された額を積み立て、特例保険料を納付した者に特例付加年金として支給することとしております。
 第六に、制度の変更に伴う経過措置であります。
 財政方式の変更に伴い、受給者等に係る年金給付について適正化措置を講じ、具体的には、受給者について平均九・八%の年金額の引き下げを行うとともに、加入者についていかなる世代においても掛け損防止が図られるよう措置することとします。その上で、現行制度に関する給付の財源を国庫で負担することとしております。
 また、現行制度が継続したとすれば年金の受給資格を得たであろう現行制度の加入者に対し、その者の選択により、年金給付にかえて、納付済み保険料総額の八割に相当する額を特例脱退一時金として支給することとしております。
 以上が、この法律案の提案の理由及び主要な内容であります。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに御可決いただきますようお願い申し上げます。
 以上であります。
#5
○委員長(太田豊秋君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
    ─────────────
#6
○委員長(太田豊秋君) 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。
 農業者年金基金法の一部を改正する法律案の審査のため、参考人の出席を求め、その意見を聴取いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(太田豊秋君) 御異議ないと認めます。
 なお、その日時及び人選等につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(太田豊秋君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト