くにさくロゴ
2000/08/02 第149回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第149回国会 文教委員会 第1号
姉妹サイト
 
2000/08/02 第149回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第149回国会 文教委員会 第1号

#1
第149回国会 文教委員会 第1号
本国会召集日(平成十二年七月二十八日)(金曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 西  博義君
   理事 岩永 峯一君 理事 河村 建夫君
   理事 下村 博文君 理事 渡辺 博道君
   理事 田中  甲君 理事 藤村  修君
   理事 池坊 保子君 理事 都築  譲君
      岩崎 忠夫君    小渕 優子君
      奥山 茂彦君    鈴木 恒夫君
      馳   浩君    林 省之介君
      原田 義昭君    福井  照君
      森岡 正宏君    森山 眞弓君
      柳澤 伯夫君    大石 尚子君
      牧  義夫君    松沢 成文君
      山口  壯君    山谷えり子君
      山元  勉君    石井 郁子君
      山内 惠子君    山本 幸三君
      松浪健四郎君
平成十二年八月二日(水曜日)
    午後零時十分開議
 出席委員
   委員長 西  博義君
   理事 岩永 峯一君 理事 河村 建夫君
   理事 下村 博文君 理事 渡辺 博道君
   理事 田中  甲君 理事 藤村  修君
   理事 池坊 保子君 理事 都築  譲君
      岩崎 忠夫君    奥山 茂彦君
      鈴木 恒夫君    中本 太衛君
      馳   浩君    林 省之介君
      福井  照君    森岡 正宏君
      森山 眞弓君    柳澤 伯夫君
      大石 尚子君    牧  義夫君
      松沢 成文君    山口  壯君
      山谷えり子君    山元  勉君
      石井 郁子君    山内 惠子君
      谷本 龍哉君    松浪健四郎君
    …………………………………
   文部大臣         大島 理森君
   文部政務次官       鈴木 恒夫君
   文部政務次官       松村 龍二君
   文教委員会専門員     高橋 徳光君
    ―――――――――――――
委員の異動
七月二十八日
 辞任         補欠選任
  山本 幸三君     谷本 龍哉君
八月二日
 辞任         補欠選任
  小渕 優子君     中本 太衛君
同日
 辞任         補欠選任
  中本 太衛君     小渕 優子君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国政調査承認要求に関する件
 文教行政の基本施策に関する件

    午後零時十分開議
     ――――◇―――――
#2
○西委員長 これより会議を開きます。
 国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 文教行政の基本施策に関する事項
 学校教育に関する事項
 社会教育に関する事項
 体育に関する事項
 学術研究及び宗教に関する事項
 国際文化交流に関する事項
 文化財保護に関する事項
以上の各事項につきまして、本会期中、国政に関する調査を行うため、議長に対し、国政調査承認要求を行うこととし、その手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○西委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#4
○西委員長 文教行政の基本施策に関する件について調査を進めます。
 この際、文部大臣から発言を求められておりますので、これを許します。文部大臣大島理森君。
#5
○大島国務大臣 第百四十九回国会におきまして文教各般の問題を御審議いただくに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 間近に迫った二十一世紀に我が国が心の豊かな美しい国家として発展していくためには、国民一人一人の生きがいにつながる教育、学術、文化、スポーツの振興が極めて重要であります。
 とりわけ、教育は我が国の将来を担う子供たちに豊かな人間性と創造性をはぐくんでいく上で最も重要な基盤となるものであり、不断に見直していくことが必要であります。私は、中央教育審議会における教養教育のあり方についての検討や教育改革国民会議における議論も踏まえつつ、広く国民の皆様方の声を十分受けとめながら、二十一世紀にふさわしい教育のあり方を目指して教育改革を推進してまいります。
 特に、最近の少年による凶悪事件や問題行動、いじめなどの問題は、学校、家庭、地域を含む社会全体で真剣に取り組まなければならない緊急の課題であります。このため、ゆとりの中で子供たちに基礎、基本を確実に習得させ、みずから学びみずから考える力などの生きる力を育成することを目指した新しい学習指導要領の円滑な実施を図るとともに、子供たちが多様な体験を通して社会性や豊かな心をはぐくんでいけるよう、今後とも心の教育の充実に取り組んでまいります。また、教職員定数の改善など、教育条件の一層の充実にも努めてまいります。
 高等教育、学術研究の振興は、二十一世紀において我が国が科学技術創造立国の実現を目指し、社会経済を発展させていくための知的基盤であります。このため、学術研究を未来への先行投資と位置づけ、大学を中心とする高等教育、学術研究の振興を図り、創造性に富んだ世界最高水準の教育、学術研究の確保を目指します。また、私学助成予算の充実にも努力してまいります。
 さらに、学校教育も含め、人々が生涯のいつでも自由に学ぶことができ、その成果が適切に評価され、生かすことのできる生涯学習社会を構築するため、各般の施策を推進してまいります。特に、社会が急速に変化する中で、人々が絶えず新しい知識や技能を習得できるよう、ニーズに合った学習機会の充実に努めます。
 同時に、国民一人一人がゆとりと潤いを実感できる、創造的で活力ある社会を形成していくため、我が国古来の伝統文化を継承・発展させるとともに、すぐれた芸術文化の創造を図り、文化を通じた国際交流・協力を推進するなど、文化立国を目指した取り組みをさらに強化してまいります。
 スポーツも、心身の健全な発達に資するとともに、明るく豊かで活力に満ちた社会の形成に寄与するものとして、ますますその重要性が高まっております。このため、学校体育、生涯スポーツ、競技スポーツの各分野にわたり、施設の整備、指導者の養成確保、各種事業の実施などの施策を推進してまいりたいと考えております。
 このほか、IT革命や情報化、国際化など社会の大きな変化に的確に対応した施策の充実に努め、教育の情報化やITのもたらす影の部分への対応、さきの九州・沖縄サミットのG8共同宣言にも盛り込まれた学生、教員、研究者等の国際交流の拡充等も着実に進めてまいる所存であります。
 最後に、文部省は来年一月から文部科学省として新しく出発することになりますが、これが新しい二十一世紀における教育、学術・科学技術、スポーツ、文化行政の一体的な推進、充実につながるよう、新省の円滑な発足に向けた諸準備を引き続き進めてまいります。
 以上のほかにも重要な課題が山積しております。文教行政に対する国民の大きな期待を真摯に受けとめ、全力で取り組んでまいる所存でございますので、委員長を初め委員の諸先生方の御指導、御鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#6
○西委員長 次回は、来る四日金曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十六分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト