くにさくロゴ
2000/07/06 第148回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第148回国会 安全保障委員会 第1号
姉妹サイト
 
2000/07/06 第148回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第148回国会 安全保障委員会 第1号

#1
第148回国会 安全保障委員会 第1号
本委員は平成十二年七月五日(水曜日)議長の指名で、次のとおり選任された。
      麻生 太郎君    嘉数 知賢君
      金子 一義君    金田 英行君
      菅  義偉君    杉山 憲夫君
      高木  毅君    高鳥  修君
      竹本 直一君    中川 昭一君
      中山 利生君    中山 正暉君
      仲村 正治君    額賀福志郎君
      浜田 靖一君    宮下 創平君
      谷津 義男君    山崎  拓君
      吉川 貴盛君    荒井  聰君
      五十嵐文彦君    井上 和雄君
      伊藤 英成君    江崎洋一郎君
      岡田 克也君    加藤 公一君
      桑原  豊君    島   聡君
      田並 胤明君    三村 申吾君
      田端 正広君    冬柴 鐵三君
      塩田  晋君    藤島 正之君
      赤嶺 政賢君    山口 富男君
      今川 正美君    東門美津子君
      北村 誠吾君    松浪健四郎君
七月五日
 岡田克也君が議院において、委員長に選任された。
平成十二年七月六日(木曜日)
    午後零時四十分開議
 出席委員
   委員長 岡田 克也君
   理事 嘉数 知賢君 理事 金田 英行君
   理事 浜田 靖一君 理事 吉川 貴盛君
   理事 島   聡君 理事 田並 胤明君
   理事 田端 正広君 理事 藤島 正之君
      麻生 太郎君    金子 一義君
      菅  義偉君    杉山 憲夫君
      高木  毅君    竹本 直一君
      中山 正暉君    仲村 正治君
      西川 公也君    額賀福志郎君
      谷津 義男君    荒井  聰君
      五十嵐文彦君    井上 和雄君
      伊藤 英成君    江崎洋一郎君
      加藤 公一君    桑原  豊君
      三村 申吾君    冬柴 鐵三君
      塩田  晋君    赤嶺 政賢君
      山口 富男君    今川 正美君
      東門美津子君    北村 誠吾君
      松浪健四郎君
    …………………………………
   外務大臣         河野 洋平君
   国務大臣
   (防衛庁長官)      虎島 和夫君
   防衛政務次官       仲村 正治君
   防衛政務次官       鈴木 正孝君
   外務政務次官       荒木 清寛君
   外務政務次官       浅野 勝人君
   安全保障委員会専門員   田中 達郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
七月五日
 辞任         補欠選任
  中川 昭一君     西川 公也君
    ―――――――――――――
七月六日
      嘉数 知賢君    金田 英行君
      浜田 靖一君    吉川 貴盛君
      島   聡君    田並 胤明君
      田端 正広君    藤島 正之君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 閉会中審査に関する件


    午後零時四十分開議
     ――――◇―――――
#2
○岡田委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび安全保障委員長に就任いたしました岡田克也でございます。まことに光栄に存じますとともに、その職責の重大さを痛切に感じている次第であります。
 今日の国際情勢のもと、我が国の平和と安全を確保するため、当委員会に課せられた使命は重大であります。
 ここに、委員各位の御支援、御協力を賜りまして、円満かつ公正なる委員会運営に努めてまいる所存でございます。
 何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○岡田委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は、議院運営委員会の決定の基準のとおり八名とし、その選任につきましては、先例により、委員長において指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○岡田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に
      嘉数 知賢君    金田 英行君
      浜田 靖一君    吉川 貴盛君
      島   聡君    田並 胤明君
      田端 正広君 及び 藤島 正之君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○岡田委員長 閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 国の安全保障に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○岡田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、その派遣地、期間、派遣委員の人選等所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○岡田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査におきまして、委員会に参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その人選、出席日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○岡田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#9
○岡田委員長 この際、新たに就任されました国務大臣及び政務次官より、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。虎島防衛庁長官。
#10
○虎島国務大臣 このたび防衛庁長官を拝命いたしました虎島和夫でございます。防衛庁が取り組まねばならない課題の重要性が飛躍的に増大しているこの時期に防衛庁長官に任じられ、身の引き締まる思いであります。有事法制の整備や次期中期防の策定に係る検討、さらには在日米軍駐留経費負担や沖縄に所在する在日米軍施設・区域の整理、統合、縮小など山積する諸課題に精力的に取り組んでまいります。
 さて、今般のC1型機及びT4型機の墜落事故は、隊員やその家族にとって大変に残念なことであり、また基地周辺の皆様にも多大の影響を与えるものであり、防衛庁長官として大変重く受けとめております。現在、捜索救助活動を継続するとともに、事故原因の究明に努めておりますが、航空自衛隊として、昨年来五件の航空大事故が発生したことを深刻に受けとめ、七月四日から七日までの間、捜索活動及び任務飛行を除き、航空機全機の飛行を停止することとし、考え得る限りの安全確保のための施策を徹底的に実施しているところであります。
 こうした中、私は、両政務次官ともども、全身全霊をもって職務遂行に邁進する決意であります。委員各位におかれましても、今後とも変わらぬ御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、私のあいさつとさせていただきます。(拍手)
#11
○岡田委員長 次に、河野外務大臣。
#12
○河野国務大臣 第二次森内閣の外務大臣に就任をいたしました。岡田委員長を初め委員各位に謹んでごあいさつを申し上げます。
 私は、我が国の安全保障政策遂行の任に当たる者の一人として、その使命を全うすべく今後とも全力を傾注する所存でございます。
 今週末より九州・沖縄サミットが開幕いたします。二十一世紀がよりすばらしい時代になるとの希望をすべての人々が抱けるよう、明確なメッセージを発出したいと考えており、私も外相会合の議長としてサミットの成功に向けて最後まで全力を尽くすことをまず申し上げたいと存じます。
 二十一世紀を間近に控えながら、国際社会には依然として未解決の問題や不安定な状況が存在しております。そのような中、我が国の安全を確保していくためには、日米安保体制を堅持し、適切な防衛力を整備するとともに、国際の平和と安定を確保するための外交努力を積極的に行っていくことが必要であります。
 このうち、日米安保体制に関しては、今後とも各種の施策を通じその信頼性の向上に努めてまいります。また、沖縄の方々の御負担の軽減のために、米軍施設・区域の整理、統合、縮小を進める上で、普天間飛行場の移設、返還問題の早期解決を含めた沖縄に関する特別行動委員会最終報告の着実な実施に向け一層努力してまいります。
 先月、韓国と北朝鮮の首脳が直接会談し、南北共同宣言が署名されたことは画期的なことであり、我が国政府としてもこれを歓迎するものであります。この成果を基礎に南北間の対話が継続、進展し、朝鮮半島の緊張が緩和することを強く期待しております。政府としては、引き続き韓米両国との緊密な連携のもと、日朝国交正常化交渉に粘り強く取り組んでまいる考えでございます。
 また、アジア太平洋地域の安全保障環境の向上のため、今月末に閣僚会合が開催されるASEAN地域フォーラムなどの場を通じて、域内諸国の信頼醸成を促進するなどの努力にも引き続き積極的に取り組んでまいります。
 さらに、我が国は、核兵器のない世界の一日も早い実現を目指し現実的な措置を着実に積み重ねることが重要との考えのもと、包括的核実験禁止条約の早期発効、カットオフ条約交渉の即時開始への取り組みなど、NPT体制の維持、強化のための外交努力を今後とも重ねていく考えであります。
 これら諸課題に取り組むに当たり、多年にわたって安全保障問題に取り組んでこられた岡田委員長を初め本委員会の皆様の御指導と御鞭撻を引き続き賜りたく、外務大臣としての重責を十分果たせますよう皆様の御協力をお願い申し上げます。(拍手)
#13
○岡田委員長 次に、仲村防衛政務次官。
#14
○仲村政務次官 このたび防衛総括政務次官を拝命いたしました仲村正治でございます。総括政務次官として我が国の平和と独立を守るという任務を担う機会をいただいたことを光栄に思うとともに、責任の重大さを痛感しております。
 第二次森内閣の一員たる防衛総括政務次官として任命していただいたことを深く認識し、鈴木政務次官とともに虎島長官を補佐し、責務を全うしてまいる所存であります。
 岡田委員長を初め皆様の御指導と御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
#15
○岡田委員長 次に、鈴木防衛政務次官。
#16
○鈴木政務次官 このたび防衛政務次官を拝命いたしました鈴木正孝でございます。防衛政務次官として我が国の防衛に携わる機会をいただきましたことを光栄に思うとともに、その使命と責任の重さを痛感している次第でございます。
 防衛庁が取り組まなければならない課題が山積する中、私は、これまでの経験を生かし、仲村総括政務次官ともども虎島長官を補佐し、防衛政策の推進に全力を尽くしてまいる決意でございます。
 岡田委員長を初め委員各位より御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)
#17
○岡田委員長 次に、荒木外務政務次官。
#18
○荒木政務次官 このたび外務総括政務次官に就任いたしました荒木でございます。岡田委員長を初め委員各位に謹んでごあいさつ申し上げます。
 今週末に開幕する九州・沖縄サミットは、本年の我が国外交の最重要課題の一つであります。就任早々ではありますが、私も議長国の外務総括政務次官として、このサミットの成功に向け全力を尽くしてまいります。
 我が国を取り巻く安全保障環境を見渡すと、先月の南北首脳会談の開催などの好ましい動きも見られる一方、依然として不確実な要素が残されています。そのような中、我が国の安全を確保していくためには、日米安保体制を堅持し、その一層円滑で効果的な運用に努めていくとともに、適切な防衛力の整備を行っていくことが重要であると考えます。
 また、国際の平和と安定を確保するための外交努力を積極的に行っていくことが必要です。このような観点から、アジア太平洋地域の安定に向けた二国間ないし関係国間の対話と協力、軍備管理、軍縮及び不拡散体制の強化、紛争予防や平和維持活動への取り組み等に引き続き積極的に取り組んでいく考えです。
 これら我が国の外交、安全保障上の課題に取り組むに当たり、私は、河野外務大臣を補佐し、外務総括政務次官としての職責を全うするため、全身全霊を注いでいく決意でございます。
 岡田委員長を初め委員各位の皆様の御指導、御鞭撻をお願い申し上げまして、あいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。(拍手)
#19
○岡田委員長 次に、浅野外務政務次官。
#20
○浅野政務次官 このたび外務政務次官に就任いたしました浅野でございます。岡田委員長を初め委員各位に謹んでごあいさつ申し上げさせていただきます。
 国際社会には依然として不安定、不透明な要素も多く、このような中、日米安保体制を堅持し、適切な防衛力を整備するとともに、国際の平和と安定を確保するための外交努力を行っていくことが安全保障政策の基本と考えます。
 我が国を取り巻く安全保障環境を見ますと、朝鮮半島をめぐる情勢は引き続き重要な課題であります。先月の南北首脳会談は画期的な出来事であり、今後この成果を基礎に朝鮮半島の緊張が緩和していくことを強く期待しています。我が国としても、米韓との緊密な連携のもと、日朝国交正常化交渉に粘り強く取り組んでまいります。
 また、北東アジア全体の安全保障環境の向上のため、二国間及びASEAN地域フォーラムなどの多国間の対話を通じて域内諸国間の信頼醸成を促進していくことも重要と考えており、今後ともこのような努力を継続してまいります。
 これらを含む外交、安全保障問題に取り組むに当たり、私は、河野外務大臣を補佐し、外務政務次官としての職務を全うするため、全力を尽くす所存でございます。
 何とぞ、岡田委員長を初め委員各位の皆様方の御指導を賜りますようよろしくお願い申し上げ、就任のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
#21
○岡田委員長 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時五十三分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト