くにさくロゴ
2000/07/06 第148回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第148回国会 農林水産委員会 第1号
姉妹サイト
 
2000/07/06 第148回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第148回国会 農林水産委員会 第1号

#1
第148回国会 農林水産委員会 第1号
本委員は平成十二年七月五日(水曜日)議長の指名で、次のとおり選任された。
      逢沢 一郎君    麻生 太郎君
      石破  茂君    今村 雅弘君
      金田 英行君    岸本 光造君
      北村 直人君    熊谷 市雄君
      小島 敏男君   田野瀬良太郎君
      西川 公也君    浜田 靖一君
      二田 孝治君    保利 耕輔君
      松岡 利勝君    松下 忠洋君
      宮路 和明君    村岡 兼造君
      森山 眞弓君    安住  淳君
      佐藤謙一郎君    筒井 信隆君
      手塚 仁雄君    中津川博郷君
      中村 哲治君    永田 寿康君
      長妻  昭君    長浜 博行君
      楢崎 欣弥君    鉢呂 吉雄君
      漆原 良夫君    丸谷 佳織君
      一川 保夫君    高橋 嘉信君
      中林よし子君    松本 善明君
      菅野 哲雄君    山口わか子君
      金子 恭之君    上川 陽子君
七月五日
 宮路和明君が議院において、委員長に選任された。
平成十二年七月六日(木曜日)
    午前十一時五十一分開議
 出席委員
   委員長 宮路 和明君
   理事 岸本 光造君 理事 西川 公也君
   理事 二田 孝治君 理事 松下 忠洋君
   理事 安住  淳君 理事 鉢呂 吉雄君
   理事 丸谷 佳織君 理事 一川 保夫君
      逢沢 一郎君    麻生 太郎君
      石破  茂君    今村 雅弘君
      金田 英行君    北村 直人君
      熊谷 市雄君   田野瀬良太郎君
      浜田 靖一君    保利 耕輔君
      松岡 利勝君    村岡 兼造君
      森山 眞弓君    佐藤謙一郎君
      筒井 信隆君    手塚 仁雄君
      中津川博郷君    中村 哲治君
      永田 寿康君    長妻  昭君
      長浜 博行君    楢崎 欣弥君
      漆原 良夫君    高橋 嘉信君
      中林よし子君    松本 善明君
      菅野 哲雄君    山口わか子君
      金子 恭之君    上川 陽子君
    …………………………………
   農林水産大臣       谷  洋一君
   農林水産政務次官     石破  茂君
   農林水産政務次官     三浦 一水君
   農林水産委員会専門員   外山 文雄君
    ―――――――――――――
委員の異動
七月六日
 辞任
  麻生 太郎君
同日
            補欠選任
             藤波 孝生君
    ―――――――――――――
七月六日
      岸本 光造君    西川 公也君
      二田 孝治君    松下 忠洋君
      安住  淳君    鉢呂 吉雄君
      丸谷 佳織君    一川 保夫君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 閉会中審査に関する件


    午前十一時五十一分開議
     ――――◇―――――
#2
○宮路委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、農林水産委員長の重責を担うことになりました宮路和明でございます。
 御承知のとおり、農林水産業は、食料の安定供給の確保のほか、国土・自然環境の保全など、各般にわたり大変重要な役割を担っておりますが、今日、我が国の農林水産業を取り巻く内外の諸情勢は極めて厳しいものがございます。
 このような状況の中で、農林水産業発展のため、本委員会に課せられた使命はまことに重大であると痛感いたしております。
 甚だ微力ではございますが、委員各位の御協力と御鞭撻を賜りまして、公正かつ円滑な委員会の運営に努めてまいる所存でございます。
 何とぞよろしくお願いを申し上げます。ありがとうございました。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○宮路委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は、議院運営委員会決定の基準に従いまして八名とし、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○宮路委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は
      岸本 光造君    西川 公也君
      二田 孝治君    松下 忠洋君
      安住  淳君    鉢呂 吉雄君
      丸谷 佳織君    一川 保夫君
をそれぞれ理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○宮路委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 農林水産業の振興に関する件
 農林水産物に関する件
 農林水産業団体に関する件
 農林水産金融に関する件
 農林漁業災害補償制度に関する件
以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○宮路委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請を行うこととし、派遣の目的、派遣委員、派遣期間、派遣地その他所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○宮路委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中、委員会において、参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合には、その出席を求めることとし、人選及び日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○宮路委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#9
○宮路委員長 この際、谷農林水産大臣、石破農林水産政務次官及び三浦農林水産政務次官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。農林水産大臣谷洋一君。
#10
○谷国務大臣 私、このたび、第二次森内閣発足に当たりまして、農林水産大臣を拝命いたしました谷洋一でございます。
 宮路農林水産委員長を初め委員の各位におかれましては、豊富な経験のもとに積極的な農林水産行政に参画していただき、今後もよろしく御指導、御鞭撻いただきますことをお願い申し上げたいと存じます。
 私ども、今の日本の農業、水産、林業の情勢を考えますと、危機的な状況にあるとも思えるほど厳しい段階ではなかろうかと思っております。特に、食料は何といっても自給率が大事でございますが、これが世界的に見ても非常に低落状況にございますし、また水産業にいたしましても、林業にいたしましても、極めて厳しい状況でございます。
 こういうふうな面を考えますと、経験浅い私でございますし、駄馬にむち打ちまして懸命な努力をしたいと思いますので、どうか委員長さんを初め皆さん方の鼓舞激励をお願いしたいと存じます。
 私は、農業の場合、何といっても、新しい農業基本法を踏まえまして、食料自給率を高めたいという念願は強いわけでございますが、しかしながら現実の問題として、この自給率を引き上げることは至難な問題かもしれません。しかし、これは何としてでも国民皆さんの御理解をいただいて、しかも農家の意欲を燃やしていただく農業にいそしむことによって、この問題を一歩一歩片づけていかなきゃならぬと思っております。農業基本法に示されるとおり、四五%を目標にして、しかも五〇%に近づく努力をすることが大事かと思っております。
 そういうことでございますので、現実に一昨年、昨年以来、大豆とか麦につきましてもっともっと地力をつけることをねんがけたい、こういう考えのもとにやっておる政策をこれからも続け、そしてもっと拡大することに努力したいと思っております。
 水産につきましては、かつては世界の海を制覇した日本とは申しながら、また、たんぱく資源を魚に仰いだという従前の経緯から考えましても、水産の振興は大事でございますけれども、やはり二百海里問題を中心とする考え方からいいまして、今回、水産基本法というのを積極的に取り組んで、次の国会にはこの水産基本法を出して、委員の皆さん方の審議をいただきたいと思っております。
 林業は、まさに資産価値を失ったと山林所有者の方々がおっしゃるほど、低迷を続けておった林業がまさに没落の寸前であろうかと思っております。
 私、山村に住む一人として本当に嘆かわしいと思っておりますけれども、しかし、日本においても世界においても、今ほど緑に対する考え方が強いということを意識しなきゃならぬと思うんです。大気の浄化、水資源の涵養、そういう国土の保全等々の大きな使命を帯びておる山林行政でございますから、これにつきましてももっと十分議論を尽くして、林業基本法をつくることに専念しなきゃならぬと思っております。
 以上、簡単に申し上げましたけれども、その一つ一つはなかなか難しい至難な問題もたくさんありますけれども、これを乗り越えていかなければ、我が国の第一次産業は閉塞するということになろうかと思います。そういう意味において、我々は、うまずたゆまず全力を挙げてこの農林水産業の振興に努力することが国民のためであり、また我が国のためであると思いまして、今後最大の努力をしたいと思っております。
 皆さん方におかれましては、鼓舞激励をいただき、叱咤激励を賜りますことをお願い申し上げまして、簡単なごあいさつを終わらせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
#11
○宮路委員長 農林水産政務次官石破茂君。
#12
○石破政務次官 このたび農林水産総括政務次官を拝命いたしました石破茂でございます。
 谷大臣を補佐し、三浦政務次官ともども農林水産行政、特に、国民の皆様方、納税者の皆様方に納得をしていただけます農林水産行政の推進に向けまして微力を尽くしてまいりたいと思います。
 委員長初め委員の諸先生方の御指導、御鞭撻を賜りますよう、心からお願いを申し上げまして、一言ごあいさつといたします。(拍手)
#13
○宮路委員長 農林水産政務次官三浦一水君。
#14
○三浦政務次官 このたび農林水産政務次官を拝命いたしました参議院議員の三浦一水でございます。
 谷大臣を石破総括政務次官ともどもに補佐し、農林水産行政の遂行に全力を投じてまいりたい所存でございます。
 宮路委員長初め各先生方の御指導をよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。(拍手)
#15
○宮路委員長 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時二分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト