くにさくロゴ
2000/07/06 第148回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第148回国会 地方行政委員会 第1号
姉妹サイト
 
2000/07/06 第148回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第148回国会 地方行政委員会 第1号

#1
第148回国会 地方行政委員会 第1号
本委員は平成十二年七月五日(水曜日)議長の指名で、次のとおり選任された。
      相沢 英之君    荒井 広幸君
      栗原 博久君    小西  哲君
      後藤田正純君    園田 博之君
     田野瀬良太郎君    滝   実君
      橘 康太郎君    谷田 武彦君
      中谷  元君    増田 敏男君
      松島みどり君    山本 公一君
      山本 有二君    江崎洋一郎君
      河村たかし君    桑原  豊君
      中川 正春君    中沢 健次君
      松崎 公昭君    松本  龍君
      桝屋 敬悟君    丸谷 佳織君
      黄川田 徹君    菅原喜重郎君
      穀田 恵二君    春名 直章君
      重野 安正君    宇田川芳雄君
七月五日
 増田敏男君が議院において、委員長に選任された。
平成十二年七月六日(木曜日)
    正午開議
 出席委員
   委員長 増田 敏男君
   理事 栗原 博久君 理事 田野瀬良太郎君
   理事 滝   実君 理事 山本 公一君
   理事 中川 正春君 理事 中沢 健次君
   理事 桝屋 敬悟君 理事 菅原喜重郎君
      相沢 英之君    荒井 広幸君
      小西  哲君    園田 博之君
      橘 康太郎君    谷田 武彦君
      中谷  元君    菱田 嘉明君
      松島みどり君    山本 有二君
      江崎洋一郎君    枝野 幸男君
      河村たかし君    桑原  豊君
      松崎 公昭君    丸谷 佳織君
      黄川田 徹君    穀田 恵二君
      春名 直章君    重野 安正君
      宇田川芳雄君
    …………………………………
   自治大臣
   国務大臣
   (国家公安委員会委員長) 西田  司君
   自治政務次官       中谷  元君
   自治政務次官       荒井 広幸君
   地方行政委員会専門員   蓼沼 朗寿君
    ―――――――――――――
委員の異動
七月五日
 辞任         補欠選任
  後藤田正純君     菱田 嘉明君
同月六日
 辞任         補欠選任
  松本  龍君     枝野 幸男君
同日
 辞任         補欠選任
  枝野 幸男君     松本  龍君
    ―――――――――――――
七月六日
      栗原 博久君   田野瀬良太郎君
      滝   実君    山本 公一君
      中川 正春君    中沢 健次君
      桝屋 敬悟君    菅原喜重郎君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 閉会中審査に関する件

    正午開議
     ――――◇―――――
#2
○増田委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、地方行政委員長の重責を担うことになりました増田敏男でございます。
 本委員会は、地方自治の発展と地方財政の充実を推進し、また警察及び消防の健全な運営を図るため、極めて重要な任務を果たす委員会であり、その委員長たる職責はまことに重大であると痛感いたしております。
 甚だ微力ではありますが、委員各位の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営を図ってまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○増田委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は、議院運営委員会の決定の基準に従いましてその数を八名とし、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○増田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に
      栗原 博久君   田野瀬良太郎君
      滝   実君    山本 公一君
      中川 正春君    中沢 健次君
      桝屋 敬悟君    菅原喜重郎君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○増田委員長 この際、西田自治大臣兼国家公安委員会委員長、中谷自治政務次官及び荒井自治政務次官から発言を求められておりますので、順次これを許します。西田国務大臣。
#6
○西田国務大臣 このたび、自治大臣・国家公安委員会委員長を拝命いたしました西田司であります。
 地方行政委員会の委員長、理事ほか委員各位におかれましては、かねてから、地方自治行政並びに警察行政の推進に格段の御尽力をいただき、厚く御礼を申し上げます。
 当委員会では、地方自治の諸課題の解決のため御尽力を賜っておりますが、新世紀に向かい、地方行財政はさまざまな課題に直面いたしております。
 このような中、本年四月には、これまでの取り組みの成果である地方分権一括法が施行され、地方分権がいよいよその歩みを始めることとなりました。
 一方、地方財政は、引き続き大幅な財源不足の状況にあるなど、極めて厳しい状況にあります。このような地方財政の立て直しのためにも、引き続き経済新生に向け全力で取り組むとともに、中長期的な財政構造改革の必要性等を踏まえつつ、今後とも、地方税財源の充実確保の方途について検討を進め、地方の財政基盤の充実強化を図ってまいります。特に、外形標準課税については、早期に実現できるよう努力してまいります。
 また、有珠山、三宅島の火山活動災害など、各地で住民の安全を脅かす災害、事故が発生しており、国民の生命、身体及び財産を守るため、災害に強い安全な町づくりを推進するとともに、消防防災の広域的な緊急援助体制の強化など、総合的な消防防災体制の整備を図ってまいります。
 次に、警察行政についてでありますが、昨年来の一連の不祥事案によって失われた国民の警察に対する信頼回復が急務であり、警察刷新は現内閣の重要課題の一つであります。
 現在、警察刷新会議において、今後の警察のあり方についてさまざまな観点から議論が進められ、その提言が近々取りまとめられると承知しており、関係各方面の御意見も十分伺いながら、この問題に全力で取り組んでまいります。
 また、目前に迫った九州・沖縄サミット警備につきましては、全国警察が一丸となって取り組み、その成功に向けて万全を期してまいります。
 このほか、深刻化する少年非行への対策、サイバーテロやハイテク犯罪等の新たな犯罪への対策や薬物犯罪を初めとする国際組織犯罪対策、増加傾向にある交通事故防止対策等、国民が真に解決を望む事件、事故に適切に対処し、国民が安心して安全に暮らせる社会実現のため力を尽くしてまいります。
 私は、今後とも、これら地方行財政の諸問題の解決と治安の維持のため最大限の努力を傾注してまいる所存でありますので、委員各位の格別の御指導、御鞭撻を心よりお願い申し上げます。
 以上、まことに簡単ではございますが、私のごあいさつといたします。(拍手)
#7
○増田委員長 次に、中谷自治政務次官。
#8
○中谷政務次官 自治総括政務次官を命ぜられました中谷元でございます。
 今日、地方行財政をめぐる問題につきましては、多くの課題が山積をいたしております。西田大臣、荒井政務次官と力を合わせまして、諸問題の解決に全力を挙げる所存でございますので、委員の皆様方の御助言、御指導を賜りますようによろしくお願い申し上げます。(拍手)
#9
○増田委員長 次に、荒井自治政務次官。
#10
○荒井政務次官 自治政務次官に命ぜられました荒井広幸でございます。
 西田大臣のもと、中谷政務次官、皆さんと力を合わせまして、一生懸命努力をさせていただきたいと思います。
 委員長、そして理事、委員各位の先生方の御指導をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#11
○増田委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 地方自治に関する件
 地方財政に関する件
 警察に関する件
及び
 消防に関する件
以上各件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○増田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中、参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その人選及び出席日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○増田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣の目的その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○増田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十一分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト