くにさくロゴ
2000/07/06 第148回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第148回国会 内閣委員会 第1号
姉妹サイト
 
2000/07/06 第148回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第148回国会 内閣委員会 第1号

#1
第148回国会 内閣委員会 第1号
本委員は平成十二年七月五日(水曜日)議長の指名で、次のとおり選任された。
      岩倉 博文君    大野 松茂君
      熊谷 市雄君    佐藤 静雄君
      阪上 善秀君    自見庄三郎君
      谷川 和穗君    谷田 武彦君
      近岡理一郎君    額賀福志郎君
      根本  匠君    平沢 勝栄君
      二田 孝治君    持永 和見君
      森  英介君    荒井  聰君
      五十嵐文彦君    井上 和雄君
      佐々木秀典君    中田  宏君
      堀込 征雄君    山元  勉君
      赤松 正雄君    白保 台一君
      塩田  晋君    松本 善明君
      植田 至紀君    北村 誠吾君
      粟屋 敏信君    徳田 虎雄君
七月五日
 佐藤静雄君が議院において、委員長に選任された。
平成十二年七月六日(木曜日)
    午後一時十分開議
 出席委員
   委員長 佐藤 静雄君
   理事 大野 松茂君 理事 阪上 善秀君
   理事 平沢 勝栄君 理事 持永 和見君
   理事 佐々木秀典君 理事 山元  勉君
   理事 赤松 正雄君 理事 塩田  晋君
      岩倉 博文君    岡下 信子君
      熊谷 市雄君    自見庄三郎君
      谷川 和穗君    谷田 武彦君
      近岡理一郎君    根本  匠君
      二田 孝治君    五十嵐文彦君
      井上 和雄君    中田  宏君
      堀込 征雄君    白保 台一君
      松本 善明君    植田 至紀君
      北村 誠吾君    粟屋 敏信君
      徳田 虎雄君
    …………………………………
   国務大臣
   (内閣官房長官)     中川 秀直君
   国務大臣
   (総務庁長官)      続  訓弘君
   国務大臣
   (北海道開発庁長官)   森田  一君
   内閣官房副長官      安倍 晋三君
   内閣官房副長官      上野 公成君
   総理府政務次官      中原  爽君
   総務政務次官       海老原義彦君
   北海道開発政務次官    橋本 聖子君
   沖縄開発政務次官     白保 台一君
   内閣委員会専門員     新倉 紀一君
    ―――――――――――――
委員の異動
七月五日
 辞任         補欠選任
  額賀福志郎君     岡下 信子君
    ―――――――――――――
七月六日
      大野 松茂君    阪上 善秀君
      平沢 勝栄君    持永 和見君
      佐々木秀典君    山元  勉君
      赤松 正雄君    塩田  晋君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 閉会中審査に関する件

    午後一時十分開議
     ――――◇―――――
#2
○佐藤委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび内閣委員長に選任されました佐藤静雄でございます。
 御承知のとおり、当委員会は、行政機構、恩給あるいは公務員制度等、国の基本にかかわる重要な諸問題を所管しており、国民の関心、期待も高く、私もその職責の重要性に身の引き締まる思いがいたしております。
 今後の委員会運営につきましては、委員各位の御支援、御協力を賜りまして、公正かつ円満な運営に努め、この重責を全ういたしたいと考えております。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○佐藤委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は、議院運営委員会の決定の基準のとおり八名とし、先例により、委員長において指名するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○佐藤委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は
      大野 松茂君    阪上 善秀君
      平沢 勝栄君    持永 和見君
      佐々木秀典君    山元  勉君
      赤松 正雄君    塩田  晋君
を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○佐藤委員長 この際、新たに就任されました国務大臣及び政務次官の方々から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。中川内閣官房長官。
#6
○中川国務大臣 このたび第二次森内閣の発足に伴いまして内閣官房長官を拝命することになりました中川秀直でございます。
 私は、各大臣と緊密な連携を図りつつ、総理を補佐し、みずからに課せられた職責を果たすべく、全力を傾注してまいる所存でありますので、佐藤委員長を初め当内閣委員会の理事、委員各位の御指導、御鞭撻を心よりお願いを申し上げます。
 どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#7
○佐藤委員長 次に、続総務庁長官。
#8
○続国務大臣 まず、このたびの総選挙でめでたく御当選されましたことに対しまして、衷心よりお喜び申し上げます。おめでとうございました。
 さて、引き続き総務庁長官及び行政改革担当大臣を拝命いたしました続訓弘でございます。
 当面の重要課題について所信の一端を申し上げます。
 まず、中央省庁等改革につきましては、二〇〇一年一月の新体制への円滑な移行に向け、万全の準備を進めてまいります。また、中央省庁等改革と密接不可分な情報公開、政策評価、公務員制度改革、定員削減、電子政府、規制改革、地方分権等、推進すべき課題に積極的に取り組んでまいります。
 佐藤委員長を初め理事、委員の皆様方の格段の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げ、私のごあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました。(拍手)
#9
○佐藤委員長 次に、森田北海道開発庁長官。
#10
○森田国務大臣 このたび北海道開発庁長官を拝命いたしました森田一でございます。
 北海道はゆとりのある国土空間を有し、また雄大な自然環境など、恵まれた観光資源を持つ可能性のあふれる地域ではございますが、他の地域と比べて開発の歴史が浅いがゆえに経済社会の発展基盤がまだ不十分であり、今後とも、おくれている社会資本の整備とこれを活用した総合的な開発が必要でございます。
 そして、特に、本年三月三十一日の有珠山の噴火の影響が北海道全体へ広がるなど、北海道を取り巻く環境はかなり厳しいものがあり、早急に対策を練る必要があると考えております。
 私といたしましては、このような北海道の開発に全力を挙げて取り組んでまいりたいと考えておりますので、佐藤委員長を初め委員の先生方の御理解と御指導を心からよろしくお願い申し上げます。
 どうかよろしくお願いいたします。(拍手)
#11
○佐藤委員長 次に、安倍内閣官房副長官。
#12
○安倍内閣官房副長官 このたび内閣官房副長官を命ぜられました安倍晋三でございます。
 佐藤委員長を初め諸先生の御指導、御鞭撻を賜りながら、中川長官を補佐していきたいと存じますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#13
○佐藤委員長 次に、上野内閣官房副長官。
#14
○上野内閣官房副長官 このたび内閣官房副長官を命ぜられました上野公成でございます。
 佐藤委員長を初め諸先生方の御指導、御鞭撻を賜りながら、安倍副長官とともに中川官房長官を補佐してまいりたいと存じますので、どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#15
○佐藤委員長 次に、中原総理府政務次官。
#16
○中原政務次官 このたび第二次森内閣の発足に伴いまして総理府総括政務次官を務めさせていただくことになりました中原爽でございます。
 国会活性化の流れの中で新たな役割を担うこととなりました政務次官としての重責を果たすべく、全力を傾注してまいる所存でございます。
 佐藤委員長を初め理事、委員各位の格別の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げます。(拍手)
#17
○佐藤委員長 次に、海老原総務政務次官。
#18
○海老原政務次官 このたび総務総括政務次官を拝命いたしました海老原義彦でございます。
 続長官を補佐し、全力を尽くしてまいりたいと思っております。
 佐藤委員長を初め理事、委員の皆様方の格段の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げます。(拍手)
#19
○佐藤委員長 橋本北海道開発政務次官。
#20
○橋本政務次官 このたび北海道開発総括政務次官を拝命いたしました橋本聖子でございます。
 森田大臣のもと、北海道で生まれ育ちました私の知見や経験を生かして、有珠山対策など多くの課題を抱えている北海道開発行政の推進に全力を尽くしてまいる所存でございます。
 佐藤委員長を初め委員の諸先生方の御指導、御鞭撻を心よりお願いを申し上げまして、ごあいさつにかえさせていただきます。
 ありがとうございます。(拍手)
     ――――◇―――――
#21
○佐藤委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 行政機構並びにその運営に関する件
 恩給及び法制一般に関する件
 公務員の制度及び給与に関する件
及び
 栄典に関する件
以上の各件につきまして、議長に対して閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○佐藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中、委員会において、参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その人選及び出席日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○佐藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請を行うこととし、派遣の目的、派遣委員、派遣期間、派遣地その他所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#24
○佐藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時二十分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト