くにさくロゴ
2000/01/27 第147回国会 参議院 参議院会議録情報 第147回国会 議院運営委員会 第2号
姉妹サイト
 
2000/01/27 第147回国会 参議院

参議院会議録情報 第147回国会 議院運営委員会 第2号

#1
第147回国会 議院運営委員会 第2号
平成十二年一月二十七日(木曜日)
   午前十一時五十七分開会
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         西田 吉宏君
    理 事
                阿部 正俊君
                上野 公成君
                常田 享詳君
                山下 栄一君
                月原 茂皓君
    委 員
                加藤 紀文君
                中川 義雄君
                仲道 俊哉君
                森下 博之君
                森田 次夫君
                森山  裕君
                山下 善彦君
                沢 たまき君
        ─────
       議長       斎藤 十朗君
       副議長      菅野 久光君
        ─────
   事務局側
       事務総長     堀川 久士君
       事務次長     貝田 泰雄君
       議事部長     石堂 武昭君
       委員部長     川村 良典君
       記録部長     山口 俊史君
       警務部長     阿部 隆洋君
       庶務部長     和田  征君
       管理部長     姫井 紀雄君
       国際部長     中村 雄二君
   裁判官弾劾裁判所事務局側
       事務局長     藤田 教稔君
   裁判官訴追委員会事務局側
       事務局長     濱井 一夫君
   国立国会図書館側
       館長       戸張 正雄君
       総務部長     宇治郷 毅君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○参議院、国立国会図書館、裁判官弾劾裁判所及
 び裁判官訴追委員会の平成十二年度予定経費要
 求に関する件

    ─────────────
#2
○委員長(西田吉宏君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 先ほどの理事会におきまして、民主党・新緑風会、日本共産党、社会民主党・護憲連合の三会派の出席を要請いたしましたが、お受けいただけませんでした。状況はその後変化がございませんので、やむを得ず、設定をいたしておりますので、委員会を開会いたしますことを御了承いただきたいと思います。
 参議院、国立国会図書館、裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の平成十二年度予定経費要求に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#3
○事務総長(堀川久士君) 御説明申し上げます。
 まず、本院の平成十二年度予定経費要求についてでございます。
 要求額は四百三十二億七千七百万円余でございまして、前年度と比較して一億六千二百万円余の増額となっております。
 内訳の第一は、国会の運営に必要な経費、すなわち、人件費及び事務費等でございまして、要求額は四百三億一千九百万円余でございます。前年度に比較し十三億百万円余の増額となっておりますが、これは、主として人件費所要額の増額のほか、国家基本政策委員会、憲法調査会の設置に必要な経費、子ども国会の実施に必要な経費、議会開設百十年記念行事に必要な経費、第二別館増築棟の完成に伴い必要な経費等の計上によるものでございます。
 内訳の第二は、本院施設整備に必要な経費でございまして、要求額は二十九億五千三百万円余でございます。前年度に比較し十一億三千八百万円余の減額となっておりますが、これは、主として平成十一年度第二次補正予算で十六億三千三百万円余が補正計上されたことによるものでございます。この中には、第二別館増築に伴う既存施設改修、本館その他庁舎の整備等に要する経費がございます。
 内訳の第三は、国会予備金に必要な経費でございまして、要求額は前年度同額の五百万円でございます。
 次に、国立国会図書館の平成十二年度予定経費要求について御説明申し上げます。
 要求額は二百八十六億三千八百万円余でございまして、前年度と比較して四千二百万円余の減額となっております。
 内訳の第一は、国立国会図書館の管理運営に必要な経費、すなわち、人件費及び事務費等でございまして、要求額は百五十八億七千六百万円余でございます。前年度に比較し八億三千三百万円余の増額となっておりますが、これは、主として平成十二年度に開館いたします国際子ども図書館の運営経費、電子出版物を納本対象とするための経費、関西館配置資料整備のための経費並びに電子図書館基盤システムの開発経費を計上したことによるものでございます。
 内訳の第二は、科学技術関係資料の収集整備に必要な経費でございまして、要求額は七億一千八百万円余でございます。前年度に比較し五千五百万円余の増額となっております。
 内訳の第三は、国立国会図書館施設整備に必要な経費でございまして、要求額は百二十億四千三百万円余でございます。前年度に比較し九億三千百万円余の減額となっておりますが、これは、主として関西館及び国際子ども図書館の施設整備費を計上しているものの、平成十二年度に計上することを予定していた経費につきまして、平成十一年度第二次補正予算に計上したことによる減額であります。
 次に、裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の平成十二年度予定経費要求について御説明申し上げます。
 要求額は、裁判官弾劾裁判所が一億二千五百万円余、裁判官訴追委員会が一億四千三百万円余でございまして、これらはいずれも人件費及び事務費等でございます。
 以上でございます。よろしくお願い申し上げます。
#4
○委員長(西田吉宏君) 本件につきましては、理事会において審議いたしておりますので、直ちにお諮りいたします。
 ただいまの事務総長説明のとおり、これを了承することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(西田吉宏君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩をいたします。
   午後零時一分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト