くにさくロゴ
2000/03/28 第147回国会 参議院 参議院会議録情報 第147回国会 経済・産業委員会 第7号
姉妹サイト
 
2000/03/28 第147回国会 参議院

参議院会議録情報 第147回国会 経済・産業委員会 第7号

#1
第147回国会 経済・産業委員会 第7号
平成十二年三月二十八日(火曜日)
   午後零時二分開会
    ─────────────
   委員の異動
 三月二十三日
    辞任         補欠選任   
     吉村剛太郎君     加納 時男君
     峰崎 直樹君     足立 良平君
     渡辺 孝男君     続  訓弘君
 三月二十四日
    辞任         補欠選任   
     吉川 春子君     山下 芳生君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         成瀬 守重君
    理 事
                畑   恵君
                円 より子君
                山下 芳生君
                梶原 敬義君
    委 員
                加納 時男君
                倉田 寛之君
                陣内 孝雄君
                須藤良太郎君
                保坂 三蔵君
                真鍋 賢二君
                足立 良平君
                木俣 佳丈君
                藁科 滿治君
                加藤 修一君
                西山登紀子君
                渡辺 秀央君
   国務大臣
       通商産業大臣   深谷 隆司君
   政務次官
       通商産業政務次
       官        細田 博之君
       通商産業政務次
       官        茂木 敏充君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        塩入 武三君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○弁理士法案(内閣提出)



    ─────────────
#2
○委員長(成瀬守重君) ただいまから経済・産業委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨日までに、渡辺孝男君、峰崎直樹君、吉村剛太郎君及び吉川春子君が委員を辞任され、その補欠として続訓弘君、足立良平君、加納時男君及び山下芳生君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(成瀬守重君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(成瀬守重君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に山下芳生君を指名いたします。
    ─────────────
#5
○委員長(成瀬守重君) 弁理士法案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。深谷通商産業大臣。
#6
○国務大臣(深谷隆司君) 弁理士法案につきまして、その提案理由及び要旨を御説明申し上げます。
 情報や知識が大きな付加価値を生み出す知恵の時代を迎え、我が国産業の国際競争力を強化し、中小企業等の活性化を図るためには、創造活動の成果である知的財産を保護することに加え、これを積極的に活用して収益を生み出し、新たな創造活動の源とするための仕組みを構築することが必要であります。
 本法律案は、かかる情勢を踏まえ、知的財産の事業化や取引活動を支援する知的財産専門サービスの重要な担い手である弁理士について、規制改革による競争促進、国民へのサービスの向上の観点から、その業務を規制する弁理士法の全面的な見直しを行うものであります。
 なお、本件につきましては、昨年十二月に工業所有権審議会より弁理士法の改正等に関する答申が提出されており、本法律案はこの答申を踏まえた内容となっております。
 次に、本法律案の要旨を御説明申し上げます。
 第一は、弁理士の業務の見直しであります。具体的には、工業所有権に関する仲裁事件の手続の代理、契約の締結の代理等の業務を弁理士の業務に追加するとともに、弁理士の独占業務を一部縮減し、権利が確定した後の特許料の納付手続等の業務を開放することとしております。
 第二は、弁理士の試験の見直しであります。具体的には、弁理士の業務拡大に対応して試験科目の充実を図るとともに、弁理士の量的拡大を図るため、選択科目の見直し等試験内容の簡素合理化を図り、さらに、一定の資格を有する者に対する試験の一部免除規定を創設することとしております。
 第三は、特許業務法人制度の創設であります。総合的かつ継続的な専門的サービスの提供を図るため、弁理士の事務所の法人化を解禁することとしております。
 第四は、その他弁理士の業務の適正化を図るために、弁理士の職責の明確化、懲戒制度の整備、罰則規定の整備等を行うものであります。
 以上が本法律案の提案理由及びその要旨であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。
#7
○委員長(成瀬守重君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日行うことといたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト