くにさくロゴ
2000/05/12 第147回国会 参議院 参議院会議録情報 第147回国会 財政・金融委員会 第16号
姉妹サイト
 
2000/05/12 第147回国会 参議院

参議院会議録情報 第147回国会 財政・金融委員会 第16号

#1
第147回国会 財政・金融委員会 第16号
平成十二年五月十二日(金曜日)
   午後零時二十二分開会
    ─────────────
   委員の異動
 五月九日
    辞任         補欠選任
     羽田雄一郎君     櫻井  充君
     宮本 岳志君     笠井  亮君
 五月十日
    辞任         補欠選任
     林  芳正君     亀井 郁夫君
     笠井  亮君     筆坂 秀世君
     三重野栄子君     渕上 貞雄君
 五月十一日
    辞任         補欠選任
     伊藤 基隆君     小宮山洋子君
     櫻井  充君     江田 五月君
     筆坂 秀世君     笠井  亮君
     渕上 貞雄君     三重野栄子君
 五月十二日
    辞任         補欠選任
     亀井 郁夫君     林  芳正君
     江田 五月君     櫻井  充君
     小宮山洋子君     伊藤 基隆君
 同日
  委員平田耕一君は議員を辞職した。
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         平田 健二君
    理 事
                岩井 國臣君
                中島 眞人君
                寺崎 昭久君
                海野 義孝君
                池田 幹幸君
    委 員
                河本 英典君
                中島 啓雄君
                林  芳正君
                日出 英輔君
                星野 朋市君
                伊藤 基隆君
                久保  亘君
                櫻井  充君
                浜田卓二郎君
                笠井  亮君
                三重野栄子君
   国務大臣
       大蔵大臣     宮澤 喜一君
       郵政大臣     八代 英太君
   政務次官
       大蔵政務次官   林  芳正君
       郵政政務次官   前田  正君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        吉田 成宣君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○資金運用部資金法等の一部を改正する法律案(
 内閣提出、衆議院送付)
○郵便貯金法等の一部を改正する法律案(内閣提
 出、衆議院送付)

    ─────────────
#2
○委員長(平田健二君) ただいまから財政・金融委員会を開会いたします。
 まず、委員の異動について御報告いたします。
 去る九日、羽田雄一郎君及び宮本岳志君が委員を辞任され、その補欠として櫻井充君及び笠井亮君が選任されました。
 なお、本日、平田耕一君は議員を辞職されました。
    ─────────────
#3
○委員長(平田健二君) 資金運用部資金法等の一部を改正する法律案及び郵便貯金法等の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。
 政府から順次趣旨説明を聴取いたします。宮澤大蔵大臣。
#4
○国務大臣(宮澤喜一君) ただいま議題となりました資金運用部資金法等の一部を改正する法律案につきまして、提案の理由及びその内容を御説明申し上げます。
 政府は、平成十年六月に成立した中央省庁等改革基本法第二十条第二号の規定に基づき財政投融資制度の改革を実施することとし、郵便貯金及び年金積立金の資金運用部への預託を廃止し、資金調達について市場原理にのっとったものとするため、関連する三法、すなわち資金運用部資金法、資金運用部特別会計法及び資金運用部資金及び簡易生命保険の積立金の長期運用に対する特別措置に関する法律について一括して所要の改正を行うこととし、本法律案を提出した次第であります。
 以下、この法律案につきまして御説明申し上げます。
 第一に、郵便貯金及び年金積立金の資金運用部への預託義務を廃止するとともに、資金運用部資金を財政融資資金に改める等の措置を講ずることとしております。
 第二に、資金運用部特別会計を財政融資資金特別会計に改めるとともに、同特別会計の負担において国会の議決を経た金額の範囲内で公債を発行することができることとする等の措置を講ずることとしております。
 その他、郵便貯金資金及び簡保積立金の地方公共団体への貸し付けについて国会の議決を経ることとする等、所要の措置を講ずることとしております。
 以上がこの法律案の提案理由及びその内容であります。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。
#5
○委員長(平田健二君) 八代郵政大臣。
#6
○国務大臣(八代英太君) ただいま議題となりました郵便貯金法等の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 この法律案は、中央省庁等改革基本法第三十三条第二項の規定に基づき、郵便貯金または郵便振替として受け入れた資金の全額を自主運用とするために必要な措置を講じ、また財政投融資制度の改革に伴い、簡易生命保険特別会計の積立金の運用について所要の措置を講じようとするものであります。
 次に、この法律案の概要について申し上げます。
 郵便貯金または郵便振替として受け入れた資金の全額を自主運用とするために必要な措置を講ずることとし、郵便貯金資金の設置及びその運用範囲、運用計画の策定等について定めるとともに、郵便振替資金の設置及びその運用範囲を定めるほか、簡易生命保険特別会計の積立金の運用範囲の見直しを行う等の措置を講ずることとしております。
 なお、この法律の施行期日は平成十三年四月一日といたしております。
 以上がこの法律案の提案理由及び内容の概要であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、速やかに御可決くださいますようお願い申し上げます。
#7
○委員長(平田健二君) 以上で両案の趣旨説明の聴取は終わりました。
 両案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時二十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト