くにさくロゴ
2000/03/21 第147回国会 参議院 参議院会議録情報 第147回国会 総務委員会 第4号
姉妹サイト
 
2000/03/21 第147回国会 参議院

参議院会議録情報 第147回国会 総務委員会 第4号

#1
第147回国会 総務委員会 第4号
平成十二年三月二十一日(火曜日)
   午後一時二分開会
    ─────────────
   委員の異動
 三月十五日
    辞任         補欠選任
     中曽根弘文君     倉田 寛之君
     吉川 春子君     市田 忠義君
 三月十六日
    辞任         補欠選任
     森田 次夫君     中原  爽君
     山下 栄一君     福本 潤一君
     市田 忠義君     吉川 春子君
 三月十七日
    辞任         補欠選任
     倉田 寛之君     中曽根弘文君
     中原  爽君     森田 次夫君
     福本 潤一君     山下 栄一君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         小川 勝也君
    理 事
                海老原義彦君
                国井 正幸君
                鴻池 祥肇君
                広中和歌子君
                泉  信也君
    委 員
                石井 道子君
                森田 次夫君
                菅川 健二君
                千葉 景子君
                堀  利和君
                前川 忠夫君
                木庭健太郎君
                山下 栄一君
                阿部 幸代君
                吉川 春子君
                山本 正和君
   国務大臣
       国務大臣
       (総務庁長官)  続  訓弘君
   政務次官
       総務政務次官   持永 和見君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        石田 祐幸君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事の辞任及び補欠選任の件
○恩給法等の一部を改正する法律案(内閣提出、
 衆議院送付)

    ─────────────
#2
○委員長(小川勝也君) ただいまから総務委員会を開会いたします。
 理事の辞任についてお諮りいたします。
 千葉景子君から、文書をもって、都合により理事を辞任したい旨の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(小川勝也君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 この際、理事の補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(小川勝也君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に広中和歌子君を指名いたします。
    ─────────────
#5
○委員長(小川勝也君) 恩給法等の一部を改正する法律案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。続総務庁長官。
#6
○国務大臣(続訓弘君) ただいま議題となりました恩給法等の一部を改正する法律案について、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 この法律案は、最近の経済情勢等にかんがみ、恩給年額及び各種加算額を増額すること等により、恩給受給者に対する処遇の改善を図ろうとするものであります。
 次に、この法律案の概要について御説明申し上げます。
 この法律案による措置の第一点は、恩給年額の増額であります。
 これは、平成十一年における公務員給与の改定、消費者物価の動向その他の諸事情を総合勘案し、平成十二年四月分から恩給年額を〇・二五%引き上げようとするものであります。ただし、恩給年額の計算の基礎となっている俸給年額が現行で六百十五万七千円以上に係るものについては据え置くことといたしております。
 第二点は、傷病者遺族特別年金及び実在職年六年未満の者に係る普通扶助料の最低保障額の上積みであります。
 これは、低額恩給の改善を図るため、平成十二年四月分から傷病者遺族特別年金については二千円、実在職年六年未満の者に係る普通扶助料の最低保障額については千円のそれぞれ上積みを行おうとするものであります。
 第三点は、遺族加算の年額の増額であります。
 これは、遺族加算の年額について、戦没者遺族等に対する処遇の改善を図るため、平成十二年四月分から、公務関係扶助料に係るものにあっては十四万二千二百円に、傷病者遺族特別年金に係るものにあっては九万三千九百十円にそれぞれ引き上げようとするものであります。
 第四点は、短期在職の旧軍人等の仮定俸給の改善であります。
 これは、六十歳以上の短期在職の旧軍人に給する普通恩給またはその妻子に給する扶助料等について、老齢者、寡婦等の優遇の趣旨により、平成十二年四月分からその年額の計算の基礎となる仮定俸給の格付を一号俸引き上げようとするものであります。
 以上がこの法律案の提案理由及びその内容の概要であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、速やかに御賛同あらんことをお願い申し上げます。
#7
○委員長(小川勝也君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午後一時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト