くにさくロゴ
1950/11/24 第9回国会 参議院 参議院会議録情報 第009回国会 決算委員会 第1号
姉妹サイト
 
1950/11/24 第9回国会 参議院

参議院会議録情報 第009回国会 決算委員会 第1号

#1
第009回国会 決算委員会 第1号
昭和二十五年十一月二十四日(金曜
日)
   午前十時三十一分開会
 委員氏名
   委員長    前之園喜一郎君
   理事      岩沢 忠恭君
   理事      岡崎 真一君
   理事      中川 幸平君
   理事      カニエ邦彦君
   理事      相馬 助治君
   理事      溝口 三郎君
          池田七郎兵衞君
           大矢半次郎君
           北村 一男君
           小杉 繁安君
           寺尾  豊君
           西山 龜七君
           廣瀬與兵衞君
           栗山 良夫君
           小泉 秀吉君
           棚橋 小虎君
           中田 吉雄君
           村尾 重雄君
           赤澤 與仁君
           井上なつゑ君
           小宮山常吉君
           杉山 昌作君
           常岡 一郎沼
           山崎  恒君
           岩男 仁藏君
           鬼丸 義齊君
           谷口弥三郎君
           千田  正君
           矢嶋 三義君
  ―――――――――――――
  委員の異動
十一月二十一日委員小宮山常吉君辞任
につき、その補欠として小林政夫君を
議長において指名した。
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○昭和二十三年度一般会計歳入歳出決
 算(内閣提出)(第八回国会継続)
○昭和二十三年度特別会計歳入歳出決
 算(内閣提出)(第八回国会継続)
○委員長理事打合会の経過報告
○派遣議員の報告
○調査承認要求に関する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(前之園喜一郎君) それではこれより決算委員を開会いたします。
 先ず昭和二十三年度一般会計歳入歳出決算、及び昭和二十三年度特別会計歳入歳出決算を閉会中小委員会にて継續審査をいたして参りましたので、前小委戸長棚橋小虎君よりその経過を御説明をお願いいたします。
#3
○棚橋小虎君 それでは小委員会の経過を御報告申上げます。
 休会中の継續審査を委託されました小委員会におきましては、公団に関する事項を審査いたしたのであります。この小委員会におきましては、各公団の所管官庁からその管轄公団に関する監督の方法及び公団の実情等について説明を聞き、尚審査に必要な資料の提出を要求いたしたのであります。而して前国会におきまして、決算委員会が各公団に関して会計検査院及び中央経済調査庁から聴取いたしました説明並びに資料に基いて審議をいたしました結果、公団の業務運営の中には、次のような事実が存在していると認められるのであります。
 箇條にして申上げますが、第一番には、預金等に関する事項でありますが、多額の預金か当座預金など無利息となつておるものが多い点であります。これに基く国費の積極的損失は見逃し難いものがあります。又多額の手許資金を保有し、或いは帳簿整理の不完全なものもありまして、これが浮貸のような事件を誘致する隙を與えたものと思われるのであります。
 第二は、売掛金に関するものでありまして、殆んどどの公団も極めて多額の売掛金を持つておるのであります。この回收には努力の不足しているものと認められるものがあり、又この売掛金に対して利息を徴收していないものもあります。これらの売掛金につきましては回收不能となる可能性が多分に存在するようであります。
 第三に、保險につきましては、全公団の支拂保險料に対しまして受取保険金は一六%に過ぎないような状況であります。公団の取扱う物資は全国に分散しておるのでありますから、むじろ自家保險横立金制度に移行するのが合理的であると認められますし、或いは少くとも右の事実に鑑みまして、保険率を特約で引下げるべきであると思います。これらの処置によつて相当多額の国費が節約し得られるものと思われるのであります。
 第四は、保管料に関するものでありまして、公団取扱物資の数量が厖大であることに鑑みまして、その保管料が多額に上ぼることは当然でありますが、近時経済事情の安定に伴つて保管料金割引競争がすでに行われて来ておるにも拘わらず、この点に関する考慮を怠つて、單純に〇公によつて保管契約を締結しておるものが多いと思われます。従つて一般市場の保管料に比べて可なり高い料率で保管契約が結ばれているのでありまして、若しこの点に関する適切な措置がとられましたならば、相当額の国費がこの点からも節約できることと思われます。この間の市場消息を承知の上で、保管事務者との間に中間通り拔け機関を介在させ、これに巨額の鞘取りを許している悪質の事例もありますことは遺憾であります。
 第五には、在庫品及び滞貨に関するものであります。この在庫品及び滞貨の数量は莫大であると認められます。この処分も円滑を欠いでおると思われますが、これが処分の遅れることは、品いたみと保険料、保管料の面からだけでも国損を増嵩せしめるものであります。
 第六に、運送面における経費に関してでありまして、各公団で取扱物資の運送関係に支拂う経費は莫大であり、運送契約締結面の巧拙は公団経営上、影響するところが極めて大きいのでありますが、好転して来た輸送事情の下にあつても依然として〇公江賃率によつているもの、運送実務機関との間にブローカー的仲介機関を介在させて巨額の鞘取りをあえてさせている者がある等、その実情には遺憾とすべき点が多いようであります。
 以上挙げました諸事項に起因する国費の積極的、消極的損失は極めて大きいものと予想されるのでありまして、これらの国損がいずれも国民の租税によつて賄われることを思えば、誠に寒心に堪えない次第であります。
 而してこれらの原因といたしましては、関係官庁の指導、監督が不十分であつて、官庁の責任に帰すべきものが少くありませんが、公団側におきましても、事務処理に誠意と熱意を欠いだがためと認められるものが極めて多く、これは公団制度が短期間の存在を前提とし、又身分保障のないことのために、公団役員及び職員の善意、悪意に基くこれらの不始末を来しているものと思われます。
 以上の事項は現在までに小委員会で審議いたしました結果の主なるものでありますが、公団の数が多く、又その事業の内容が極めて広汎でありますので、尚十分の審議を盡さない点が多々あると思われますから、更に十分に調査、審議をなすべきであると認めます。
 且又以上の事項は主として会計検査院及び中央経済調査庁の説明及び資料に基くものでありまして、この事実を確かめるためには、直接に各公団を調有することが必要でありますが、小委員会におきましては、これを行う暇がありませんので、審議の内容を充実させるためには、是非共各公団直接の調査が必要であります。
 公団の業務運営に関しましては、最近国民ひとしく多大の関心を有するところでありまして、或いは国損の増加を防止し、或いは又役職員の背任横領等の犯罪を追及し、このような犯罪が将来又々発生することを防止する等、公団に関する問題は数も多く、且つ重大でありますので、本件に関しましては愼重な調査を行うべきであると信じます。
 尚小委員会で得ました資料、並びにこれを整理した資料を印刷してお手許にお届けいたしますから、御覽を願いたいと存じます。
 以上小委員会では審議を終了するところまでは立至りませんでしたが、休会中における審議のを御報告いたした次第であります。
#4
○委員長(前之園喜一郎君) 只今の小委員長の御報告に御質疑はございますか。御質疑がございましたら御質問をお願いいたします。御質疑はございませんか。御質疑がなければ進行いたします。よろしうございますか。
 前小委員長の御報告にもありましたように、当決算につきましては審査を完了しておりませんので、参議院規則第五十五條によりまして会期の始めにその旨の報告計を議長に提出しなければならんことになつております。その報告書は次の通りでありまして、專門員をして朗読いたさせます。
   〔森專門員朗読〕
    審査報告書
  昭和二十三年度一般会計歳入歳出決算昭和二十三年度特別会計一歳入歳出決算(継續審査事件)
  右の件は審査を完了するに至らなかつた。よつてここに多数意見者の署名を附し、その経過の概要を報告する。
  昭和二十五年十一月二十四日
    決算委員長 前之園喜一郎
 参議院議長 佐藤尚武殿
 決算委員会審査経過概要
 昭和二十三年度一般会計歳入歳出決算及び昭和二十三年度特別会計歳入歳出決算については、会計検査院から指摘された不当事項が甚だ多く、又公団、薪炭特別会計、終戰処
 理費等に関しては、特に愼重審査を要するのがあることを認め、本委員会は、「昭和二十三年度決算審査に関する小委員」を設けて、第八国会閉会後も継続審査を行なつて来たが、閉会中においては、審査の結了を見るに至らなかつた。よつてこれを第九回国会において更に審査を継續することといたしたい。
#5
○委員長(前之園喜一郎君) 只今朗読いたしました報告書を提出することに御異議はございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(前之園喜一郎君) 御異議はないものと認めます。それでは本報告書の提出に賛成されたお方の御署名をお願いいたします。
  多数意見者署名
    棚橋 小虎  溝口 三郎
    相馬 助治  中田 吉雄
    カニエ邦彦  矢嶋 三義
    岩男 仁藏  谷口弥三郎
    杉山 昌作  常岡 一郎
    山崎  恒  廣瀬與兵衞
    中川 幸平  西山 龜七
    千田  正
#7
○委員長(前之園喜一郎君) 御署名洩れはございませんか……。御署名洩れはないと認めます。
  ―――――――――――――
#8
○委員長(前之園喜一郎君) 次に昨日委員長理事の打合会を行いましたので、その経過の概要の御報告を申上げます。
 先ず第一に、昭和二十三年度一般会計歳入歳世決算及び昭和二十三年度特別会計歳入儀出決算につきまして分科会を設けるか、或いは委員会を継續して審議するかということについて協議いたしましたところ、委員会においで審議を継續するという申合せになりましたので、この点を御報告申上げます。
 次に、只今小委員長の御報告になりましたように、小委員会で審議いたしておりました公団関係の問題は調費が完了いたしておりませんので、更にこれを継續して本臨時国会においても小委員会を設けて調査するという申合せをいたしたのであります。それにつきまして、正式に調査承認要求書を提出することが適当であるという申合せをいたしたわけであります。以上御報告を申上げます。
 次に……
#9
○相馬助治君 その前にお尋ねしたいことが一つあるのですが、この公団関係の継續審査を小委員会でおやりになるという今のお話ですが、小委員会では証人喚問等が可能であるという見解ですか。
#10
○委員長(前之園喜一郎君) 相馬委員に申上げますが、調査承認要求のご上につきましては後刻御相談申上げます。そのときに御質問願いたいと思います。
#11
○相馬助治君 私は單に小委員会を作つて、関係各官庁から資料等を要求して、それについて調べるということだけでは本問題は解決しないし、ただ單に時日を費やすに止まるので、そういうふうな意味のものであつたならば、この際根本的に調査態度というものを本決算委員会として打立てる必要があるのではないかという含みを以て只今お尋ねしたのですが、それでは後程それに関して御意見を申上げることにして保留して、このことは委員長にお尋ねすることは止めます。
#12
○委員長(前之園喜一郎君) お答え申上げますが、決算委員会として証人を喚問することは法規上よろしいと思います。決算委員会で証人を喚問するという形をとりまして、小委員会において事実上を喚問するという、こういうような手續になるのではないかと考えます。
#13
○相馬助治君 それでしたら、私は小委員会で本問題について調査するということは反対であります。これは小委員会でなくて、決算委員会としてやはり徹底的にやる必要があるだろうと思います。手續上でありますが、決算委員会が証人を喚問する、そうして出て来た証人を小委員会だけで聞く、こういうことはただ徒らに煩雑であるのみならず、調査そのものの効果というものが私は非常に減殺されると思います。事実問題として……。そういう意味で意見を提案いたします。
#14
○委員長(前之園喜一郎君) この調査は委員会で調査要求の承認を受けて小委員会でやるという形になるわけであると思います。その点後刻又御相談申上げます。
#15
○委員長(前之園喜一郎君) 次に、派遣議員の御報告を願います。
#16
○中川幸平君 八月十三日から岡山、広島、山口、島根の四県に私と井上なつゑ委員と矢嶋委員とそれと森專門員と西名でずつと廻つて参りました。その概要はプリントにいたしておりますので、專門員から一つ御報告願いたいと思います。
   〔森專門員朗読〕
   岡山、広島、山口、島根県下における災害復旧工事、国有財産の処理状況、その他決算状況に関する実地調査報告書
  岡山、広島、山口、島根の四県下における災害復旧工事の実情調査、国有財産の処理状況、その他に関する実地調査のため、決算委会から派遣された委員は井上なつゑ、中川幸平、矢嶋三義の三名で、森專門員がこれに同行した一行は左の日程で視察を行つた。八月十三日夜東京発、十四日朝岡山着……
#17
○山崎恒君 委員長、朗読を省略したらどうでしようか。(「賛成」と呼ぶ物あり)
#18
○委員長(前之園喜一郎君) 朗読々省略することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○相馬助治君 但し速記には載せて貰⊃て……
#20
○委員長(前之園喜一郎君) そうしますと、速記には載せて、それは朗読したことにお願いいたします。
#21
○棚橋小虎君 私の方は岩手、青森、秋田三県下における昭和二十三年度決算検査報告の批難事項でありますところの、三つありますが、第一番は、岩手県山田線の不経済な工事を施行したという会計検査院の批難事項第五百二十八号、第二は、秋田市連隊跡地の売渡価格格が低価に失したという会計検査院の批難事項第三百十三号、第三は、秋田港防波堤工事の設計及び施行に当り処置当を得なかつたものという会計検査院の批難事項第五百二十四号について、主としてこの三つの事項の視察調査に参つたのでありまして、山崎恒氏と私とそれから森專門員が予定されておりましたが、山崎氏は御病気のため参加できないことになりましたので、私と森專門員と二人で参つたのであります。八月二十四東京を出まして、同月三十一日東京に帰着するまで約九日間ずつと調査して参つたのでありますが、その詳細の調査報告は御手許に差上げてありますから、これによつて御覽を願いたいと思います。
#22
○委員長(前之園喜一郎君) これも朗読を省略いたしまして、速記には載せて頂くことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶものあり〕
#23
○カニエ邦彦君 私の方の報告は、九州地方の実地調査の報告で、案件は昭和二十三年度会計検査院の決算検査報告に記載されておる批難事項中、大蔵省所管の国有財産の売渡価格が非常に低価に失するという点の調査、二番は北九州及び南九州財務局管内の国有財産概況調査、三は、福岡特別調達局管内の終戰処理費処理状況の調査、四は、農林省所管霧島国有林事業の視察調査等でありますが、いずれもこれらは別紙調査報告書を提出いたしておりますので、それによつて御了承願いたいと思います。
#24
○委員長(前之園喜一郎君) これも同様に取計います。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  ―――――――――――――
#25
○委員長(前之園喜一郎君) では次に先程問題になりました公団を主といたしまして、調査承認要求書提出の可否について御相談申上げます。
#26
○中川幸平君 昭和二十三年度の一般会計、特別会計の審査の徹底を期するために休会中も小委員会を設けて継續審査をやり、その結果については、只今小委員長から詳細な報告がありました。それを承りますと主に公団関係の調査で、而も公団といいましても非常に数多くある、又複雑であるから十分な調査もできなかつたと言われまするが、その大要を承りましても、国民の非常に関心を持つ事柄が多いのであります。又国費の支出についても非常に関心を持たんければならん問題が多いのであります。その他一般官庁の会計にいたしましても、会計検査院から厖大な批難事項が出ておるのであります。その中の相当注目すべき事柄だけでも掘下げて調査する必要がある。この委員の方々の中には特に特別委員会を設置してこういう事柄を調査すべく国会に要求すべきであるという話も承つたりでありまするが、それらの事柄は当決算委員会の当然の使命であると考えまするので、先程委員長から御相談になりましたように、今国会におきましてもそれらに関する調査のために小委員会を設けて掘下げてこれらの事柄を調査するということが最も適切なる方法でないかと、かように感ずるのでありまして、先程申されたごとく、ただ公団関係の調査に止まらず一般国政に関する小委員会という名称の下に特別にそれらを調べるために小委員会を設けるというようなことにお計らいを願つて、幸いに本委員会においてさように決まりますれば、委員の数並びにその人選については委員長に御一任を申したい、かように存ずるのであります。どうぞよろしくお願いをいたします。
#27
○委員長(前之園喜一郎君) 中川委員にお伺いいたしますが、只今の御趣旨は本委員会で調査承認を受けて、そうしてそれを小委員会を設けて徹底的に調査する、こういう御趣旨になるわけですね。
#28
○中川幸平君 委員会としてです。
#29
○委員長(前之園喜一郎君) 調査承認はやはり委員会で受けるわけですね。
#30
○中川幸平君 そうです。
#31
○委員長(前之園喜一郎君) そういう御趣旨ですが、何か。
#32
○カニエ邦彦君 たしか私は理事、委員長の打合せのときには、現在の小委員会の性格をもう少しはつきりと強化して、そうして調査の事項も国費の一般使途に関してというようなことで小委員会を作つて、而もその小委員会は今までの小委員会の性格とは違つた国政調査権に基く小委員会であつて、そうして調査の範囲も勢い公団とその他一般の国費の使途に関して、こういうことであつたと思うのでありますが、それはどういうことでそういうことになつたかといいますと、この前の小委員会のときには二十三年度の決算に関して、ということであるのでありますが、勢い調査をいたしておりますと、二十三年度の決算のみならず二十四年度へも、或いは又現在の使つておる分にまで事柄が波及して参りますので、それで何月何日でぷつつと切るというわけには実際問題として行かない。だからこれは一般国費の使途に関して、主に公団、或いは大きなものは終戰処理費関係とか、その他の主だつた経費を中心においてありますが、そういう意味からいたしまして、只今申上げましたように一応委員長、理事打合会では決まつたように思つているのでありますが、そこでそういつた事柄について委員会で一つお諮りを願つて、要は国民の税金がどう使われているか、それがどう流れたか、そこに無駄があるかないかというようなことを、やはりはつきりさすためには、どうしてもそういつたことが必要だろうと思うので、当然今の中川委員の説に賛成をいたしまして、以上のことを附加えてお諮りを願いたいと思うのであります。
#33
○委員長(前之園喜一郎君) 相馬委員何か御発言ありますか。
#34
○相馬助治君 ちよつと速記をやめて下さい。
#35
○委員長(前之園喜一郎君) ちよつと速記をとめて……。
   〔速記中止〕
#36
○委員長(前之園喜一郎君) 速記を始めて……。
#37
○相馬助治君 さつき中川委員の提案のように私も賛成します。但しこれは今委員長からもちよつとお話が出たように、特別経費も計上いたしまして十分なる專門員をしてこれに当らせて、本会期中十分資料等を精査して、そして事と次第によつては特別委員会を持つなり、或いは決算委員会が全員でこれに当るなり、その予備的な意味で十分小委員会でこの際審議して貰う、こういう意味で私は中川委員の説に賛成でございます。
#38
○委員長(前之園喜一郎君) 中川委員の御発言通り御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#39
○委員長(前之園喜一郎君) それでは一応調査承認要求書を朗読いたします。
#40
○專門員(森荘三郎君) 朗読いたします。
  特別会計、政府関係機関及び終戰処理費の経理に関する調査承認要求書
一、事件の名称
 特別会計、政府関係機関及び終戰処理費の経理に関する調査
一、調査の目的
 特別会計、政府関係機関及び終戰処理費に関しては特に愼重審査を要すると認められる事項があるので特に小委員を設けて所要の調査を行い必要がある場合は昭和二十四年度以降の経理状況についても調査を行う。
一、利益
 昭和二十三年度及び今後の決算審査に資する。
一、方法
 小委員を設け、関係官庁及び政府機関当事者から説明を聽取し資料を蒐集し、必要に応じて実地調査を行う。
一、期間
 今期国会開会中
#41
○委員長(前之園喜一郎君) それから中川委員の動議は、小委員の数及びその指名については委員長に一任するという御意見ですが、これも御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#42
○委員長(前之園喜一郎君) 大体この前の小委員は八名でありましたが、今回は十二名ぐらいにしたいと思いますが、その点如何でしようか。御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#43
○委員長(前之園喜一郎君) 十二名、よろしゆうございますか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#44
○委員長(前之園喜一郎君) それでは委員の指名は後刻御報告を申上げます。
  ―――――――――――――
#45
○委員長(前之園喜一郎君) 次に、二十三年度の決算につきましては、委員長理事のこん懇談会で相談いたしましたように、分科会をこの際設けないで、委員会で審議を継續すると、こういうことで御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#46
○委員長(前之園喜一郎君) それではさよう決します。
 本日はこれを以て散会いたします。
   午前十一時十三分散会
 出席者は左の通り。
   委員長    前之園喜一郎君
   理事
           中川 幸平君
           カニエ邦彦君
           相馬 助治君
           溝口 三郎君
   委員
           西山 龜七君
           廣瀬與兵衞君
           棚橋 小虎君
           中田 吉雄君
           村尾 重雄君
           杉山 昌作君
           常岡 一郎君
           山崎  恒君
           岩男 仁藏君
           谷口弥三郎君
           千田  正君
           矢嶋 三義君
  事務局側
   常任委員会專門
   員       森 荘三郎君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト