くにさくロゴ
1950/11/27 第9回国会 参議院 参議院会議録情報 第009回国会 議院運営委員会 第4号
姉妹サイト
 
1950/11/27 第9回国会 参議院

参議院会議録情報 第009回国会 議院運営委員会 第4号

#1
第009回国会 議院運営委員会 第4号
昭和二十五年十一月二十七日(月曜
日)
   午後一時九分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○電気事業再編成に関する政令の件
○國会審議権尊重に関する決議案の委
 員会審査省略要求の件
○國務大臣の演説に対する質疑の件
○委員の辞任及び補欠選任の件
○公聽会開会承認要求の件
○参議院関係昭和二十五年度予算補正
 要求額調書に関する件
○請願及び陳情の受理に関する件
○会計検査院法第四條第三項及び第四
 項の規定による検査官任命につき承
 認を求める件
○商品取引所法附則第七項及び第八項
 の規定による商品取引所審議会会長
 及び同委員任命につき承認を求める
 件
○議案の付託に関する件
○議院の運営に関する件
○本委員会の運営に関する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(左藤義詮君) 只今より会議を開きます。この際総理大臣から発言を求められておりますので、これを許します。
#3
○國務大臣(吉田茂君) 電力再編成問題については、去る二十四日本委員会においてその経過を説明したのでありますが、問題はマ書簡の内容に基くものであり、ポツダム政令公布以外に方法がなかつた次第である。自分としては、マ書簡の公表方については考慮いたします。御了承願います。
#4
○委員長(左藤義詮君) 只今の発言の通り了承いたすことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(左藤義詮君) さよう決します。
  ―――――――――――――
#6
○委員長(左藤義詮君) この際、決議案並びにその審査省略についての要求がございますので、これを議題といたします。
#7
○事務総長(近藤英明君) 中村正雄君外十七名から、國会の審議権尊重に関する決議案が提出になりました。尚、本決議案につきましては、同じく中村正雄君外十七名から委員会審査省略の要求がございます。
   〔発言する者多し〕
#8
○委員長(左藤義詮君) 靜粛に願います。
 只今の決議案並びに委員会審査省略要求について御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(左藤義詮君) 國会審議権尊重に関する決議案を上程することに決します。尚これが審査省略の要求につきまして御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(左藤義詮君) さよう決しますつ
 それでは暫時休憩をいたしまして、本会議後に当委員会を再開いたします。
   午後一時十二分休憩
   ―――――・―――――
   午後二時十六分開会
#11
○委員長(左藤義詮君) 引続き会議を開きます。
 最初に明日からの議事日程、如何いたしましようか。
#12
○中村正雄君 いろいろごたごたしましたが、本日施政演説が一応終りましたので、会期はあと余すところ僅かしかありませんから、衆議院のほうは質問は終つておりますので、質問に三百分の質問時間がありますが、明日と明後日、午前、午後続けまして、二日間で質問を打切りたいと思います。かよに考えますので、さようお取計らいを願いたいと思います。
#13
○委員長(左藤義詮君) 只今の中村君の御動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○愛知揆一君 異議は全然ございませんですが、現在衆議院で予算委員会が進行中でもありますし、又この國務大臣の出席その他でもめることがあつてはいけませんから、二日間で終了することについて、政府側にも努力をして貰うということで、必ずしも絶対に二日間ということでなしに、多少そこに余裕を持つておいて頂いたら、完全だと思います。
#15
○中村正雄君 今愛知君のおつしやつたように、政府の都合もあるし、議員のほうも都合があるし、いずれにしても参議院は二日でやるということにして、政府に出席を要求して貰いたい。
#16
○委員長(左藤義詮君) 中村君の動議の通り決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○委員長(左藤義詮君) それではさように決します。
  ―――――――――――――
#18
○委員長(左藤義詮君) 次に、常任委員の辞任及び補欠に関する件。
#19
○参事(河野義克君) 本委員会の委員の変更が先きに諮つたまま中止されておりましたが、あれにつきましては、両会派から撤回とのことでございますから御報告をいたします。
 別に社会党から決算委員の中田吉雄君が辞任して、後任に小林亦治君を指名せられたいという申出が出ておりますので、これをお願いいたします。
#20
○委員長(左藤義詮君) 議事部長から御報告いたしました常任委員の辞任及び補欠を承認することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○佐々木良作君 異議はありませんが、この際一言言つておきたいと思います。このように二、三日経てば撤回してもいいくらいのものが、非常に事務的だとして、今後そういう扱いをせぬように各々各派で自粛を願いたい。
   〔「了解」と呼ぶ者あり〕
#22
○委員長(左藤義詮君) 常任委員の辞任及び補欠に関する件は、議事部長報告の通り決します。
  ―――――――――――――
#23
○委員長(左藤義詮君) 次に議案の付託に関する件……、只今の件はあとに廻しまして、次に公聽会の開会承認要求の件。
#24
○参事(宮坂完孝君) 予算委員長波多野鼎君から、昭和二十五年度予算補正について昭和二十五年十一月三十日、十二月一日両日に亘つて公聽会を開会したいという要求が提出されております。
#25
○委員長(左藤義詮君) 予算委員長の公聽会開会承認要求、その通り承認することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#26
○委員長(左藤義詮君) さよう決します。
  ―――――――――――――
#27
○委員長(左藤義詮君) 昭和二十五年度補正予算要求額について、中村庶務小委員長。
#28
○中村正雄君 昭和二十五年度の補正予算の概要につきまして一応内定しました点を御報告申上げます。
 昭和二十五年度補正予算に計上要求すべき参議院及び弾劾裁判所の予算要求額の内容は、
 一、議員歳費の増額に必要な経費といたしまして千六十七万三千円、
 二、年末手当支給に必要な経費としまして九百七十六万円、
 三、國会職員等の給與改善に必要なる経費といたしまして九百九十一万五千円、
 四、第八回及び第九回國会開会に伴い必要な経費、四千二百三十一万一千円、合計七千二百六十五万九千円であります。
 科目事項別に内訳を申上げますと、第一に議員歳費の増額に必要な経費でありますが、現行の議長四方円を六万円に、副議長三万二千円を四万八千円に、議員二万八千四百円を四万三千円とするものでありまして、約五割の増加となる予算であります。
 次に年末手当支給に必要な経費でありますが、これは議員、議員秘書及び職員を通じ一律に他の官庁と同様に半ケ月分を計上しております。
 第三番目の國会職員等の給與改善に必要な経費は、國会職員の分は一人平均一万三十五円に対し、俸給において二千円、勤務地手当において四百円、合計二千四百円を増額し、議員秘書の分は月額九千円を一万二千円とする外、職員の分二割四分、議員秘書の分三割三分となる計算であります。
 第八、第九両國会の開会に伴い、議員の応召及び帰郷旅費、滯在雑費、議案等の印刷費、職員の超過勤務手当及び昇給諸経費等であります。尚、爾後の予算において議員の滯在雑費は、第八臨時國会の分以降は、日額一千円を以て計上しております。
 次に弾劾裁判所の分について申上げますと、一、年末手当支給に必要な経費五万七千円、二、國会職員の給與改善に必要な経費七や四千円、合計十三万一千円であります。内訳は、年末手当に必要な分は参議院の分と同様、半月分を計上してあります。次に給與改善の分は、一人平均九千四百七十七円に対し、俸給において千九百二円、勤務地手当において百四十九円、計二千五十一円増加の計算になります。以上、昭和二十五年参議院及び弾劾裁判所の補正予算要求額の大要であります。
 尚補足して申上げますると、この補正予算の内容を実現するに関しましての法律案等は、すべて衆議院のほうで立案し、衆議院より回付して来ることになつておりますので、申し添えておきます。以上であります。
#29
○委員長(左藤義詮君) 中村小委員長の報告の通り了承することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#30
○委員長(左藤義詮君) 御異議ないと認めます。
  ―――――――――――――
#31
○委員長(左藤義詮君) 次に請願締切の件。
#32
○参事(河野義克君) 今回の会期が十二月八日まででありますので、例によりまして請願の文書表の作製等の関係で、締切を明二十八日までにお願いいたしまして、爾後になりましたものは、便宜通常國会において受理したものとして扱つて行く、というふうに御決定を願いたいと思います。
#33
○委員長(左藤義詮君) 只今議事部長の申出の通り決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#34
○委員長(左藤義詮君) さよう決します。
  ―――――――――――――
#35
○委員長(左藤義詮君) 会計検査官任命につき事後承諾を求めるの件。
#36
○政府委員(岡崎勝男君) 会計検査官任命につき事後承認を求める件につき御説明を申上げます。検査官諸橋襄は、去る八月二十二日任期を完了いたしたのでありますが、國会閉会中のため会計検査院法第四條第三項及び第四項によりまして、八月二十三日附を以ちまして、会計検査院事務総長東谷傳次郎をその後任として任命いたしましたので、両議院の承認を求めるだめに本件を提出した次第であります。東谷君は、お手許に差上げてあります履歴書にありまするごとく、大正十年大学卒業後会計検査院に入り、大正十一年には副検査官に任官、その後会計検査院書記官を経て、昭和十二年検査官に任命、昭和二十一年には会計検査院部長、同院検査第三局長、事務総長に任命されて来たものであります。以上申上げましたように、同君は会計検査院に在職すること二十有余年に亘り、その多年の経験、抱負なり識見よりして最も適任者でありますので、今回検査官に任命した次第であります。何とぞ愼重御審議の上、速かに御承認下されんことをお願いいたします。
#37
○委員長(左藤義詮君) 只今官房長官要求の件につき御質疑ございますか。只今の官房長官の要求の通り承認することに御異議ございませんか。
#38
○大隈信幸君 次の議運まで保留して頂きたいと思います。
#39
○委員長(左藤義詮君) それでは次の運営委員会までに、皆さんの御意見をおまとめ頂きますように、保留いたします。
  ―――――――――――――
#40
○委員長(左藤義詮君) 次に商品取引所審議会会長及び同委員任命につき、事後承認を求める件。
#41
○政府委員(岡崎勝男君) これは只今委員長から申された商品取引所審議会会長及び委員の任命についての事後の承認を求める件であります。
 本年八月新たに通商産業省の附属機関として発足いたしました商品取引所審議会の会長に向井鹿松君を、又同審議会委員に柿沼谷蔵、島剛、寺田省一、藤田國之助の四君を、それぞれ八月十四日附で任命いたしましたので、商品取引所法附則第七項並びに第八項によりまして、貴院の事後承認を求めるために本件を提出した次第であります。
 向井君は履歴書で御承知ごことく、大正二年大学を卒業後、母校慶応大学の教授として商品取引所に関する講座を担当し、この間欧米各國に留学して研究を進め、昭和二十一年より二十四年に亘り、物価庁第四部長として戰後の経済界の復興に当つて来たものでありまして、その秀れたる識見閲歴よりして、会長として最適任者であると信ずるのであります。
 又柿沼君は十八年余りに亘り、綿糸、綿布の家業に従事し、廃業後、米穀商品取引所常務理事として長年商品取引所の実務運営に当り、取引所の運営については深い経験を有する者であります。
 又、島君は大正七年大学卒業後、農商務省に入り、昭和十五年退官に至るまで、商品取引所に関する主管部課に勤務し、取引所の運営指導に当つて来た行政面の権威であります。寺田君は大正十四年大学卒業後、直ちに農林省に入り、蚕糸、水産等の各部局に勤務して、昭和二十年官を辞してからは、東京都の水産物荷受機関連合会会長、水産物御売人協会長等に選任せられ、物資の集配の責任者として活躍し、取引所の運営に豊富な学識経験を有する者であります。
 藤田君は大正六年大学卒業後、農商務省に入り島君同様商品取引所の主管部課に勤務し、これが監督に当つて来たものであり、取引所について広い識見と抱負を有するものであります。以上申上げました五君は、いずれも商品取引所について深い経験と識見を有するものでありますので、何とぞ愼重御審議の上、同審議会会長及び委員の任命を御承認下されんことをお願いいたす次第であります。
#42
○委員長(左藤義詮君) 只今官房長官から要求の件につきましては、各派の御意見をおまとめの上、次の議院運営委員会で御決定を頂くことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶも者のあり〕
#43
○委員長(左藤義詮君) ではさように決します。
  ―――――――――――――
#44
○委員長(左藤義詮君) 前に戻りまして、議案の付託に関する件。
#45
○議事部長(河野義克君) 前回御説明申上げたように、地方公務員法が提出されております。この地方公務員法は、地方自治庁が、その権限として待つておる地方公共団体の行政、財政並びに地方公共団体の職員に関する制度について、企画し及び法令等を立案するということによりまして、地方自治庁が立案をし、内閣から提出されたものでありまして、地方行政委員会の所管事項には、地方自治庁の所管に関する事項がありますから、議長としては地方行政委員会に付託すべきものと考えますが、文部委員会からはこの法案の実際の適用を受ける数から言うと、地方教職員のほうが圧倒的に多いから、文部委員会に付託するほうが然るべきであるという、強い御要望が出ておりまするので、議長はこの議院運営委員会にお諮りして御決定をしたいというのであります。
#46
○佐々木良作君 これは趣旨から行けば地方行政委員会になると思いますが、その中には文部にも関係するところがあるから、適宜連合委員会を開いて、実質上審議のできるような扱いにして貰いたい。
   〔「賛成」と呼ぶ者あり〕
#47
○小笠原二三男君 我々も大体それでいいかと思いますが、そういうことが分つておつて、尚、文部委員長からの強い要素だということであれば、何らかそれには聞くべき理由もあるのじやないかと思いますので、でき得るならばここに出席を求めて、その趣旨だけでもお聞きして、そうして決定するというのが、穏当だと思います。
#48
○委員長(左藤義詮君) 只今堀越文部委員長が、この席にお見えになつておりますから、只今の小笠原君の御発言のごとく御説明を伺うことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#49
○委員長(左藤義詮君) 堀越文部委員長の御説明を願います。
#50
○委員外議員(堀越儀郎君) この案件については、國会法によつて当然地方行政委員会に付託すべきものと私も考えております。併しながら只今議事部長から説明がありましたように、適用を受ける範囲が大部分教職員に関係する部分が多いと思いますから、その内容を十分検討して、新例ではありますけれども、文部委員会に付託されたいと希望します。私は文部委員長として決して横車を押そうとは思いませんが、委員の各位が内容を検討されて新例を開いて頂きたいと思います。以前にも学術会議などの問題で当然内閣委員会に付託すべきものを法務委員会に付託された例もありますから、御考慮頂ければと思つて私は要望したのであります
#51
○鈴木直人君 只今文部委員長から御説明がありましたが、必ずしも文部委員会に付託しなければならんということでもなく、むしろこれは地方行政委員会に付託するのが本筋であるという御意見すら持つておられるようであります。その内容におきましては、確かに文部委員会に関係するところの項目が、非常に多いのでありますから、連合委員会等を開きまして、十分文部委員の方々の御意向が反映するような方法をとるということを、強く我々は要望しまして、佐々木君の御意見に賛成します。
#52
○中村正雄君 結局理論的に考えれば、当然地方行政委員会に付託すべきですが、文部委員会の関係も一応議運で考えられたとして、地方行政委員会に付託をする。これは文部だけでなく、人事の関係も、労働の関係もあると思いますから、いわゆる合同審査をするという一つの希望を付して、文部、人事、労働の合同審査をして貰いたいという希望を付して、地方行政委員会に付託をして貰いたいと思います。
#53
○委員長(左藤義詮君) 只今中村君から御発言のことくに決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#54
○委員長(左藤義詮君) さように決します。
  ―――――――――――――
#55
○江田三郎君 前の國会で、農地改革に関する法律案が審議未了になつて、その後ポツダム政令で出ておるのですが、今回の電力問題もポツダム政令が出ましたので、これの参考にしたいと思いますので、事務局のほうで法案が審議未了になつて、その後ポツダム政令で扱われた今までの経過なり、又司令部からの書簡というようなものを集められるだけ集めて頂いて、参考資料に出して頂きます。
#56
○事務総長(近藤英明君) 事務局で、できるだけの資料を取まとめることに努力いたします。
#57
○委員長(左藤義詮君) 何か御発言がございませんか……。
 次回は如何いたしましようか……。明日は九時四十五分に議運の小委員会を開き、十時から本会議を開き、それから議運は午後一時に開会することに決定をして置きたいと思います。御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#58
○委員長(左藤義詮君) さよう決します。ちよつと速記を止めて下さい。
   〔速記中止〕
#59
○委員長(左藤義詮君) 速記を始めて。本日はこれにて散会いたします。
   午後二時四十一分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     左藤 義詮君
   理事
           愛知 揆一君
           鈴木 恭一君
           中村 正雄君
           鈴木 直人君
           大隈 信幸君
   委員
           小野 義夫君
           加藤 武徳君
           仁田 竹一君
           山田 佐一君
           江田 三郎君
          小笠原二三男君
           曾祢  益君
           吉田 法晴君
           赤木 正雄君
           加賀  操君
           片柳 眞吉君
           小宮山常吉君
           高橋 道男君
           境野 清雄君
           小川 久義君
           佐々木良作君
           鈴木 清一君
           兼岩 傳一君
  委員外議員
   文部委員長   堀越 儀郎君
  ―――――――――――――
   議長      佐藤 尚武君
   副議長     三木 治朗君
  ―――――――――――――
  國務大臣
   内閣総理大臣
   外 務 大 臣 吉田  茂君
   通商産業大臣  横尾  龍君
  政府委員
   内閣官房長官  岡崎 勝男君
  事務局側
   事 務 総 長 近藤 英明君
   参     事
   (事務次長)  芥川  治君
   参     事
   (記録部長)  小野寺五一君
   参     事
   (議事部長)  河野 義克君
   参     事
   (警務部長)  丹羽 寒月君
   参     事
   (委員部長)  宮坂 完孝君
  法制局側
   法 制 局 長 奧野 健一君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト