くにさくロゴ
2000/05/12 第147回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第147回国会 本会議 第33号
姉妹サイト
 
2000/05/12 第147回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第147回国会 本会議 第33号

#1
第147回国会 本会議 第33号
平成十二年五月十二日(金曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第二十九号
  平成十二年五月十二日
    午後一時開議
 第一 児童虐待の防止等に関する法律案(青少年問題に関する特別委員長提出)
 第二 漁港法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 日程第一 児童虐待の防止等に関する法律案(青少年問題に関する特別委員長提出)
 日程第二 漁港法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び産業廃棄物の処理に係る特定施設の整備の促進に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
 企業組織の再編を行う事業主に雇用される労働者の保護に関する法律案(大森猛君外一名提出)
 会社の分割に伴う労働契約の承継等に関する法律案(内閣提出)
    午後一時二分開議
#2
○議長(伊藤宗一郎君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
#3
○議長(伊藤宗一郎君) 日程第一は、委員長提出の議案でありますから、委員会の審査を省略するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。
    ―――――――――――――
 日程第一 児童虐待の防止等に関する法律案(青少年問題に関する特別委員長提出)
#5
○議長(伊藤宗一郎君) 日程第一、児童虐待の防止等に関する法律案を議題といたします。
 委員長の趣旨弁明を許します。青少年問題に関する特別委員長富田茂之君。
    ―――――――――――――
 児童虐待の防止等に関する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔富田茂之君登壇〕
#6
○富田茂之君 ただいま議題となりました児童虐待の防止等に関する法律案につきまして、提案の趣旨及びその内容を御説明申し上げます。
 近年、我が国においては、親など保護者による児童虐待事件が多発し、児童の心身の成長及び人格の形成に重大な影響を与えるなど深刻な社会問題となっております。
 本案は、本問題の早期解決の緊急性にかんがみ、児童に対する虐待の禁止、児童虐待の防止に関する国及び地方公共団体の責務、児童虐待を受けた児童の保護のための措置等を定め、児童虐待の防止等に関する施策の促進を図ろうとするものであります。
 その主な内容は、
 第一は、この法律において、児童虐待の定義をするとともに、何人も、児童に対し、虐待をしてはならないものとすること、
 第二は、国及び地方公共団体は、児童虐待の早期発見及び児童虐待を受けた児童の迅速かつ適切な保護を行うため、関係機関及び民間団体の連携の強化等必要な体制の整備に努めるものとすること、
 第三は、学校の教職員、医師等の職務上児童虐待を発見しやすい立場にある者は、児童虐待の早期発見に努めなければならないものとすること、
 第四は、児童相談所長は、児童虐待の通告または送致を受けたときは、速やかに児童の安全を確認し、必要に応じ一時保護を行うものとし、都道府県知事は、児童虐待が行われているおそれがあると認めるときは、児童委員等をして、児童の住所等への立入調査をさせることができるものとした上で、これらの職務の執行を行う者は必要に応じ警察官の援助を求めることができるものとすること、
 第五は、児童虐待を行った保護者は、児童福祉法による児童福祉司等の指導の措置がとられた場合において、当該指導を受けなければならないものとすること、
 第六は、児童相談所長等は、児童虐待を受けた児童についてその保護者の意に反して児童福祉法による施設への入所等の措置がとられた場合において、当該保護者と当該児童との面会または通信を制限することができるものとすること、
 第七は、児童の親権を行う者は、児童のしつけに際して、その適切な行使に配慮しなければならないこと
としております。
 なお、この法律は、一部の規定を除き、公布の日から起算して六月を超えない範囲内において政令で定める日から施行することとしております。
 以上が、本案の提案の趣旨及びその内容であります。
 本案は、昨十一日、青少年問題に関する特別委員会において、全会一致をもって成案と決定し、これを委員会提出法律案とすることに決したものであります。
 何とぞ速やかに御可決くださいますようお願い申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#7
○議長(伊藤宗一郎君) 採決いたします。
 本案を可決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決いたしました。
     ――――◇―――――
 日程第二 漁港法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
#9
○議長(伊藤宗一郎君) 日程第二、漁港法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。農林水産委員長松岡利勝君。
    ―――――――――――――
 漁港法の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔松岡利勝君登壇〕
#10
○松岡利勝君 ただいま議題となりました漁港法の一部を改正する法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、地方分権の推進を図るため、漁港の指定権限の一部を市町村長及び都道府県知事へ委譲する等の措置を講ずるほか、漁港の適正な維持管理を図るため、漁港の区域内における船舶の放置等を規制する等の措置を講ずるとともに、相手方を確知できない場合の監督処分の手続を設けるものであります。
 本案は、去る四月二十一日参議院から送付され、四月二十五日本委員会に付託されました。
 委員会におきましては、四月二十六日玉沢農林水産大臣から提案理由の説明を聴取し、昨五月十一日政府に対する質疑を行いました。
 質疑終局後、採決いたしましたところ、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#11
○議長(伊藤宗一郎君) 採決いたします。
 本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
#13
○野田聖子君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。
 内閣提出、廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び産業廃棄物の処理に係る特定施設の整備の促進に関する法律の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#14
○議長(伊藤宗一郎君) 野田聖子君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加されました。
    ―――――――――――――
 廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び産業廃棄物の処理に係る特定施設の整備の促進に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
#16
○議長(伊藤宗一郎君) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び産業廃棄物の処理に係る特定施設の整備の促進に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。厚生委員長江口一雄君。
    ―――――――――――――
 廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び産業廃棄物の処理に係る特定施設の整備の促進に関する法律の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔江口一雄君登壇〕
#17
○江口一雄君 ただいま議題となりました廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び産業廃棄物の処理に係る特定施設の整備の促進に関する法律の一部を改正する法律案について、厚生委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、廃棄物について適正な処理体制を整備し、不適正な処分を防止するため、所要の措置を講じようとするもので、その主な内容は、
 第一に、都道府県は、廃棄物の減量その他その適正な処理に関する計画を定めなければならないものとし、国及び都道府県はその達成に必要な措置を講ずるよう努めるものとすること、
 第二に、廃棄物処理センターについて、国または地方公共団体の出資に係る法人等を指定の対象とすること、
 第三に、民間の優良な産業廃棄物の処理施設の整備を促進するため、一定規模以上の焼却施設、最終処分場等と共同利用施設等から構成される一群の施設について支援措置を講ずること、
 第四に、廃棄物処理業の許可等について、暴力団員であること等を欠格要件に加えるとともに、廃棄物処理施設の譲り受けに許可制を設けること、
 第五に、産業廃棄物の処理が適正に行われるよう、産業廃棄物管理票制度の見直しを行い、これに違反した者を原状回復の措置命令の対象とするとともに、排出事業者が適正な対価を負担していないとき等の場合には措置命令の対象とすること
などであります。
 本案は、五月八日付託となり、五月十日丹羽厚生大臣から提案理由の説明を聴取した後、質疑に入り、本日委員会において質疑を終了し、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
 なお、本案に対し附帯決議を付することに決しました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#18
○議長(伊藤宗一郎君) 採決いたします。
 本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
#20
○野田聖子君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。
 大森猛君外一名提出、企業組織の再編を行う事業主に雇用される労働者の保護に関する法律案、内閣提出、会社の分割に伴う労働契約の承継等に関する法律案、右両案を一括議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#21
○議長(伊藤宗一郎君) 野田聖子君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加されました。
    ―――――――――――――
 企業組織の再編を行う事業主に雇用される労働者の保護に関する法律案(大森猛君外一名提出)
 会社の分割に伴う労働契約の承継等に関する法律案(内閣提出)
#23
○議長(伊藤宗一郎君) 大森猛君外一名提出、企業組織の再編を行う事業主に雇用される労働者の保護に関する法律案、内閣提出、会社の分割に伴う労働契約の承継等に関する法律案、右両案を一括して議題といたします。
 委員長の報告を求めます。労働委員長赤松広隆君。
    ―――――――――――――
 企業組織の再編を行う事業主に雇用される労働者の保護に関する法律案及び同報告書
 会社の分割に伴う労働契約の承継等に関する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔赤松広隆君登壇〕
#24
○赤松広隆君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 まず、両法律案の主な内容について申し上げます。
 大森猛君外一名提出の企業組織の再編を行う事業主に雇用される労働者の保護に関する法律案は、近年の事業主についての企業組織の再編の状況等にかんがみ、労働者の保護を図るため、企業組織の再編を行う事業主に雇用される労働者の解雇の制限、労働契約の承継、労働条件の不利益な変更の制限等について定めようとするものであります。
 次に、内閣提出の会社の分割に伴う労働契約の承継等に関する法律案は、会社がその営業の全部または一部を他の会社に承継させる会社分割の制度の創設に伴い、労働者の保護を図るため、労働契約の承継等に関する特例等を定めようとするものであります。
 両法律案は、去る四月二十日に付託され、翌日牧野労働大臣及び提出者大森猛君よりそれぞれ提案理由の説明を聴取し、二十八日に質疑に入り、合併、営業譲渡も含めた企業組織の再編に伴う労働者保護法制の整備の必要性、企業組織の再編の際の事前の労使協議の法的義務づけの必要性、企業組織の再編を理由とする労働条件の不利益変更はできないことを指針に明記することの必要性等について、熱心な質疑が行われました。
 本日、内閣提出の会社の分割に伴う労働契約の承継等に関する法律案に対し、分割に当たり、分割会社に、その雇用する労働者の理解と協力を得るように努めることを義務づける内容の修正案が提出され、両法律案及び修正案に対する質疑を終了いたしました。
 討論の後、まず、大森猛君外一名提出の企業組織の再編を行う事業主に雇用される労働者の保護に関する法律案につきまして、採決の結果、本案は賛成少数をもって否決すべきものと議決し、次に、内閣提出の会社の分割に伴う労働契約の承継等に関する法律案につきまして、採決の結果、本案は賛成多数をもって修正議決すべきものと議決した次第であります。
 なお、本案に対し附帯決議を付することに決しました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#25
○議長(伊藤宗一郎君) これより採決に入ります。
 まず、大森猛君外一名提出、企業組織の再編を行う事業主に雇用される労働者の保護に関する法律案につき採決いたします。
 本案の委員長の報告は否決であります。
 この際、原案について採決いたします。
 本案を原案のとおり可決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#26
○議長(伊藤宗一郎君) 起立少数。よって、本案は否決されました。
 次に、内閣提出、会社の分割に伴う労働契約の承継等に関する法律案につき採決いたします。
 本案の委員長の報告は修正であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#27
○議長(伊藤宗一郎君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり修正議決いたしました。
     ――――◇―――――
#28
○議長(伊藤宗一郎君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時二十分散会
     ――――◇―――――
 出席国務大臣
        法務大臣    臼井日出男君
        厚生大臣    丹羽 雄哉君
        農林水産大臣  玉沢徳一郎君
        労働大臣    牧野 隆守君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト