くにさくロゴ
1999/11/09 第146回国会 参議院 参議院会議録情報 第146回国会 交通・情報通信委員会 第1号
姉妹サイト
 
1999/11/09 第146回国会 参議院

参議院会議録情報 第146回国会 交通・情報通信委員会 第1号

#1
第146回国会 交通・情報通信委員会 第1号
平成十一年十一月九日(火曜日)
   午前十時一分開会
    ─────────────
   委員氏名
    委員長         齋藤  勁君
    理 事         加藤 紀文君
    理 事         景山俊太郎君
    理 事         簗瀬  進君
    理 事         弘友 和夫君
    理 事         渕上 貞雄君
                岩城 光英君
                鹿熊 安正君
                田中 直紀君
                野沢 太三君
                野間  赳君
                山内 俊夫君
                山本 一太君
                谷林 正昭君
                寺崎 昭久君
                内藤 正光君
                日笠 勝之君
                筆坂 秀世君
                宮本 岳志君
                戸田 邦司君
                岩本 荘太君
    ─────────────
   委員の異動
 十月二十九日
    辞任         補欠選任
     加藤 紀文君     吉村剛太郎君
     野間  赳君     釜本 邦茂君
     山本 一太君     鈴木 政二君
 十一月一日
    辞任         補欠選任
     吉村剛太郎君     加藤 紀文君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         齋藤  勁君
    理 事
                景山俊太郎君
                釜本 邦茂君
                弘友 和夫君
                渕上 貞雄君
    委 員
                岩城 光英君
                加藤 紀文君
                鹿熊 安正君
                鈴木 政二君
                田中 直紀君
                野沢 太三君
                山内 俊夫君
                谷林 正昭君
                寺崎 昭久君
                内藤 正光君
                日笠 勝之君
                宮本 岳志君
                戸田 邦司君
                岩本 荘太君
   国務大臣
       運輸大臣     二階 俊博君
       郵政大臣     八代 英太君
   政務次官
       運輸政務次官   中馬 弘毅君
       運輸政務次官   鈴木 政二君
       郵政政務次官   小坂 憲次君
       郵政政務次官   前田  正君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        舘野 忠男君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件
○運輸事情、情報通信及び郵便等に関する調査
 (運輸行政の諸施策に関する件)
 (郵政行政の諸施策に関する件)

    ─────────────
#2
○委員長(齋藤勁君) ただいまから交通・情報通信委員会を開会いたします。
 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(齋藤勁君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に釜本邦茂君を指名いたします。
    ─────────────
#4
○委員長(齋藤勁君) 次に、国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、運輸事情、情報通信及び郵便等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(齋藤勁君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#6
○委員長(齋藤勁君) 運輸事情、情報通信及び郵便等に関する調査を議題といたします。
 まず、運輸行政の諸施策に関し、運輸大臣から発言を求められておりますので、これを許します。二階運輸大臣。
#7
○国務大臣(二階俊博君) このたび運輸大臣を拝命いたしました二階俊博でございます。
 齋藤委員長を初め交通・情報通信委員会の委員の諸先生におかれましては、日ごろから運輸行政の推進に格段の御理解と御支援をいただいておりますことに厚く御礼を申し上げます。交通・情報通信委員会の開かれるこの機会に一言ごあいさつを申し上げる次第であります。
 交通運輸の分野は、我が国の社会経済活動や国民生活の発展のための礎となる分野であり、来るべき二十一世紀に向けて経済を新生させ、真に豊かで活力のある社会を築き上げていくために期待される役割はまことに大きいものがあると考えております。このため、運輸省といたしましては、来るべき国土交通省への再編に向けて、新しい世紀への発展の基盤となる陸海空にわたる整合性のとれた総合的な交通体系の形成と安定的で質の高い交通運輸サービスの提供を目指してまいります。
 まず、交通運輸の分野においては、安全性の確保を図ることが基本的課題であり、事故防止に万全を期すことが極めて重要であります。特に、最近の山陽新幹線のトンネルコンクリート剥落事故につきましては、徹底した原因究明及び安全確保策の確立を図るとともに、JR西日本に対し厳正な指導監督を行うことにより、新幹線の安全に対する国民の信頼が速やかに回復されるよう努めてまいります。
 また、人為的ミスや不十分な検査体制による事故、トラブルの相次ぐ発生に対して、運輸事業全般の事故防止に運輸省が一丸となって取り組むため、先般、省内に事務次官を議長とする運輸安全戦略会議を発足させるなど、運輸分野における安全の確保に最大限の努力を払っているところであります。
 今後とも、年末年始に向けてのコンピューター西暦二〇〇〇年問題への万全の対応を含め、輸送の安全に対する国民の期待と信頼にこたえるべく各般の施策を推進してまいりたいと考えております。
 一方、ようやく回復の兆しが見えてまいりました我が国経済を本格的な回復軌道につなげ、未来に向けて新生させるため、運輸省といたしましても積極的な貢献をしてまいりたいと考えております。平成十二年度予算の概算要求や平成十一年度第二次補正予算において、二十一世紀型社会インフラの整備を図るため、整備新幹線、大都市圏拠点空港、中枢・中核国際港湾等の国家的プロジェクトの推進を初め、運輸事業者の大部分を占める中小企業者にも配慮しつつ、経済新生対策につながる所要の施策を盛り込んでおります。
 なお、これら公共事業の実施に当たっては、限られた財源を有効に活用する観点からも、透明性の確保に留意しつつ、効果的、効率的な実施に努めてまいります。また一方で、自由競争の促進を通じた運輸事業の一層の効率化、活性化と交通運輸サービスの向上のため、規制緩和にも引き続き取り組むなど、経済構造改革にも積極的に取り組んでまいる所存でございます。
 また、観光分野につきましても、経済の新生に向けて、新たな雇用創出や国内外の来訪者の増加による地域振興などを図る観点から、その果たすべき役割は極めて大きく、諸般の施策の展開を通じてその振興を図ってまいりたいと考えております。
 さらに、地球環境への配慮や急速な高齢化社会への対応、快適通勤・通学の実現、運輸分野における新技術の研究開発の推進といった将来を見据えた行政の展開が重要であると考えております。
 現在深刻化している地球温暖化問題に対応して、運輸部門における二酸化炭素の排出削減を実現させる観点から、特に自動車関係諸税のグリーン化やテクノスーパーライナーの実用化を、関係者の御理解を得て実現してまいりたいと考えております。
 また、急速な社会の高齢化、障害者の自立と社会参加の要請に適切に対応するため、高齢者、障害者などの移動制約者が公共交通機関を安全でかつ身体的負担の少ない方法で利用できるよう、鉄道駅におけるエレベーター、エスカレーターの設置を進めるなど、公共交通機関のバリアフリー化、シームレス化を積極的に進めてまいります。
 真に豊かで活力のある社会、よりゆとりの感じられる社会の実現に資するよう、サラリーマンや学生の通勤通学環境を快適なものとすることも重要であると考えております。このため、特にオフピーク通勤の推進を図ってまいります。
 加えて、未来に向けての発展の原動力として技術革新によるブレークスルーが強く期待される中で、ITSの推進のほか、リニアモーターカー、フリーゲージトレーン、テクノスーパーライナー、メガフロート、運輸多目的衛星といった新技術を活用した新たな交通体系の実現に向け、全力で取り組んでまいります。
 運輸行政をめぐる課題は山積しておりますが、国民の行政に対する信頼を確保しつつ、果敢に諸課題の解決に取り組んでまいる所存でございます。齋藤委員長を初め、交通・情報通信委員会の委員の諸先生の絶大なる御協力を心からお願い申し上げて、ごあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました。
#8
○委員長(齋藤勁君) この際、中馬運輸政務次官及び鈴木運輸政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。中馬運輸政務次官。
#9
○政務次官(中馬弘毅君) このたび運輸総括政務次官を拝命いたしました中馬弘毅でございます。
 安全で効率的な交通サービスの提供を確保することは、豊かな国民生活と活力ある経済社会を実現し、また維持していく上で必要不可欠であります。このため、運輸行政は、安全の確保を初めとして急速な高齢化社会の到来や国際化への対応、地球環境問題等といった諸課題に的確に取り組んでいく必要があると認識しており、今後とも、陸海空にわたり各般の施策を二階大臣、鈴木政務次官ともども一致協力して推進してまいる所存であります。
 齋藤委員長を初め諸先生方の御支援と御指導を心からお願いいたしまして、ごあいさつといたします。
#10
○委員長(齋藤勁君) 次に、鈴木運輸政務次官。
#11
○政務次官(鈴木政二君) このたび運輸政務次官を拝命いたしました参議院議員の鈴木政二でございます。よろしくどうぞお願いをしたいと思います。
 今、二階大臣また中馬総括政務次官からもお話がありましたように、大変幅広い、そして国民にゆとりと豊かさ、そして安全な諸施策をさせていただきたいと思っております。この重責を十分全うできるように一生懸命委員の先生方とともに頑張りたいと思っております。
 どうぞ、齋藤委員長を初め各委員の先生方におかれましては、御支援また御指導をよろしくお願い申し上げまして、一言ごあいさつにさせていただきます。
 よろしくどうぞお願いいたします。ありがとうございました。
#12
○委員長(齋藤勁君) 次に、郵政行政の諸施策に関し郵政大臣から発言を求められておりますので、これを許します。八代郵政大臣。
#13
○国務大臣(八代英太君) 交通・情報通信委員会の諸先生方、おはようございます。
 去る十月五日、郵政大臣を拝命いたしました八代英太でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。
 齋藤委員長を初め交通・情報通信委員会の皆様には、郵政行政の適切な運営につきまして平素から格別の御指導をいただき、厚く御礼申し上げます。
 さて、今日の我が国の景気は、厳しい状況をなお脱してはいないものの緩やかな改善を続けております。本内閣は、経済を本格的な回復軌道につなげていくとともに、二十一世紀の新たな発展基盤を築き、未来に向け経済を新生させることなどに重点を置いております。
 近年急速に発展する情報通信は、産業競争力の強化、新規産業・雇用の創出の礎として日本経済新生に大きな役割を担う分野であるとともに、少子・高齢化、グローバル化等の我が国の諸課題に的確に対応し、豊かな国民生活を実現するなど、二十一世紀の未来を開く基盤を形成するものでございます。
 こうした認識のもと、郵政省といたしましては、二十一世紀を開く発展基盤の整備、新規産業と雇用の創出、だれもが参加できる情報通信社会の構築の三つを柱にいたしまして総合的な施策を展開してまいります。
 具体的には、インターネット通信料金の定額制導入の促進や、学校、地域、家庭等の各分野におけるインターネットの普及に資する利用環境の整備、電子商取引の一層の発展のための基盤整備、全放送メディアのデジタル化の推進、ベンチャー企業支援などの施策を展開いたします。
 また、情報通信社会が急速に進展する中で、障害者や高齢者の方々を含む情報弱者の方々が取り残されることのないように、だれもが情報通信の利便を享受できる情報バリアフリー環境を整備いたします。個人情報の保護についてもその環境整備に努め、ネットワークの不正利用等、高度情報通信社会の影の部分の対策につきましても力を入れて取り組んでまいります。
 さらに、二十一世紀の諸課題に的確に対応していく上で情報通信が目指すべき政策の方向について、二十一世紀のかけ橋となる情報通信の新基本政策という形で取りまとめ、内外に提起していきたいと考えております。
 一方、郵政事業につきましては、現下の環境変化の中、国民利用者のニーズに迅速かつ的確にこたえられるよう、事業運営基盤の強化に取り組むとともに、国民共有の生活インフラである全国二万四千七百の郵便局ネットワークを活用したさまざまな取り組みを一層推進し、地域の発展に貢献してまいりたいと考えております。
 この一環として、郵便局においても、今後導入が予定されている確定拠出型年金制度に的確に対応するとともに、民間企業との連携や郵便局におけるワンストップ行政サービスの推進等の施策を展開いたします。また、郵便局等の施設を高齢者、障害者の方にも安心して御利用いただけるよう、バリアフリー化を一層推進いたします。
 これからの時代、町ぐるみ、人ぐるみ福祉が求められる中で、郵便局が地域の情報・安心・交流の拠点として、一層信頼されるよう、そしてまた活用されるよう、積極的に取り組んでまいりたいと思っております。
 微力ではございますけれども、小坂そして前田両政務次官ともども、経済の新生が実現するよう、また国民の皆様の御期待にこたえることのできるように郵政行政を展開してまいりたいと考えておりますので、齋藤委員長を初め理事の皆様、交通・情報通信委員会の諸先生方におかれましては、何とぞ御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。
#14
○委員長(齋藤勁君) この際、小坂郵政政務次官及び前田郵政政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。小坂郵政政務次官。
#15
○政務次官(小坂憲次君) 去る十月五日、郵政総括政務次官を拝命いたしました小坂憲次でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 さきに成立した国会審議活性化法により政務次官の役割が大きくなったことからも、深い自覚と責任を持って、齋藤委員長初め交通・情報通信委員会の皆様方からの御指導を賜りながら、郵政行政の適切な運営のため、前田政務次官とともに八代郵政大臣を補佐してまいりたいと考えております。全力を挙げて取り組んでまいる所存でございますので、どうぞよろしく御指導、御鞭撻のほどお願いを申し上げます。
#16
○委員長(齋藤勁君) 前田郵政政務次官。
#17
○政務次官(前田正君) 去る十月五日、郵政政務次官を拝命いたしました前田正でございます。
 交通・情報通信委員会の皆様方からの御指導を賜りながら、郵政行政の適切な運営のため、小坂総括政務次官とともに八代郵政大臣を積極的に補佐してまいりたいと考えております。一生懸命に取り組んでまいる所存でございますので、どうぞよろしく御指導、御鞭撻のほどをお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。
#18
○委員長(齋藤勁君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト