くにさくロゴ
1999/12/14 第146回国会 参議院 参議院会議録情報 第146回国会 法務委員会 第12号
姉妹サイト
 
1999/12/14 第146回国会 参議院

参議院会議録情報 第146回国会 法務委員会 第12号

#1
第146回国会 法務委員会 第12号
平成十一年十二月十四日(火曜日)
   午前十時七分開会
    ─────────────
   委員の異動
 十二月十三日
    辞任         補欠選任
     阿部 正俊君     脇  雅史君
 十二月十四日
    辞任         補欠選任
     斉藤 滋宣君     阿南 一成君
     森下 博之君     吉川 芳男君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         風間  昶君
    理 事
                北岡 秀二君
                塩崎 恭久君
                竹村 泰子君
                魚住裕一郎君
                平野 貞夫君
    委 員
                阿南 一成君
                岩崎 純三君
                竹山  裕君
                服部三男雄君
                吉川 芳男君
                脇  雅史君
                小川 敏夫君
                千葉 景子君
                角田 義一君
                橋本  敦君
                福島 瑞穂君
                中村 敦夫君
                松田 岩夫君
   国務大臣
       法務大臣     臼井日出男君
   政務次官
       法務政務次官   山本 有二君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        加藤 一宇君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○電気通信回線による登記情報の提供に関する法
 律案(第百四十五回国会内閣提出、第百四十六
 回国会衆議院送付)

    ─────────────
#2
○委員長(風間昶君) ただいまから法務委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨十三日、阿部正俊君が委員を辞任され、その補欠として脇雅史君が選任されました。
 また、本日、斉藤滋宣君及び森下博之君が委員を辞任され、その補欠として阿南一成君及び吉川芳男君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(風間昶君) 電気通信回線による登記情報の提供に関する法律案を議題といたします。
 本案につきましては、昨十三日、質疑を終局いたしておりますので、これより討論に入ります。──別に御意見もないようですから、これより直ちに採決に入ります。
 電気通信回線による登記情報の提供に関する法律案に賛成の方の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#4
○委員長(風間昶君) 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 この際、竹村泰子君から発言を求められておりますので、これを許します。竹村泰子君。
#5
○竹村泰子君 私は、ただいま可決されました電気通信回線による登記情報の提供に関する法律案に対し、自由民主党、民主党・新緑風会、公明党、日本共産党、社会民主党・護憲連合及び自由党の各派並びに各派に属しない議員中村敦夫さん及び松田岩夫さんの共同提案による附帯決議案を提出いたします。
 案文を朗読いたします。
    電気通信回線による登記情報の提供に関する法律案に対する附帯決議(案)
  政府及び関係者は、次の事項について格段の配慮をすべきである。
 一 電気通信回線による登記情報提供制度の管理・運営に当たっては、その信頼性及び安全性について万全を期するとともに、国民のプライバシーの侵害をもたらさないよう、登記情報提供業務に関して得た情報の指定法人等による目的外使用を禁止するための万全の体制を整備するよう努力すること。
 二 登記情報提供業務に関する料金等については、国民に過度の負担を求めることとならないよう留意するとともに、当制度が国民に広く周知徹底するよう努めること。
 三 登記事務を迅速かつ適正に処理する体制を確立し、国民の利便に資するため、現在推進中の登記事務のコンピュータ化を、不動産登記については、要員、資金、施設等人的・物的諸条件の整備を図りつつ、主要な登記所につき目標とされている平成十六年度末までに完了するよう、一層努力すること。
 四 登記情報提供業務を行う指定法人の数については、今後の技術の進歩や経済情勢の推移等を踏まえつつ、登記情報の安全性の確保、料金の問題等の視点から総合的に検討を進め、必要な場合には、見直しを行うこと。
 五 電気通信回線による登記情報提供制度実施に当たっては、利用者の意見等も調査しつつ、利用可能時間の延長など更なる利便性の向上に努めること。
 六 電気通信回線による登記情報提供の場合には認証文を付すことができないことにかんがみ、郵送等による登記簿謄抄本の取得方法など、認証文を必要とする利用者の利便に資するため、広報等にも力を入れること。
 七 政府の規制緩和推進三か年計画等に従い、オンラインによる登記申請の研究を行うなど、情報化の推進による登記手続の抜本的改善に向けた努力を継続すること。
  右決議する。
 以上でございます。
 何とぞ委員各位の御賛同をお願いいたします。
#6
○委員長(風間昶君) ただいま竹村泰子君から提出されました附帯決議案を議題とし、採決を行います。
 本附帯決議案に賛成の方の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#7
○委員長(風間昶君) 全会一致と認めます。よって、竹村泰子君提出の附帯決議案は全会一致をもって本委員会の決議とすることに決定いたしました。
 ただいまの決議に対し、臼井法務大臣から発言を求められておりますので、この際、これを許します。臼井法務大臣。
#8
○国務大臣(臼井日出男君) ただいま可決されました附帯決議につきましては、その趣旨を踏まえ、適切に対処してまいりたいと存じます。
#9
○委員長(風間昶君) なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(風間昶君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午前十時十二分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト