くにさくロゴ
1999/11/05 第146回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第146回国会 運輸委員会 第1号
姉妹サイト
 
1999/11/05 第146回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第146回国会 運輸委員会 第1号

#1
第146回国会 運輸委員会 第1号
本国会召集日(平成十一年十月二十九日)(金曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 石破  茂君
   理事 衛藤 晟一君 理事 久野統一郎君
   理事 実川 幸夫君 理事 玉置 一弥君
   理事 赤羽 一嘉君 理事 江崎 鐵磨君
      小里 貞利君    木村 隆秀君
      栗原 裕康君    坂本 剛二君
      菅  義偉君    中馬 弘毅君
      中野 正志君    仲村 正治君
      望月 義夫君    森田 健作君
     吉田六左エ門君    渡辺 具能君
      奥田  建君    今田 保典君
      佐藤 敬夫君    高木 義明君
      永井 英慈君    前原 誠司君
      石田幸四郎君    倉田 栄喜君
      岩浅 嘉仁君    寺前  巖君
      平賀 高成君
    ―――――――――――――
十月二十九日
 石破茂君委員長辞任につき、その補欠として仲村正治君が議院において、委員長に選任された。
    ―――――――――――――
平成十一年十一月五日(金曜日)
    午前十一時三十二分開議
 出席委員
   委員長 仲村 正治君
   理事 石破  茂君 理事 衛藤 晟一君
   理事 久野統一郎君 理事 実川 幸夫君
   理事 菅  義偉君 理事 森田 健作君
   理事 高木 義明君 理事 玉置 一弥君
   理事 赤羽 一嘉君 理事 江崎 鐵磨君
      小里 貞利君    木村 隆秀君
      栗原 裕康君    坂本 剛二君
      中馬 弘毅君    中野 正志君
      望月 義夫君   吉田六左エ門君
      渡辺 具能君    安住  淳君
      奥田  建君    今田 保典君
      永井 英慈君    前原 誠司君
      河合 正智君    倉田 栄喜君
      岩浅 嘉仁君    寺前  巖君
      平賀 高成君
    …………………………………
   運輸大臣         二階 俊博君
   運輸政務次官       中馬 弘毅君
   運輸政務次官       鈴木 政二君
   運輸委員会専門員     長尾 正和君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月五日
 辞任         補欠選任
  佐藤 敬夫君     安住  淳君
  石田幸四郎君     河合 正智君
同日
 辞任         補欠選任
  安住  淳君     佐藤 敬夫君
  河合 正智君     石田幸四郎君
同日
 理事武部勤君及び細川律夫君十月二十八日委員辞任につき、その補欠として菅義偉君及び高木義明君が理事に当選した。
同日
 理事衛藤晟一君及び久野統一郎君同日理事辞任につき、その補欠として石破茂君及び森田健作君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件

    午前十一時三十二分開議
     ――――◇―――――
#2
○仲村委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 私、このたび、運輸委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じます。
 御承知のとおり、運輸行政には重要な問題が山積しておりますが、個々の問題解決はもとより、国民生活の安定向上を目指した総合的な運輸政策の確立が求められており、当委員会に課せられた使命はまことに重大であります。
 微力ではございますが、皆様方の御協力を賜りまして、委員会の円滑な運営を図り、その職責を果たしてまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○仲村委員長 まず、理事の辞任についてお諮りいたします。
 理事衛藤晟一君及び久野統一郎君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○仲村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 引き続き、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 ただいまの理事辞任による欠員のほか、委員の異動による欠員二名があり、計四名の理事が欠員となっております。この際、その補欠選任を行いたいと存じますが、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○仲村委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      石破  茂君    菅  義偉君
      森田 健作君 及び 高木 義明君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○仲村委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 運輸行政の実情を調査し、その合理化及び振興に関する対策を樹立するため
 陸運に関する事項
 海運に関する事項
 航空に関する事項
 港湾に関する事項
 海上保安に関する事項
 観光に関する事項
 気象に関する事項
について、本会期中調査をいたしたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○仲村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#8
○仲村委員長 この際、二階運輸大臣、中馬運輸総括政務次官及び鈴木運輸政務次官から、それぞれ発言を求められております。順次これを許します。二階運輸大臣。
#9
○二階国務大臣 このたび、運輸大臣を拝命いたしました二階俊博でございます。中馬総括政務次官、鈴木政務次官ともども頑張ってまいりますので、よろしく御指導のほどをお願い申し上げます。
 仲村委員長初め委員の諸先生におかれましては、日ごろから運輸行政の推進に格段の御理解と御支援をいただいておりますことに厚く御礼を申し上げます。
 運輸行政は我が国の社会経済活動や国民生活と極めて密接なかかわり合いを有しており、二十一世紀に向けて豊かで活力ある社会を築き上げていくために期待される役割は、まことに大きいものがあると考えております。
 運輸行政の基本的課題であります安全の確保に改めて万全を期するとともに、国民の皆さんの期待にこたえるよう、懸案事項の解決にも全力を傾注してまいる所存でございます。
 特に最近の山陽新幹線トンネルコンクリート剥落事故につきましては、既に運輸委員会の委員の諸先生には事故現場を御視察いただき、御熱心に取り組んでいただいているところでありますが、私といたしましても、徹底した原因究明及び安全確保策の確立を図るとともに、JR西日本に対し厳正な指導監督を行うことにより、新幹線の安全に対する国民の信頼が速やかに回復されるよう努めてまいります。
 また、運輸事業全般の事故防止に運輸省が一丸となって取り組むため、先般、省内に事務次官を議長とする運輸安全戦略会議を発足させるなど、運輸分野における安全の確保に最大限の努力を払っているところであります。今後とも、輸送の安全に対する国民の期待と信頼にこたえるべく各般の施策を推進してまいりたいと考えております。
 また、生活者重視の観点から、交通バリアフリーの推進とともに、サラリーマンや学生の通勤通学環境を快適なものとするために、特にオフピーク通勤の推進を図ってまいりたいと考えております。
 委員長を初め委員の諸先生の絶大なる御協力を心からお願い申し上げ、就任のごあいさつといたします。
 ありがとうございました。(拍手)
#10
○仲村委員長 次に、中馬運輸総括政務次官。
#11
○中馬政務次官 このたび、総括運輸政務次官を拝命いたしました中馬弘毅でございます。
 安全で効率的な交通サービスを確保することは、豊かな国民生活と活力ある経済社会を実現し、また維持していく上で必要不可欠であります。このため、運輸行政は、特に安全の確保を初めとして、さらに環境問題、そして急速な高齢化社会の到来や国際化への対応といった諸課題に的確に取り組んでいく必要があると認識しております。
 今後とも、陸海空にわたる各般の施策を、二階大臣、鈴木次官と一致協力して推進してまいる所存であります。委員長を初め諸先生方の御支援と御指導を心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。
 どうもありがとうございました。(拍手)
#12
○仲村委員長 次に、鈴木運輸政務次官。
#13
○鈴木政務次官 このたび、運輸政務次官を拝命いたしました。
 私は参議院から来させていただいております。二階大臣、そして中馬総括政務次官の下で本当に運輸行政を、委員長を初め、また各委員の先生方と御一緒に、しっかりとした、国民が信頼できる、そして安全である運輸行政を進めていきたいと思います。
 今後とも委員長を初め各先生方の御指導、御鞭撻を心からお願いして、ごあいさつにかえさせていただきます。
 よろしくどうぞお願いいたします。(拍手)
#14
○仲村委員長 次回は、来る十日水曜日午前九時五十分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時三十九分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト