くにさくロゴ
1999/11/05 第146回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第146回国会 厚生委員会 第1号
姉妹サイト
 
1999/11/05 第146回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第146回国会 厚生委員会 第1号

#1
第146回国会 厚生委員会 第1号
本国会召集日(平成十一年十月二十九日)(金曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 木村 義雄君
   理事 鈴木 俊一君 理事 田中眞紀子君
   理事 金田 誠一君 理事 山本 孝史君
   理事 福島  豊君 理事 岡島 正之君
      安倍 晋三君    伊吹 文明君
      石崎  岳君    江口 一雄君
      衛藤 晟一君    遠藤 利明君
      大村 秀章君    鴨下 一郎君
      砂田 圭佑君    田中 和徳君
      田村 憲久君    戸井田 徹君
      根本  匠君    桧田  仁君
      堀之内久男君    松本  純君
      宮島 大典君    山下 徳夫君
      家西  悟君    石毛えい子君
      五島 正規君    土肥 隆一君
      中桐 伸五君    古川 元久君
      青山 二三君    大野由利子君
      久保 哲司君    武山百合子君
      吉田 幸弘君    児玉 健次君
      瀬古由起子君    中川 智子君
      笹木 竜三君
    ―――――――――――――
十月二十九日
 木村義雄君委員長辞任につき、その補欠として江口一雄君が議院において、委員長に選任された。
    ―――――――――――――
平成十一年十一月五日(金曜日)
    午前十時二分開議
 出席委員
   委員長 江口 一雄君
   理事 安倍 晋三君 理事 衛藤 晟一君
   理事 木村 義雄君 理事 鈴木 俊一君
   理事 田中眞紀子君 理事 金田 誠一君
   理事 山本 孝史君 理事 福島  豊君
   理事 岡島 正之君
      伊吹 文明君    石崎  岳君
      遠藤 利明君    大村 秀章君
      鴨下 一郎君    砂田 圭佑君
      田中 和徳君    田村 憲久君
      戸井田 徹君    根本  匠君
      桧田  仁君    松本  純君
      宮島 大典君    家西  悟君
      石毛えい子君    土肥 隆一君
      古川 元久君    青山 二三君
      大野由利子君    久保 哲司君
      武山百合子君    吉田 幸弘君
      児玉 健次君    瀬古由起子君
      中川 智子君    笹木 竜三君
    …………………………………
   厚生大臣         丹羽 雄哉君
   厚生政務次官       大野由利子君
   厚生委員会専門員     杉谷 正秀君
    ―――――――――――――
十一月五日
 理事長勢甚遠君十月五日委員辞任につき、その補欠として安倍晋三君が理事に当選した。
同日
 理事佐藤静雄君十月二十八日委員辞任につき、その補欠として木村義雄君が理事に当選した。
同日
 理事鈴木俊一君同日理事辞任につき、その補欠として衛藤晟一君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十月二十九日
 国民年金法等の一部を改正する法律案(内閣提出、第百四十五回国会閣法第一一八号)
 年金資金運用基金法案(内閣提出、第百四十五回国会閣法第一一九号)
 年金福祉事業団の解散及び業務の承継等に関する法律案(内閣提出、第百四十五回国会閣法第一二〇号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件

    午前十時二分開議
     ――――◇―――――
#2
○江口委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、委員長に就任をいたしました江口一雄でございます。
 御承知のとおり、我が国は少子・高齢化が急速に進み、医療、年金、福祉、とりわけ介護保険問題など、当委員会に係る国民生活に直結した極めて重要な課題が山積をしております。このような状況のもと、当委員会に課せられました責務は極めて重大であると痛感しております。
 委員各位の御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努め、委員長の責務を誠心誠意果たしてまいりますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○江口委員長 理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事鈴木俊一君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○江口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 引き続き、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。
 ただいまの理事辞任及び委員の異動に伴い、現在理事が三名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○江口委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      安倍 晋三君    衛藤 晟一君
   及び 木村 義雄君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○江口委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 厚生関係の基本施策に関する事項
 社会保障制度、医療、公衆衛生、社会福祉及び人口問題に関する事項
以上の両事項について、その実情を調査し、対策を樹立するため、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中調査を進めたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○江口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#8
○江口委員長 この際、丹羽厚生大臣及び大野厚生政務次官から発言を求められておりますので、順次これを許します。丹羽厚生大臣。
#9
○丹羽国務大臣 厚生大臣に就任をいたしました丹羽雄哉でございます。
 厚生委員の皆様方には、日ごろから厚生行政の推進に格別の御尽力をいただいており、この場をおかりいたしまして、心から厚く御礼を申し上げる次第でございます。
 厚生行政という国民の皆様方の生活に直結した分野を預かることになり、その重責に身の引き締まる思いがいたしております。
 現在、我が国におきましては、急速に少子・高齢化が進展する一方、経済はいまだ厳しい状況を脱しておりません。
 このような中、今国民が安心できる社会を築くため、国民に信頼され、将来にわたって安定的に運営できる社会保障制度を構築していくことが必要とされております。このため、厚生省といたしましては、年金、医療、介護及び福祉全般にわたる社会保障の改革に取り組んでまいる所存でございます。
 現在は、豊かさの中の不安の時代と言われており、この中で、国民の一番の不安は老後の問題であります。このため、我が国が真に豊かな社会となるためには、老後を安心して過ごせることが肝要であり、介護保険法の来年四月からの円滑な実施に向けて、準備に万全を期していく所存でございます。
 また、年金制度につきましては、将来にわたり安心して年金を受給できる安定的な制度を構築することが必要であります。このため、将来世代の過重な負担を防ぐとともに適切な給付を約束するとの考え方に立ち、制度全般を見直すための法案をさきの国会に提出したところであります。年金制度に対する国民の信頼を揺るぎないものにするため、今国会での一日も早い成立に向けて、御審議をお願い申し上げる次第でございます。
 さらに、医療制度につきましては、経済成長の伸びと医療費の伸びの不均衡が拡大していく中で、将来にわたって安心できる安定したものとすることが必要になっています。このため、現在、診療報酬体系、薬価制度、高齢者医療制度及び医療提供体制の抜本的な見直しに向けて検討を進めているところであります。具体的な成案を得られたものから、順次、平成十二年度からその実現に向けて努力していく決意でございます。
 また、少子化対策につきましては、その中核を担う省として、関係閣僚会議における政府一体の取り組みや少子化への対応を推進する国民会議を通じた官民挙げての対応について、十分な役割を果たすとともに、保育対策を初めとする子育て支援策を計画的に推進してまいります。
 このほか、社会福祉事業法等の見直し、深刻化しております廃棄物対策、食品の安全性確保など、間近に控えた二十一世紀の重要な課題に対し、正面から取り組んでいく所存でございます。
 委員の皆様のなお一層の御理解と御協力をいただけますようお願いを申し上げまして、一言私のごあいさつにかえさせていただきます。よろしくお願いいたします。(拍手)
#10
○江口委員長 次に、大野厚生政務次官。
#11
○大野(由)政務次官 おはようございます。先般、厚生総括政務次官に就任いたしました大野由利子でございます。
 健康や福祉という国民に最も身近で重要な分野を担当し、日々その責任の重さを痛感しております。また、今国会から政務次官の役割が一層重要になる中での就任であり、身の引き締まる思いです。
 厚生行政におきましては、未曾有の少子・高齢社会となる二十一世紀を目前に控え、経済社会の活力を維持しながら、一人一人が心豊かに安心して生活できるようなセーフティーネットを構築するという大きな使命を担っています。
 私自身、子育てをしながら女性が仕事を続けることが大きな困難を伴うということを体験してまいりました。また、途中で同居をして十数年一緒に暮らしましたしゅうとめですが、今、介護が必要となり、とても面倒を見られないということで、兄弟に見てもらっている現状でございます。厚生行政が人間の幸不幸に直結をするということを実感しております。
 丹羽大臣を補佐し、また、総括政務次官としての責任を全うし、厚生行政の推進に誠心誠意努力していく所存です。
 簡単ではございますが、委員の皆様方の御理解と御協力をお願い申し上げ、私のあいさつとさせていただきます。(拍手)
#12
○江口委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十時十三分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト