くにさくロゴ
1947/03/27 第2回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第002回国会 議院運営委員会 第21号
姉妹サイト
 
1947/03/27 第2回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第002回国会 議院運営委員会 第21号

#1
第002回国会 議院運営委員会 第21号
昭和二十三年三月二十七日(土曜日)
    午後二時三十分開議
 出席委員
   委員長 淺沼稻次郎君
   理事 坪川 信三君
      赤松  勇君    笹口  晃君
      森 三樹二君    安平 鹿一君
      吉川 兼光君    工藤 鐵男君
      小澤佐重喜君    廣川 弘禪君
     山口喜久一郎君    川野 芳滿君
      中野 四郎君
 委員外の出席者
        議     長 松岡 駒吉君
        副  議  長 田中 萬逸君
   議員 榊原  亨君 議員 徳田 球一君
   議員 外崎千代吉君
        事 務 総 長 大池  眞君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 赤坂離宮使用に関する件
 國会法の改正に関する件
    ―――――――――――――
#2
○淺沼委員長 これより議院運営委員会を開会いたします。
 問題は赤坂離宮に関する件でありますが、この間参議院の庶務委員会、衆議院の福利委員会の合同会で決定をいたしたことは御報告申し上げました通りでありまするが、たまたま法務廳及び内閣の方で、このことに関して関係筋に呼び出されて、関係筋の意見としては、近く赤坂離宮を縱に半分に切つてしまうということの案を示されたそうであります。しかしこの間の申合せは、上は國会並びに政府等で有効適切に公館的のものにし、下を法務廳と國会図書館とわけて使う、そうして管理は國会でするということをきめたわけでありまして、その点がまだ向うに徹底しないうちに関係筋の方で査定をされたような結果になつておるのであります。しかしそれでは國会で使用する部分があまり十分ではないので、図書館運営委員長もこの会議に出席して了解を求めたいというのでありましたが、さらに懇請するために、月曜日に各派の代表の方が九時半ごろここにお集まりを願いまして、下を法務廳と國会、それから上は國会でさらに積極的に使えるよう変更してもらうために懇請に行きたいと思いますので、御削承願います。なお管理はあくまでも國会で管理するということを明白にしていきたいと思います。
    ―――――――――――――
#3
○淺沼委員長 次は國会法の改正について今日御討議を願うことになつておりまして、小沢君から御要求のありました最高裁判所関係の方も見えておつたのでありますが、今日は決議案の関係で延期にしたわけであります。参議院の方では一遍合同審査会を開きたいということでありますから、そうこだわらない懇談の意味で、月曜の午後一遍懇談会を開きたいと思いますから、御了承願いたいと思います。この件に関して御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○淺沼委員長 御異議なしと認めます。
 それではこれで散会いたします。
    午後二時三十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト