くにさくロゴ
1998/12/14 第144回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第144回国会 文教委員会 第2号
姉妹サイト
 
1998/12/14 第144回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第144回国会 文教委員会 第2号

#1
第144回国会 文教委員会 第2号
平成十年十二月十四日(月曜日)
    午前十時三十分開議
 出席委員
   委員長 小川  元君
   理事 栗原 裕康君 理事 小杉  隆君
   理事 増田 敏男君 理事 肥田美代子君
   理事 藤村  修君 理事 富田 茂之君
   理事 松浪健四郎君
      岩永 峯一君    大野 松茂君
      奥山 茂彦君    倉成 正和君
      栗本慎一郎君    佐田玄一郎君
      下村 博文君    高鳥  修君
      高橋 一郎君    渡辺 博道君
      池端 清一君    鳩山 邦夫君
      山元  勉君    池坊 保子君
      旭道山和泰君    権藤 恒夫君
      石井 郁子君    山原健二郎君
      保坂 展人君    粟屋 敏信君
 出席政府委員
        文部大臣官房長 小野 元之君
 委員外の出席者
        文教委員会専門
        員       岡村  豊君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 請 願
     ――――◇―――――
#2
○小川委員長 これより会議を開きます。
 請願の審査を行います。
 今国会において、本委員会に付託されました請願は全部で二百五十六件であります。
 本日の請願日程第一から第二五六までの各請願を一括して議題といたします。
 まず、審査の方法についてお諮りいたします。
 各請願の内容につきましては、請願文書表等により既に御承知のことと存じます。また、理事会におきましても慎重に御検討を願いましたので、この際、各請願について紹介議員からの説明聴取は省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○小川委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 これより採決いたします。
 本日の請願日程中
 義務教育諸学校の学校事務職員・栄養職員に対
  する義務教育費国庫負担制度の維持に関する
  請願二件
 人材確保法に基づく教職員の待遇改善推進に関
  する請願一件
 公立小中学校事務職員及び栄養職員の義務教育
  費国庫負担法適用除外反対に関する請願一件
 豊かな私学教育の実現のための私学助成に関す
  る請願四十二件
 学校事務職員・栄養職員の給与費の半額国庫負
  担堅持に関する請願五件
 義務教育費の国庫負担制度の堅持に関する請願
  十一件
 公立小中学校事務職員・栄養職員に対する義務
  教育費国庫負担制度の維持に関する請願一件
 私学助成制度の充実強化に関する請願一件
 私学教育振興に向けた私学助成等の充実に関す
  る請願一件
以上の各請願は、いずれも採択の上、内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○小川委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 ただいま議決いたしました請願に関する委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○小川委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
    ―――――――――――――
    〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#6
○小川委員長 この際、御報告いたします。
 今国会中、本委員会に参考送付されました陳情書は、義務教育諸学校教科用図書の無償給与制度の堅持に関する陳情書外七件であります。
     ――――◇―――――
#7
○小川委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 第百四十二回国会、藤村修君外三名提出、中高
  一貫教育の推進に関する法律案
並びに
 文教行政の基本施策に関する件
 学校教育に関する件
 社会教育に関する件
 体育に関する件
 学術研究及び宗教に関する件
 国際文化交流に関する件
 文化財保護に関する件
以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○小川委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、今国会設置いたしました高等教育に関する小委員会につきましては、閉会中もなお存置することにいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○小川委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 なお、小委員及び小委員長の辞任の許可及び補欠選任につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○小川委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査のため、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣委員、派遣期間、派遣地その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○小川委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査のため、委員会及び小委員会において参考人から意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その人選及び日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○小川委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時三十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト