くにさくロゴ
1998/12/11 第144回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第144回国会 本会議 第6号
姉妹サイト
 
1998/12/11 第144回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第144回国会 本会議 第6号

#1
第144回国会 本会議 第6号
平成十年十二月十一日(金曜日)
    ―――――――――――――
  平成十年十二月十一日
    午後二時三十分 本会議
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 検察官適格審査会委員及び同予備委員の選挙
 公正取引委員会委員任命につき同意を求めるの件
 金融再生委員会委員任命につき同意を求めるの件
 株価算定委員会委員任命につき同意を求めるの件
 漁業に関する日本国と大韓民国との間の協定の締結について承認を求めるの件(参議院送付)
 排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律及び海洋生物資源の保存及び管理に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)

    午後二時三十三分開議
#2
○議長(伊藤宗一郎君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 検察官適格審査会委員及び同予備委員の選挙
#3
○議長(伊藤宗一郎君) 検察官適格審査会委員及び同予備委員の選挙を行います。
#4
○岸田文雄君 検察官適格審査会委員及び同予備委員の選挙は、その手続を省略して、議長において指名されることを望みます。
#5
○議長(伊藤宗一郎君) 岸田文雄君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、動議のとおり決まりました。
 議長は、検察官適格審査会委員に
      玉沢徳一郎君 及び 鳩山 邦夫君を指名いたします。
 また、
 古屋圭司君を玉沢徳一郎君の予備委員に、
 河村建夫君を瓦力君の予備委員に、
 横路孝弘君を鳩山邦夫君の予備委員に
指名いたします。
     ――――◇―――――
 公正取引委員会委員任命につき同意を求めるの件
 金融再生委員会委員任命につき同意を求めるの件
 株価算定委員会委員任命につき同意を求めるの件
#7
○議長(伊藤宗一郎君) お諮りいたします。
 内閣から、
 公正取引委員会委員
 金融再生委員会委員
及び
 株価算定委員会委員に
次の諸君を任命することについて、それぞれ本院の同意を得たいとの申し出があります。
 内閣からの申し出中、まず、公正取引委員会委員に本間忠良君を任命することについて、申し出のとおり同意を与えるに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、同意を与えることに決まりました。
 次に、
 金融再生委員会委員に磯部朝彦君、片田哲也君、清水湛君及び中地宏君を、
 株価算定委員会委員に石井清之君、大橋正春君、落合誠一君、筒井義郎君及び福間年勝君を
任命することについて、申し出のとおり同意を与えるに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#9
○議長(伊藤宗一郎君) 起立多数。よって、いずれも同意を与えることに決まりました。
     ――――◇―――――
#10
○岸田文雄君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
 参議院送付、漁業に関する日本国と大韓民国との間の協定の締結について承認を求めるの件を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#11
○議長(伊藤宗一郎君) 岸田文雄君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。
    ―――――――――――――
 漁業に関する日本国と大韓民国との間の協定の締結について承認を求めるの件(参議院送付)
#13
○議長(伊藤宗一郎君) 漁業に関する日本国と大韓民国との間の協定の締結について承認を求めるの件を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。外務委員長中馬弘毅君。
    〔中馬弘毅君登壇〕
#14
○中馬弘毅君 ただいま議題となりました日韓漁業協定につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 我が国と韓国との漁業関係は、これまで昭和四十年に締結された現行の漁業協定のもとで維持されていますが、両国について平成八年に発効した国連海洋法条約の趣旨を踏まえ、原則として沿岸国が自国の排他的経済水域において海洋生物資源の管理を行うことを基本とする新たな漁業秩序を日韓間に確立するため、本協定を締結することとなり、両国間の累次の協議を経て、平成十年十一月二十八日、鹿児島において本協定の署名が行われました。
 本協定は、基本的に旗国主義に基づいた資源管理措置をとっている現行協定にかわる新たな日韓間の漁業協定であり、その主な内容は、本協定が適用される協定水域は両締約国の排他的経済水域とし、各締約国は、互恵の原則に立脚して、自国の排他的経済水域において他方の締約国の国民及び漁船が漁獲を行うことを許可すること、各締約国は、自国の排他的経済水域における他方の締約国の国民及び漁船の漁獲が認められる魚種、漁獲割り当て量、操業区域その他の操業に関する具体的な条件を毎年決定すること、協定水域のうち、日本海及び東シナ海の一部に設定する水域については、相互入会措置を適用せず、当該水域における取り締まりは旗国により行われること等であります。
 本件は、去る十二月四日参議院より送付され、十日外務委員会に付託されたものであります。
 外務委員会におきましては、本十一日高村外務大臣から提案理由の説明を聴取した後、質疑を行い、引き続き採決を行いました結果、全会一致をもって承認すべきものと議決した次第でございます。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#15
○議長(伊藤宗一郎君) 採決いたします。
 本件は委員長報告のとおり承認するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり承認することに決まりました。
     ――――◇―――――
#17
○岸田文雄君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
 内閣提出、参議院送付、排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律及び海洋生物資源の保存及び管理に関する法律の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#18
○議長(伊藤宗一郎君) 岸田文雄君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。
    ―――――――――――――
 排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律及び海洋生物資源の保存及び管理に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
#20
○議長(伊藤宗一郎君) 排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律及び海洋生物資源の保存及び管理に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。農林水産委員長穂積良行君。
    〔穂積良行君登壇〕
#21
○穂積良行君 ただいま議題となりました排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律及び海洋生物資源の保存及び管理に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、漁業に関する日本国と大韓民国との間の協定の実施に伴い、漁業に関する主権的権利の行使並びに海洋生物資源の保存及び管理を的確に行うために、対象水域を明確化する等所要の措置を講ずるものであります。
 本案は、去る十二月四日参議院から送付され、昨十日本委員会に付託されました。
 委員会におきましては、本日中川農林水産大臣から提案理由の説明を聴取し、質疑を行いました。質疑を終局し、採決いたしましたところ、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。
 なお、本案に対し附帯決議が付されました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#22
○議長(伊藤宗一郎君) 採決いたします。
 本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
#24
○議長(伊藤宗一郎君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後二時四十三分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト