くにさくロゴ
1998/08/11 第143回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第143回国会 環境委員会 第1号
姉妹サイト
 
1998/08/11 第143回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第143回国会 環境委員会 第1号

#1
第143回国会 環境委員会 第1号
本国会召集日(平成十年七月三十日)(木曜日)
(午前零時現在)における本委員は、次のとおり
である。
  委員長 山元  勉君
   理事 杉浦 正健君 理事 鈴木 恒夫君
   理事 萩山 教嚴君 理事 福永 信彦君
   理事 岩國 哲人君 理事 佐藤謙一郎君
   理事 田端 正広君 理事 武山百合子君
      愛知 和男君    石原 伸晃君
      大野 松茂君    河野 太郎君
      桜井 郁三君    砂田 圭佑君
      戸井田 徹君    持永 和見君
      山中 貞則君    小林  守君
      冬柴 鐵三君    前田  正君
      中村 鋭一君    藤木 洋子君
      土井たか子君    武村 正義君
    ―――――――――――――
八月四日
 山元勉君委員長辞任につき、その補欠として北
 橋健治君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
平成十年八月十一日(火曜日)
    午後一時三十一分開議
出席委員
  委員長 北橋 健治君
   理事 石原 伸晃君 理事 鈴木 恒夫君
   理事 福永 信彦君 理事 岩國 哲人君
   理事 佐藤謙一郎君 理事 田端 正広君
   理事 武山百合子君
      岩下 栄一君    桜井 郁三君
      田中 和徳君    戸井田 徹君
      村上誠一郎君    山本 公一君
      小林  守君    冬柴 鐵三君
      前田  正君    中村 鋭一君
      瀬古由起子君
 委員外の出席者
        環境庁長官官房
        長       太田 義武君
        環境委員会専門
        員       鳥越 義弘君
    ―――――――――――――
委員の異動
七月三十日
 辞任         補欠選任
  河野 太郎君     山本 公一君
八月三日
 辞任         補欠選任
  杉浦 正健君     尾身 幸次君
  砂田 圭佑君     村上誠一郎君
  持永 和見君     石川 要三君
  山本 公一君     岩下 栄一君
  小林  守君     北橋 健治君
同月四日
 辞任         補欠選任
  石川 要三君     山本 公一君
  山元  勉君     小林  守君
同月十一日
 辞任         補欠選任
  大野 松茂君     田中 和徳君
  藤木 洋子君     瀬古由起子君
同日
 辞任         補欠選任
  田中 和徳君     大野 松茂君
  瀬古由起子君     藤木 洋子君
同日
理事杉浦正健君同月三日委員辞任につき、その
補欠として石原伸晃君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
七月三十日
 地球温暖化対策の推進に関する法律案(内閣提
 出、第百四十二回国会閣法第一一一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○北橋委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、当委員会の委員長の重責を担うことになりました北橋健治でございます。まことに光栄に存じております。
 環境問題は、国の内外を問わず、人類の生存の基盤にかかわる重要な問題でございます。当委員会に課せられた使命はまことに重大でございます。ここに、練達堪能なる委員各位の御支援と御協力を賜りまして、委員会の公正かつ円満なる運営を期してまいりたいと存じております。
 何とぞよろしくお願い申し上げたいと思います。ありがとうございました。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○北橋委員長 この際、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴いまして、現在理事が一名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○北橋委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に石原伸晃君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○北橋委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 環境保全の基本施策に関する事項
 公害の防止に関する事項
 自然環境の保護及び整備に関する事項
 快適環境の創造に関する事項
 公害健康被害救済に関する事項
 公害紛争の処理に関する事項以上の各事項につきまして、その実情を調査し、対策を樹立するため、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中調査を進めたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○北橋委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後一時三十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト