くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 議院運営委員会 第36号
平成十年六月十八日(木曜日)
   午前十時四十二分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         岡野  裕君
    理 事
                鴻池 祥肇君
                中島 眞人君
                西田 吉宏君
                今泉  昭君
                齋藤  勁君
                猪熊 重二君
                三重野栄子君
                山下 芳生君
                戸田 邦司君
    委 員
                釜本 邦茂君
                陣内 孝雄君
                田浦  直君
                中原  爽君
                馳   浩君
                畑   恵君
                林  芳正君
                山本 一太君
                小川 勝也君
                前川 忠夫君
                但馬 久美君
                福本 潤一君
                渡辺 四郎君
                有働 正治君
        ―――――
       議     長  斎藤 十朗君
       副  議  長  松尾 官平君
        ―――――
   衆議院議員
       議院運営委員長  亀井 善之君
   事務局側
       事 務 総 長  黒澤 隆雄君
       事 務 次 長  堀川 久士君
       議 事 部 長  島原  勉君
       委 員 部 長  宍戸  洋君
       記 録 部 長  林 五津夫君
       警 務 部 長  吉田 成宣君
       庶 務 部 長  川村 良典君
       管 理 部 長  石堂 武昭君
       国 際 部 長  田邊 敏明君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○議院における証人の宣誓及び証言等に関する法
 律の一部を改正する法律案(第百四十回国会衆
 議院提出)(継続案件)
○国立国会図書館長の辞任に関する件
○国立国会図書館長の任命に関する件
○外国派遣議員の報告に関する件
○本委員会の継続審査要求に関する件
○閉会中における本委員会所管事項の取り扱いに
 関する件
○本日の本会議の議事に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(岡野裕君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 提出者から趣旨説明を聴取いたします。衆議院議院運営委員長亀井善之君。
#3
○衆議院議員(亀井善之君) ただいま議題となりました議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、提案の理由及びその内容を御説明申し上げます。
 本改正案は、証人の宣誓及び証言中の撮影及び録音を各議院の委員長または両議院の合同審査会の会長が許可できることとし、許可に当たっては、当該証人が公務員以外の者であるときは、その人権の保護に特に配慮しなければならないとするものであります。
 また、医師、歯科医師等業務上委託を受けたため知り得た事実で、他人の秘密に関するものについて証言等を拒むことができる者に、薬剤師を加えようとするものであります。
 そのほか、所要の規定の整備を行おうとするものであります。
 なお、本案は、公布の日から起算して二十日を経過した日から施行することとなっております。
 本案につきましては、昭和六十二年に証人の尋問中の撮影を許可しないことに改正して以来、関係各方面からその見直しについて強い要望がありました。
 また、衆議院予算委員長から理事会の合意に基づき三たびにわたり見直しについての申し入れがありました。
 これらを受けまして、議会制度に関する協議会等で協議を重ねた結果、各党の合意が得られ、平成九年六月三日の衆議院議院運営委員会において全会一致をもって委員会提出の法律案と決定し、同日の衆議院本会議において可決した次第であります。
 何とぞ、御審議の上、御賛同をお願い申し上げます。
#4
○委員長(岡野裕君) 本案の修正につきまして齋藤君から発言を求められておりますので、この際、これを許します。齋藤勁君。
#5
○齋藤勁君 私は、自由民主党、民主党・新緑風会、公明、社会民主党・護憲連合、日本共産党及び自由党を代表して、議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律の一部を改正する法律案に対し修正の動議を提出いたします。その内容は、お手元に配付されております案文のとおりであります。
 その趣旨について御説明申し上げます。
 本法律案におきましては、証人の宣誓及び証言中の撮影及び録音を各議院の委員長または両議院の合同審査会の会長が許可できることとし、許可に当たっては、当該証人が公務員以外の者であるときは、その人権の保護に特に配慮しなければならないとされております。
 しかしながら、証人としての人権保護において公務員とそのほかの一般人とを区別することについてその妥当性を考慮する必要があり、また、証人の人権保護の方策に具体性がないことからその対応策を考慮しなければならないものと考えます。
 したがいまして、本法律案に対し、委員会または両議院の合同審査会における証人の宣誓及び証言中の撮影及び録音については、委員長または両議院の合同審査会の会長が、証人の意見を聞いた上で、委員会または両議院の合同審査会に諮り、これを許可することとし、また、証人が撮影及び録音についての意見を述べるに当たっては、その理由について説明することを要しないものとする修正を求めるものであります。
 何とぞ委員各位の御賛同をお願い申し上げます。
#6
○委員長(岡野裕君) それでは、これより採決を行います。
 まず、齋藤君提出の修正案の採決を行います。
 本修正案に賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#7
○委員長(岡野裕君) 全会一致と認めます。よって、齋藤君提出の修正案は可決されました。
 次に、ただいま可決されました修正部分を除いた原案全部の採決を行います。
 修正部分を除いた原案に賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#8
○委員長(岡野裕君) 全会一致と認めます。
 以上の結果、本案は全会一致をもって修正議決すべきものと決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議はありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(岡野裕君) 御異議ないと認め、そのように決定いたします。
 この際、西田君から発言を求められておりますので、これを許します。西田吉宏君。
   〔資料配付〕
#10
○西田吉宏君 私は、議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律の一部を改正する法律案の議決に当たり、附帯して、本委員会において、お手元に配付されておりますとおり、申し合わせを行うことを提案いたします。
 その内容は、現行制度の運用に対する問題点を踏まえ、今後、国会法及び議院証言法について、四項目について認識し協議を重ねることを確認するものでございます。その四項目は、証人に対する要求についての要件に関すること、証人の人権尊重の配慮についての規定に関すること等でございます。
 この申し合わせにつきましては、自由民主党のほか、民主党・新緑風会、公明、社会民主党・護憲連合、自由党の御賛同をいただいているところであります。
 以上でございます。
#11
○委員長(岡野裕君) 本件につきまして御発言はありませんか。
#12
○山下芳生君 私は、議院証言法改正案修正議決に際し、申し合わせを行うことに反対の意見を表明いたします。
 これまで本委員会の理事会において、衆議院から送付された改正案について真摯に議論を積み重ねてまいりました。議論の中心は、証人喚問のテレビ放映解禁に伴う証人の人権保障についてでありました。
 しかるに、提案された申し合わせ案の内容は、現行制度の運用に対する問題点が中心であり、この間の理事会では全く議論されてこなかったもので、本委員会の申し合わせとすることにはなじまないと言わざるを得ません。
 また、申し合わせ案の内容そのものについても、例えば、証人喚問を要求するに当たって賛成者等を必要とするなど、証人喚問の実施を現在以上に困難にし、憲法に定めた国政調査権の行使を侵害する懸念もあります。
 よって、本委員会に提案のあった申し合わせに反対するものであります。
#13
○委員長(岡野裕君) ただいまの西田君の提案の件につきましては、理事会において大方の意見が一致いたしたところでありますので、本委員会の申し合わせとすることにいたしたいと存じます。御了承をお願いいたします。
    ―――――――――――――
#14
○委員長(岡野裕君) 次に、国立国会図書館長辞任の件を議題といたします。
 事務総長から報告を聞きます。
#15
○事務総長(黒澤隆雄君) 国立国会図書館長緒方信一郎君から両院議長にあてまして、一身上の都合により館長を辞任いたしたい旨の辞任願が提出されております。
#16
○委員長(岡野裕君) 本件につきましては、これを承認することに御異議はありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#17
○委員長(岡野裕君) 御異議ないと認め、そのように決定をいたします。
#18
○委員長(岡野裕君) 次に、国立国会図書館長任命の件を議題といたします。
 事務総長から報告を聞きます。
#19
○事務総長(黒澤隆雄君) 国立国会図書館長の任命につきましては、国立国会図書館法第四条の規定により、両議院の議長が両議院の議院運営委員会と協議の後、国会の承認を得てこれを任命することに相なっております。議長におかれましては、本委員会の理事会における各会派の御意向を御勘案の上、後任館長として戸張正雄君を推すこととし、衆議院議長と協議されました結果、両議長の御意見は同君を任命することで一致した次第であります。戸張君の経歴はお手元の資料のとおりでございます。
 以上、御報告申し上げます。
#20
○委員長(岡野裕君) 本件につきましては、ただいま報告のとおり、国立国会図書館長に戸張正雄君を任命することに御異議はありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○委員長(岡野裕君) 御異議ないと認め、そのように決定いたします。
    ―――――――――――――
#22
○委員長(岡野裕君) 次に、外国派遣議員の報告に関する件を議題といたします。
 本年、列国議会同盟会議等国際会議への出席のため海外に派遣されました議員団から、それぞれ報告書が提出をされました。
 これらの報告書は、先例により、本委員会の会議録に掲載することにいたしたいと存じますが、御異議はありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○委員長(岡野裕君) 御異議ないと認め、そのように決定いたします。
    ―――――――――――――
#24
○委員長(岡野裕君) 次に、本委員会の継続審査要求に関する件についてお諮りをいたします。
 本委員会といたしましては、先例により、議院及び国立国会図書館の運営に関する件について継続審査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議はありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#25
○委員長(岡野裕君) 御異議ないと認め、そのように決定いたします。
    ―――――――――――――
#26
○委員長(岡野裕君) 次に、開会中における本委員会所管事項の取り扱いに関する件についてお諮りいたします。本件につきましては、その処理を、委員会所管事項につきましては委員長に、小委員会所管事項につきましては小委員長に、それぞれ御一任願いたいと存じますが、御異議はありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#27
○委員長(岡野裕君) 御異議ないと認め、そのように決定いたします。
    ―――――――――――――
#28
○委員長(岡野裕君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長から説明を聞きます。
#29
○事務総長(黒澤隆雄君) 御説明申し上げます。
 本日の議事は、最初に、ただいま本委員会を議了いたしました議院証言法改正案を緊急上程いたします。まず、本案を日程に追加して議題とすることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、議院運営委員長が報告された後、押しボタン式投票をもって採決いたします。
 次に、国立国会図書館の館長の任命に関する件でございます。戸張正雄君を任命することについて異議の有無をもってお諮りいたします。
 次に、日程第一ないし第五の請願及び緊急上程請願でございます。これらの請願を一括して議題とすることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、これらの請願は、各委員長の報告を省略し、各委員会決定のとおり採択することを異議の有無をもってお諮りいたします。
 次に、委員会の審査及び調査を閉会中も継続するの件でございます。本件は各委員長要求のとおり決することを異議の有無をもってお諮りいたします。
 最後に、今期国会の議事を終了するに当たり、議長からごあいさつがあり、次いで、副議長及び任期を満了される議員を代表して林田悠紀夫君からごあいさつがございます。
 以上をもちまして休憩いたします。その所要時間は約十五分の見込みでございます。
#30
○委員長(岡野裕君) ただいま事務総長から説明がありましたとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議はありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#31
○委員長(岡野裕君) 御異議ないと認め、そのように決定をいたします。暫時休憩いたします。
   午前十時五十五分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト