くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 国民福祉委員会 第16号
平成十年五月二十六日(火曜日)
   午後零時四十一分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 五月二十二日
    辞任         補欠選任
     朝日 俊弘君     今井  澄君
     釘宮  磐君     小山 峰男君
     都築  譲君     木暮 山人君
 五月二十五日
    辞任         補欠選任
     木暮 山人君     泉  信也君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         山本 正和君
    理 事
                尾辻 秀久君
                南野知惠子君
                水島  裕君
                渡辺 孝男君
                清水 澄子君
    委 員
                阿部 正俊君
                石井 道子君
                佐藤 泰三君
                常田 享詳君
                中島 眞人君
                中原  爽君
                今井  澄君
                小山 峰男君
                魚住裕一郎君
                西山登紀子君
                泉  信也君
                西川きよし君
   国務大臣
       厚 生 大 臣  小泉純一郎君
   政府委員
       厚生大臣官房障
       害保健福祉部長  篠崎 英夫君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        大貫 延朗君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○社会保障等に関する調査
 (精神薄弱の用語の整理のための関係法律の一
 部を改正する法律案に関する件)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(山本正和君) ただいまから国民福祉委員会を開会いたします。
 議事に先立ち一言申し上げます。
 本委員会の委員でありました木暮山人君は、本日、逝去されました。まことに痛惜にたえません。
 ここに、皆様とともに謹んで黙祷をささげ、哀悼の意を表しまして御冥福をお祈り申し上げたいと存じます。
 どうぞ御起立をお願いします。黙祷を願います。
   〔総員起立、黙祷〕
#3
○委員長(山本正和君) 黙祷を終わります。御着席願います。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(山本正和君) 委員の異動について御報告いたします。
 去る二十一日、浜四津敏子君が委員を辞任され、その補欠として魚住裕一郎君が選任されました。
 また、去る二十二日、都築譲君、朝日俊弘君及び釘宮磐君が委員を辞任され、その補欠として木暮山人君、今井澄君及び小山峰男君が選任されました。
 また、昨二十五日、木暮山人君が委員を辞任され、その補欠として泉信也君が選任されました。
    ―――――――――――――
#5
○委員長(山本正和君) 社会保障等に関する調査のうち、精神薄弱の用語の整理のための関係法律の一部を改正する法律案に関する件を議題といたします。
 本件につきましては、尾辻秀久君から委員長の手元に精神薄弱の用語の整理のための関係法律の一部を改正する法律案の草案が提出されております。内容はお手元に配付のとおりでございます。
 この際、まず提案者から草案の趣旨について説明を聴取いたします。尾辻君。
#6
○尾辻秀久君 ただいま議題となりました精神薄弱の用語の整理のための関係法律の一部を改正する法律案の草案につきまして、その趣旨及び内容の概要を御説明申し上げます。
 現在、精神薄弱者福祉法などの法律において使用されている「精神薄弱」という用語につきましては、知的な発達に係る障害の実態を的確に表していない、あるいは、精神・人格全般を否定するかのような響きがあり障害者に対する差別や偏見を助長しかねないといった問題点が指摘されております。このため、関係団体等からも不適切な用語であるとしてその見直しが強く求められてきており、平成七年十二月に策定された障害者プランにおいても、「関係者の意見を踏まえ、見直しを行う。」こととされております。
 この「精神薄弱」にかわる用語につきましては、関係団体等から、障害の状態を価値中立的に表現することができる「知的障害」とすべきであるとの強い意見が表明されております。また、この「知的障害」という用語は、現在、社会的に広く使われるようになってきており、医学界を含めた関係者においてもこの用語を用いることについて了解が得られているところであります。
 本案は、こうした経緯を踏まえ、精神薄弱者福祉法、障害者基本法等三十二の法律において用いられている「精神薄弱」という用語を「知的障害」という用語に改めようとするものであります。
 なお、この法律の施行日は、平成十一年四月一日としております。
 以上が、この法律案の草案の趣旨及びその内容の概要であります。
 「精神薄弱」という用語の見直しは、関係者の長年の悲願であり、障害のあるなしにかかわらず、すべての人が同様に暮らせる社会づくり、すなわちノーマライゼーションの理念の実現のための重要な一歩となるものと考えます。そして、この改正により知的障害のある方々に対する国民の理解が深まり、障害者の福祉が向上するものと確信するものであります。
 何とぞ、委員各位の御賛同をお願い申し上げます。
#7
○委員長(山本正和君) 本草案に対し、質疑、御意見等がございましたら、御発言願います。別に御発言もなければ、本草案を精神薄弱の用語の整理のための関係法律の一部を改正する法律案として本委員会から提出することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(山本正和君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、本会議における趣旨説明の内容につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(山本正和君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時四十七分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト