くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 本会議 第11号
平成十年三月四日(水曜日)
   午後一時一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第十一号
  平成十年三月四日
   午後一時開議
 第一 市民活動促進法案(第百四十回国会衆議
  院提出)
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 議事日程のとおり
     ─────・─────
#3
○議長(斎藤十朗君) これより会議を開きます。
 日程第一 市民活動促進法案(第百四十回国会衆議院提出)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。労働・社会政策委員長鹿熊安正君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔鹿熊安正君登壇、拍手〕
#4
○鹿熊安正君 ただいま議題となりました法律案につきまして、労働・社会政策委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 本法律案は、第百三十九回国会に衆議院において熊代昭彦君外四名から提出され、翌第百四十回国会で同院において修正議決されたものでありまして、本院においては、同国会及び第百四十一回国会で継続審査となったものであります。
 本法律案の内容は、市民活動を行う団体に広く法人格を付与すること等により、ボランティア活動を初めとする自由な社会貢献活動としての市民活動の健全な発展を促進し、もって公益の増進に寄与しようとするものであります。すなわち、団体への法人格の付与については簡便な認証方式を採用するとともに、その活動の是非を法人情報の開示等により市民の判断にゆだねるなど、行政庁の関与を必要最小限にとどめるほか、当該法人の税制上の取り扱いについては基本的に「人格のない社団」と同じ扱いにすることなどを規定しているものであります。
 委員会では、本法律案に、第百四十一回国会に提出された笠井亮君外二名発議に係る非営利法人特例法案及び山本保君外三名発議に係る市民公益活動法人法案の両案を加え、三案一括して議題とし、審査を行いました。
 このうち、非営利法人特例法案は、営利を目的としない自主的な民間団体全般を対象とし、準則主義に則して法人格を付与することなどを、また、市民公益活動法人法案は、法人格付与に当たっていかなる分野の公益活動も排除せず、一定の基本基金の保有を義務づけることなどを規定した内容となっております。
 委員会におきましては、民法法人との整合性、十二項目に活動分野を限定したことの意義、法人格付与に準則主義をとることの適否、法人に基本基金保有を義務づけることの是非、宗教活動や政治活動等を制限することの妥当性、法人認証に当たっての所轄庁の審査のあり方、「市民活動」という言葉の概念、暴力団等の団体を排除することの妥当性、情報公開充実の必要性、行政庁の関与、監督のあり方、税制上の優遇措置の必要性等の諸問題について熱心な質疑が行われるとともに、参考人から意見を聴取するなど慎重に審査を行いましたが、その詳細は会議録によって御承知願います。
 本法律案に対する質疑を終了いたしましたところ、自由民主党の狩野君外六名を代表して海老原理事より、本法律案に対する修正案が提出されました。
 その内容は、第一に、この法律中の「市民活動」を「特定非営利活動」に改める等の修正を行い、第二に、所轄庁に関する規定については、団体委任事務であることをさらに明確化し、第三に、法人設立の認証に係る申請書の添付書類としての「誓約する書面」を「各役員が誓う旨の宣誓書の謄本」または「確認したことを示す書面」に改めるほか、認証の基準や情報公開に関する規定を新たに追加する等の九項目にわたるものであります。
 次いで、修正案に対する質疑に入りましたところ、「市民活動」を「特定非営利活動」に変更した理由、暴力団排除規定の解釈と運用のあり方等の点がただされましたが、その詳細についても会議録によって御承知願います。
 質疑を終局し、原案及び修正案について討論に入りましたところ、自由民主党を代表して狩野理事、民友連の竹村理事、公明の山本委員、社会民主党・護憲連合を代表して大脇理事、日本共産党を代表して吉川理事、自由党を代表して都築委員、新党さきがけを代表して堂本委員より、それぞれ修正案及び修正部分を除く原案に賛成する旨の意見が述べられました。
 討論を終わり、採決の結果、修正案及び修正部分を除く原案はいずれも全会一致をもって可決され、本法律案は修正議決すべきものと決定いたしました。
 なお、本法律案に対し、各派共同提案により、特定非営利活動の自主性の尊重、税制を含めた見直しへの取り組み、非営利法人制度の総合的な検討、省庁再編に当たっての責任ある推進体制の構築を内容とする四項目にわたる附帯決議を全会一致をもって行いました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#5
○議長(斎藤十朗君) これより採決をいたします。
 表決は押しボタン式投票をもって行います。
 ただいまより投票を開始いたします。
   〔投票開始〕
#6
○議長(斎藤十朗君) 本案の委員長報告は修正議決報告でございます。
 本案を委員長報告のとおり修正議決することに賛成の諸君は賛成のボタンを、反対の諸君は反対のボタンをお押し願います。──投票を終了してよろしゅうございますか。
 これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#7
○議長(斎藤十朗君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数          二百十九
  賛成            二百十七
  反対               二
 よって、本案は委員長報告のとおり修正議決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#8
○議長(斎藤十朗君) 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時十一分散会
     ─────・─────
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト