くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 本会議 第34号
平成十年六月十日(水曜日)
   午後二時一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第三十四号
    ─────────────
  平成十年六月十日
   午前十時 本会議
    ─────────────
 第一 会期延長の件
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、日程第一
 一、国家公務員等の任命に関する件
     ─────・─────
#3
○議長(斎藤十朗君) これより会議を開きます。
 日程第一 会期延長の件
 議長は、会期の延長について議院運営委員会に諮りましたところ、会期を来る十八日まで八日間延長すべきであるとの決定がございました。
 会期を八日間延長することについて、討論の通告がございます。発言を許します。平田健二君。
   〔平田健二君登壇、拍手〕
#4
○平田健二君 私は、民主党・新緑風会、公明、自由党を代表し、また、日本共産党の御理解を得て、ただいま提案されました会期延長の発議に対し、断固反対の討論を行うものであります。
 まず、反対の第一の理由は、今国会の運営が困難となった最大の原因が、橋本自民党政権の朝令暮改、右往左往の政策転換であり、一貫性のないその姿勢が経済も国会も混乱させていることであります。
 昨年十一月に四十三日間もの時間をかけ、強引に成立させた財政改革法も、わずか五カ月でみずから大転換し、さらに、私たちが再三再四組み替えして再提出を求めた本予算を、最善のもの、補正予算は考えていないと強弁していながら、本予算が成立したその翌日に補正予算の提出を表明する軽佻浮薄な橋本自民党内閣が国会をいたずらに混乱させていることは明々白々であり、会期延長は断じて容認できないものであります。
 第二の理由は、自民党の国会運営の無責任さであります。
 今日の我が国の最大の課題は不況からの脱却であります。しかしながら、政府・自民党は、補正予算を三十一日間も放置し、時期を問わない中央省庁再編法案を優先したのであります。今次の補正予算は緊急経済対策ではないのですか。なぜ補正予算を先に審議しないのですか。政府・自民党が成立を急がない補正予算など、現在の不況に効果がないことをいみじくも政府みずからが証明しているものであります。
 景気対策に真剣味のない政府・自民党の国会対応は、例えば、銀行の貸し渋りにより、中小企業経営者が一日千秋の思いで成立を待ち望んでいた緊急経済対策の中小信用保険法を、緊急上程をせず、二日間もたなざらしにしたことからも明らかなように、極めて緊張感の欠けたものであります。
 自民党の国会運営は、党利党略はもとより、国民生活を完全に無視し、放置した無責任きわまりないものであります。このような橋本自民党政権は、国会を延長するより、まず即座に総辞職するべきであります。退陣こそが橋本内閣にできる唯一の、そして最大の経済対策なのであります。
 第三の理由として、今国会の審議日程が窮屈となったことに野党は一切の責任がないのであります。
 今国会の百五十日間、野党は一度たりとも審議拒否をしておりません。私たちは健全野党、責任野党として、さらに紳士として、橋本内閣に対し国会の中で論戦を正々堂々と挑んでまいりました。そうした私たちの真摯な姿勢にもかかわらず、その場しのぎの行き当たりばったりの国会運営をしてきたのは政府・与党であり、その無責任さにつき合うことができないのは当然であります。
 また、補正予算、暫定予算、本予算、そして今回の補正予算と、一つの国会で四つもの予算を審議した国会は戦後の混乱期を除けば過去に三回の例しかなく、橋本自民党政権の国会対応のていたらくは目を覆うばかりであります。
 今まで述べてまいりましたように、自民党の国会運営は、横暴きわまりない、民主主義のルールを無視した傍若無人なものであり、そうした自分勝手な党利党略の姿勢が景気回復をおくらせ、国民の政治不信を増大させているのであります。
 今、橋本自民党政権がなすべきことは、国会を延長することではありません。即座に退陣し、今日の政策不況を引き起こしたその責任をとり、内外に我が国の政策転換を示し、景気回復への強い決意を明らかにすることであります。
 橋本総理の政治家としての責任ある対応を強く求めるとともに、無責任きわまりない会期延長に対し断固として反対し、私の反対討論を終わります。(拍手)
#5
○議長(斎藤十朗君) これにて討論は終局いたしました。
    ─────────────
#6
○議長(斎藤十朗君) これより採決をいたします。
 会期を八日間延長することの賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#7
○議長(斎藤十朗君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#8
○議長(斎藤十朗君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数          百九十四
  賛成              百九
  反対             八十五
 よって、会期は八日間延長することに決しました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
     ─────・─────
#9
○議長(斎藤十朗君) この際、国家公務員等の任命に関する件についてお諮りいたします。
 内閣から、
 科学技術会議議員に井村裕夫君を、
 宇宙開発委員会委員に長柄喜一郎君を、
 国会等移転審議会委員に濱中昭一郎君及び森亘君を、
 証券取引等監視委員会委員長に佐藤ギン子君を、同委員に川岸近衛君及び高橋武生君を、
 社会保険審査会委員に大槻玄太郎君を、
 漁港審議会委員に飯田満君、植村正治君、大海原宏君、岡野勉君、久野隆作君、坂口享子君、佐藤稔夫君、中村尋子君及び藤野慎吾君を、
 日本放送協会経営委員会委員に大下龍介君、鳥井信一郎君、平岩弓枝君、松野春樹君及び矢野征男君を、
 また、労働保険審査会委員に岡田潤君及び氣賀澤克己君を
任命することについて、本院の同意を求めてまいりました。
 これより採決をいたします。
 まず、科学技術会議議員、証券取引等監視委員会委員のうち高橋武生君、漁港審議会委員のうち飯田満君、植村正治君、大海原宏君、岡野勉君、久野隆作君、坂口享子君及び中村尋子君、日本放送協会経営委員会委員のうち大下龍介君、平岩弓枝君及び矢野征男君並びに労働保険審査会委員の任命について採決をいたします。
 内閣申し出のとおり同意することの賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#10
○議長(斎藤十朗君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#11
○議長(斎藤十朗君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数          百九十二
  賛成            百九十二
  反対               〇
 よって、全会一致をもって同意することに決しました。
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#12
○議長(斎藤十朗君) 次に、宇宙開発委員会委員、国会等移転審議会委員のうち濱中昭一郎君、証券取引等監視委員会委員長、同委員のうち川岸近衛君、漁港審議会委員のうち佐藤稔夫君及び藤野慎吾君並びに日本放送協会経営委員会委員のうち松野春樹君の任命について採決をいたします。
 内閣申し出のとおり同意することの賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#13
○議長(斎藤十朗君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#14
○議長(斎藤十朗君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数          百九十三
  賛成            百七十八
  反対              十五
 よって、同意することに決しました。
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#15
○議長(斎藤十朗君) 次に、国会等移転審議会委員のうち森亘君の任命について採決をいたします。
 内閣申し出のとおり同意することの賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#16
○議長(斎藤十朗君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#17
○議長(斎藤十朗君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数          百九十三
  賛成             百五十
  反対             四十三
 よって、同意することに決しました。
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#18
○議長(斎藤十朗君) 次に、社会保険審査会委員及び日本放送協会経営委員会委員のうち鳥井信一郎君の任命について採決をいたします。
 内閣申し出のとおり同意することの賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#19
○議長(斎藤十朗君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#20
○議長(斎藤十朗君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数          百九十二
  賛成             百八十
  反対              十二
 よって、同意することに決しました。
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#21
○議長(斎藤十朗君) 本日はこれにて散会いたします。
   午後二時十五分散会
     ─────・─────
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト