くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 国会等の移転に関する特別委員会 第4号
平成十年五月二十一日(木曜日)
   午後零時三十一分開議
 出席委員
  委員長 安倍 基雄君
   理事 荒井 広幸君 理事田野瀬良太郎君
   理事 西田  司君 理事 根本  匠君
   理事 桑原  豊君 理事 松崎 公昭君
   理事 河合 正智君
      佐藤  勉君    滝   実君
      棚橋 泰文君    西川 公也君
      古屋 圭司君    渡辺 具能君
      渡辺 喜美君    玄葉光一郎君
      永井 英慈君    渡辺  周君
      井上 義久君    中島 武敏君
      前島 秀行君
 出席政府委員
       国土庁大都市圏
       整備局長
       兼国会等移転審
       議会事務局次長  林  桂一君
 委員外の出席者
       衆議院調査局国
       会等の移転に関
       する特別調査室
       長        白兼 保彦君
    ―――――――――――――
委員の異動
五月二十一日
 辞任         補欠選任
  岩永 峯一君     渡辺 具能君
同日
 辞任         補欠選任
  渡辺 具能君     岩永 峯一君
    ―――――――――――――
五月十三日
 首都機能の畿央ブロックへの移転実現に関する
 陳情書(奈良市登大路町三〇奈良県議会内福田
 守男)(第三一〇号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 参考人出頭要求に関する件
 国会等の移転に関する件

     ――――◇―――――
#2
○安倍委員長 これより会議を開きます。
 国会等の移転に関する件について調査を進めます。
 去る五月十三日に行いました茨城県中北部地域における土地利用状況等調査につきまして、私からその概要を御報告申し上げます。
 今回の視察は、移転先地の決定を国会が行うことにより、移転先地の決定に向けて現地の実情を的確に把握することが必要であることから、当委員会として視察を行ったものであります。
 視察委員は、私、安倍基雄、西田司理事、桑原豊理事、松崎公昭理事、吉田幸弘理事、永井英慈委員及び中島武敏委員の計七名であります。
 以下、調査の概要について御報告いたします。
 視察を行いました茨城県中北部地域は、県の中央部から北部に位置し、東京からおおむね八十キロから百二十キロの距離にあり、水戸市の一部を含む十六市町村で構成されています。地形的には、全体的には起伏の少ない平たん地と標高百から三百メートルのなだらかな丘陵地であり、その面積は約十万四千ヘクタール、そのうち山林が約四割、農用地が約三割を占めております。また、本地域の東南部を常磐自動車道が縦断しているほか、本地域を横断する北関東自動車道の整備計画が決定されているところでもあります。
 現地調査としては、友部町にある茨城県教育研修センターから茨城中央地域を視察した後、緒川村にあるロックヒルゴルフクラブから茨城北部地域の視察を行いました。
 茨城県側の説明によりますと、この地域はおおむね平たんな土地から成る田園地帯であり、年間を通じて寒暖の差が小さいこと、可住地面積が高いのに対し人口密度は低いことなどの特色に加え、火山や活断層がなく、大規模災害に対する安全性が高く、また久慈川、那珂川と霞ケ浦などがあり、豊かな水資源を有しているとのことであります。
 次に、茨城県の概況説明会において関係者の方々から、国会等の移転実現に向けての取り組み状況や地域の特性等について説明をお伺いいたしましたので、その要旨を御報告いたします。
 まず、橋本茨城県知事からは、茨城県全体の概況説明を初め、国会等の移転は、移転後も政治と経済は密接な連携が必要である一方、東京の持つ高い都市機能を有効に活用することが重要であることから、新首都は東京と相互に補完し得る形で建設することが必要であるとして、本地域が東京に近いことによる優位性について説明がありました。
 また、広大な平たん地が多いことから、用地の取得が容易であり、森林の大規模な伐採による環境破壊につながらないこと、成田国際空港にほどよい距離にあること、百里基地の民間との共用化が決定しているほか、東関東自動車道の整備計画が決定しているなど全国からのアクセスが期待できること等、本地域が選定基準九項目に沿った適性を有することについて説明がありました。
 次に、横田県議会議長及び山口首都機能移転等調査特別委員長からは、県議会において、平成七年三月に首都機能移転の誘致に関する決議を行い、六月に特別委員会を設置し、これまでにも有識者等から意見を聞くなど積極的に移転の誘致の検討を進めてきており、また宮城、山形、福島及び栃木の各県と北東地域への移転促進をテーマに広域的な取り組みにも努めているとの説明がありました。
 次に、石川茨城県首都機能移転促進協議会会長からは、国会等の移転が決定してから新首都が完成するまでの間の、いわゆる重都構造への対応が国として大きな問題となる、また、移転事業完成後も経済・文化都市として集積の高い東京との密接な連携が必要であり、地震等災害による東京との同時被災の問題と東京圏と同一化の問題を避けることができるならば、新首都と東京との距離は近ければ近いほどよいことから、茨城中北部地域はすぐれているとの説明がありました。
 最後に、郡司茨城中央地域首都機能誘致推進協議会会長からは、市町村を代表する立場から、産業界も含め、県民の合意形成に努めているとの説明がありました。
 次いで、意見交換が行われましたが、その主な内容を御紹介いたします。
 視察委員から、本地域が東京と近いことから東京圏と連檐するのではないかとの質問に対し、本地域と東京の間は筑波山及び霞ケ浦で遮断されているため連檐のおそれがない旨、土地の取得が容易であるかとの質問に対しては、開発適地二千五百ヘクタールの約六割が山林であることから地価が低いことや、筑波研究学園都市プロジェクトがスムーズに進められたことから見て土地の取得は問題がないと考える旨、高速道路や空港、港湾などの充実ぶりに対して鉄道面が見劣りしているがどのような対策を考えているかとの質問に対しては、これまでつくばまでが予定されている常磐新線の延伸を図っていきたい旨、県として誘致のメリット、デメリットはどうなのかとの質問に対して、県としては、可住地面積が多いが十分に開発
されている状態とは言えず、本地域に国会等の移転が実現すれば開発の契機となるなどのメリットが考えられる旨、それぞれ橋本知事等からの発言がありました。
 このほか、百里基地が民間共用化された場合の安全性の問題、本地域に国会等が移転された場合の県の財政問題、東京との距離が近いことにより東京経由の交通アクセスとなる可能性等についての質疑応答がありました。
 以上が委員会視察の概要であります。
 なお、視察に当たりましては、地元関係者初め多数の方々の御協力をいただきました。ここに深く謝意を表しまして、報告といたします。
    ―――――――――――――
#3
○安倍委員長 次に、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。
 本件調査のため、来る二十八日木曜日午前十時から、参考人として法政大学経済学部教授黒川和美君の出席を求め、意見を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○安倍委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次回は、来る二十八日木曜日午前九時五十分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時三十九分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト