くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号
平成十年三月二十五日(水曜日)
    午後零時二分開議
出席委員
  委員長 葉梨 信行君
   理事 住  博司君 理事 林  幹雄君
   理事 細田 博之君 理事 八代 英太君
   理事 田中  甲君 理事 堀込 征雄君
   理事 遠藤 和良君 理事 西野  陽君
      古賀  誠君    桜井 郁三君
      桜田 義孝君    田中 和徳君
      田村 憲久君    穂積 良行君
      松本  純君    森  英介君
      左藤  恵君    松沢 成文君
      山花 貞夫君    漆原 良夫君
      並木 正芳君    武山百合子君
      東中 光雄君    秋葉 忠利君
 出席国務大臣
        自 治 大 臣 上杉 光弘君
 出席政府委員
        自治政務次官  佐藤 静雄君
        自治大臣官房長 嶋津  昭君
        自治省行政局選
        挙部長     牧之内隆久君
 委員外の出席者
        自治大臣官房審
        議官      牧野 清文君
        自治省行政局選
        挙部選挙課長  山本信一郎君
        自治省行政局選
        挙部管理課長  高部 正男君
        衆議院調査局第
        二特別調査室長 田中 宗孝君
    ―――――――――――――
委員の異動
三月二十五日
 辞任         補欠選任
  石橋 一弥君     森  英介君
  奥山 茂彦君     桜田 義孝君
  田中 昭一君     田村 憲久君
  池坊 保子君     漆原 良夫君
同日
 辞任         補欠選任
  桜田 義孝君     奥山 茂彦君
  田村 憲久君     田中 昭一君
  森  英介君     石橋 一弥君
  漆原 良夫君     池坊 保子君
    ―――――――――――――
三月二十四日
 国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法
 律の一部を改正する法律案(内閣提出第三五号
 )(参議院送付)
二月十二日
 女性議員進出を容易にする選挙制度法の早期制
 定に関する請願(古川元久君紹介)(第八号)
同月二十日
 金融機関の企業献金禁止に関する請願(金子満
 広君紹介)(第二八四号)
 同(矢島恒夫君紹介)(第二八五号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
二月十日
 船員の洋上投票実現に関する陳情書外二件(高
 松市番町四の一の一〇香川県議会内組橋啓輔外
 二名)(第五〇号)
 同(福岡県久留米市城南町一五の三久留米市議
 会内澤水英二)(第一二三号)
 定住外国人の地方参政権の確立に関する陳情書
 外一件(徳島県麻植郡川島町大字桑村八〇三川
 島町議会内住友順一外一名)(第一二二号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法
 律の一部を改正する法律案(内閣提出第三五号
 )(参議院送付)
     ――――◇―――――
#2
○葉梨委員長 これより会議を開きます。
 内閣提出、参議院送付、国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 趣旨の説明を聴取いたします。上杉自治大臣。
    ―――――――――――――
 国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法
  律の一部を改正する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
#3
○上杉国務大臣 ただいま議題となりました国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由と要旨を御説明申し上げます。
 この改正法案は、国会議員の選挙等の執行について、国が負担する経費で地方公共団体に交付するものの現行の基準が実情に即さないものになりましたので、今回これに所要の改定を加えようとするものであります。すなわち、最近における公務員給与の改定、物価の変動等にかんがみますとともに、昨年成立しました投票環境向上のための公職選挙法の改正による投票時間の延長等に伴い、執行経費の基準を改定し、もって国会議員の選挙等の執行に遺憾のないようにしたいと存ずるものであります。
 次に、この法律案による改正の内容につきまして、その概要を御説明申し上げます。
 第一は、最近における公務員給与の改定等に伴い、投票所経費、開票所経費、事務費等の積算単価である超過勤務手当及び投票管理者、開票管理者、立会人等の費用弁償その他の額を実情に即するよう引き上げ、これらの経費に係る基準額を改定しようとするものであります。
 第二は、最近における物価の変動等に伴い、選挙公報発行費、ポスター掲示場費等の積算単価である労務賃その他の額を実情に即するよう見直し、これらの経費に係る基準額を改定しようとするものであります。
 第三は、公職選挙法の改正による投票時間及び不在者投票時間の延長等に伴い、投票所経費、開票所経費、事務費等の積算単価である超過勤務手当並びに投票管理者及び投票立会人の費用弁償その他の額を実情に即するよう引き上げ、これらの経費に係る基準額を改定しようとするものであります。
 第四は、不在者投票管理者の管理する投票を記載する場所を増設する場合において、事務費に所要の額の加算を行おうとするものであります。
 なお、この法律は、公布の日から施行することとしておりますが、公職選挙法の改正に伴う改正規定は、平成十年六月一日から施行することとしております。
 以上が国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律案の要旨であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、速やかに御可決いただきますようお願い申し上げます。
#4
○葉梨委員長 以上で趣旨の説明は終わりました。
    ―――――――――――――
#5
○葉梨委員長 本案につきましては、質疑及び討論ともに申し出がありませんので、直ちに採決に入ります。
 内閣提出、参議院送付、国会議員の選挙等の執
行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律案について採決いたします。
 本案に賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#6
○葉梨委員長 起立総員。よって、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 お諮りいたします。
 ただいま議決いたしました法律案の委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○葉梨委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
    ―――――――――――――
    〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#8
○葉梨委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時七分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト