くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号
平成十年六月十八日(木曜日)
    午前十時三十分開議
出席委員
  委員長 葉梨 信行君
   理事 鴨下 一郎君 理事 林  幹雄君
   理事 細田 博之君 理事 田中  甲君
   理事 堀込 征雄君 理事 遠藤 和良君
   理事 西野  陽君
      石橋 一弥君    奥山 茂彦君
      桜井 郁三君    田中 和徳君
      田中 昭一君    穂積 良行君
      松本  純君    松沢 成文君
      山花 貞夫君    池坊 保子君
      木村 太郎君    菅原喜重郎君
      東中 光雄君    秋葉 忠利君
 出席政府委員
        自治省行政局選
        挙部長     牧之内隆久君
 委員外の出席者
        自治省行政局選
        挙部選挙課長  山本信一郎君
        自治省行政局選
        挙部管理課長  高部 正男君
        自治省行政局選
        挙部政治資金課
        長       岩尾  隆君
        衆議院調査局第
        二特別調査室長 田中 宗孝君
    ―――――――――――――
委員の異動
六月二日
 辞任         補欠選任
  八代 英太君     鴨下 一郎君
同月十八日
 辞任         補欠選任
  並木 正芳君     木村 太郎君
  武山百合子君     菅原喜重郎君
同日
 辞任         補欠選任
  木村 太郎君     並木 正芳君
  菅原喜重郎君     武山百合子君
同日
 理事八代英太君同月二日委員辞任につき、その
 補欠として鴨下一郎君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
五月十五日
 船員の洋上投票実現に関する請願(北沢清功君
 紹介)(第二六五九号)
六月四日
 船員の洋上投票実現に関する請願(村井仁君紹
 介)(第五〇六六号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
五月十三日
 船員の洋上投票実現に関する陳情書外二件(甲
 府市丸の内山の六の一山梨県議会内中村照人外
 二名)(第三二一号)
同月二十七日
 政治資金規正法等の改正等に関する陳情書外二
 件(東京都渋谷区代々木二の二一の一一紀平悌
 子外二名)(第三七一号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○葉梨委員長 これより会議を開きます。
 まず、理事の補欠選任につきましてお諮りいたします。
 委員の異動により、現在理事が一名欠員になっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○葉梨委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に鴨下一郎君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#4
○葉梨委員長 この際、御報告いたします。
 今国会、本委員会に付託になりました請願は十一件であります。各請願の取り扱いについては、先ほどの理事会において協議いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、そのように御了承願います。
 なお、参考のため本委員会に送付されました陳情書は五件であります。念のため御報告申し上げます。
     ――――◇―――――
#5
○葉梨委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 公職選挙法改正に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○葉梨委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中審査のため、委員会において、参考人から意見を聴取する必要が生じました場合には、出席を求めることとし、その日時、人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○葉梨委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次に、閉会中、委員派遣の必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣委員の員数、人選、派遣地、期間その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○葉梨委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
   午前十時三十二分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト