くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 議院運営委員会 第12号
平成十年二月十八日(水曜日)
    午後零時二分開議
出席委員
  委員長 亀井 善之君
   理事 大島 理森君 理事 武部  勤君
   理事 逢沢 一郎君 理事 御法川英文君
   理事 松下 忠洋君 理事 小坂 憲次君
   理事 前原 誠司君 理事 平田 米男君
   理事 井上 喜一君
      江渡 聡徳君    小林 多門君
      新藤 義孝君   田野瀬良太郎君
      棚橋 泰文君    中野 正志君
      松本  純君    近藤 昭一君
      島   聡君    中川 正春君
      山花 貞夫君    斉藤 鉄夫君
      富田 茂之君    江崎 鐵磨君
      西川太一郎君    東中 光雄君
      畠山健治郎君
 出席国務大臣
       法 務 大 臣 下稲葉 耕吉君
 出席政府委員
        法務省刑事局長 原田 明夫君
 委員外の出席者
        議     長 伊藤宗一郎君
        副  議  長 渡部 恒三君
        議     員 新井 将敬君
        事 務 総 長 谷  福丸君
    ―――――――――――――
委員の異動
二月十八日
 辞任        補欠選任
  川内 博史君     近藤 昭一君
  富田 茂之君     斉藤 鉄夫君
同日
 辞任        補欠選任
  近藤 昭一君     山花 貞夫君
  斉藤 鉄夫君     富田 茂之君
同日
 辞任        補欠選任
  山花 貞夫君     川内 博史君
    ―――――――――――――
二月十八日
 議員新井将敬君の逮捕について許諾を求めるの
 件
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国務大臣の演説に対する質疑の件
 議員新井将敬君の逮捕について許諾を求めるの
 件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○亀井委員長 これより会議を開きます。
 国務大臣の演説に対する質疑の件についてでありますが、国務大臣の演説に対する質疑は、本日及び明十九日の両日行うこととし、質疑者の数は、自由民主党一人、民友連二人、平和・改革一人、自由党一人、日本共産党一人、社会民主党・市民連合一人とし、発言時間は、自由民主党の質疑者については三十分以内、民友連、平和・改革、自由党、日本共産党の質疑者については一人おのおの三十五分以内、社会民主党・市民連合の質疑者については二十分以内とし、発言順位は、本日は、まず民友連の第一順位者、次に自由民主党、次いで平和・改革の順序で行い、明十九日は、まず自由党、次に民友連の第二順位者、次に日本共産党、次いで社会民主党・市民連合の順序で行うこととし、両日をもって国務大臣の演説に対する質疑を終了することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○亀井委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○亀井委員長 それでは、本日の本会議における国務大臣の演説に対する質疑は、まず民友連の羽田孜君、次に自由民主党の加藤紘一君、次いで平和・改革の小沢辰男君の順序で行います。
 なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
    ―――――――――――――
   国務大臣の演説に対する質疑
  質 疑 者     時 間   要求大臣二月十八日(水)
 羽田  孜君(民友連)三十五分以内 総、大
 加藤 紘一君(自民)  三十分以内 総
 小沢 辰男君(和)  三十五分以内 総二月十九日(木)
 野田  毅君(自由) 三十五分以内 総
 中野寛成君(民友連) 三十五分以内 総、大
 不破哲三君(共産)  三十五分以内 総
 土井たか子君(社民)  二十分以内 総、外、文
    ―――――――――――――
#5
○亀井委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#6
○亀井委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、明十九日木曜日午後二時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 この際、休憩いたします。
    午後零時四分休憩
     ――――◇―――――
    午後五時二分開議
#7
○亀井委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 本日、午後零時四十五分、議員新井将敬君の逮捕につき、内閣より本院へ許諾要求書が提出され、午後一時、議員新井将敬君の逮捕について許諾を求めるの件が本委員会に付託されました。
 この際、本件を議題といたします。
 先例により、秘密会といたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○亀井委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 議員、政府関係者及び委員会の事務を担当する職員以外の方は御退席願います。
    〔午後五時三分秘密会に入る〕
    〔午後七時二分秘密会を終わる〕
#9
○亀井委員長 お諮りいたします。
 本日の秘密会の記録は、衆議院規則第六十三条ただし書きの規定によりまして、特に秘密を要するものとして、これを印刷配付しないことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○亀井委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後七時三分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト