くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 科学技術委員会 第4号
平成十年三月二十七日(金曜日)
    午後二時三十分開議
出席委員
  委員長 大野由利子君
   理事 小野 晋也君 理事 河本 三郎君
   理事 山口 俊一君 理事 辻  一彦君
   理事 吉田  治君 理事 斉藤 鉄夫君
   理事 菅原喜重郎君
      奥山 茂彦君    木村 隆秀君
      実川 幸夫君    田中 和徳君
      村井  仁君    望月 義夫君
      川内 博史君    近藤 昭一君
      佐藤 敬夫君    近江巳記夫君
      吉田 幸弘君    吉井 英勝君
      辻元 清美君    中村喜四郎君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (科学技術庁長
        官)      谷垣 禎一君
 出席政府委員
        科学技術庁長官
        官房長     沖村 憲樹君
        科学技術庁原子
        力局長     加藤 康宏君
        科学技術庁原子
        力安全局長   池田  要君
 委員外の出席者
        科学技術委員会
        専門員     宮武 太郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
三月二十七日
辞任          補欠選任
  杉山 憲夫君     実川 幸夫君
  鳩山由紀夫君     川内 博史君
  中西 啓介君     吉田 幸弘君
同日
 辞任         補欠選任
  実川 幸夫君     杉山 憲夫君
  川内 博史君     鳩山由紀夫君
  吉田 幸弘君     中西 啓介君
    ―――――――――――――
三月二十七日
 原子力基本法及び動力炉・核燃料開発事業団法
の一部を改正する法律案(内閣提出第二九号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員派遣承認申請に関する件
 原子力基本法及び動力炉・核燃料開発事業団法
 の一部を改正する法律案(内閣提出第二九号)
         
     ――――◇―――――
#2
○大野委員長 これより会議を開きます。
 ただいま付託になりました内閣提出、原子力基本法及び動力炉・核燃料開発事業団法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 趣旨の説明を聴取いたします。谷垣国務大臣。
    ―――――――――――――
 原子力基本法及び動力炉・核燃料開発事業団法
  の一部を改正する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○谷垣国務大臣 原子力基本法及び動力炉・核燃料開発事業団法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び要旨を御説明いたします。
 これまで、動力炉・核燃料開発事業団は、昭和四十二年に設立されて以来、原子力基本法に基づく原子力の開発機関として、高速増殖炉及び新型転換炉に関する開発、核燃料物質の生産及び再処理、核原料物質の探鉱等を行うことにより、我が国の原子力の開発及び利用の促進に寄与するといった重要な役割を担ってきたところであります。
 しかしながら、平成七年十二月に高速増殖原型炉「もんじゅ」において、また、平成九年三月にアスファルト固化処理施設において事故を起こし、さらに、それらに関連して虚偽報告や不十分な通報連絡といった一連の不適切な対応がなされました。
 このようなことから、同事業団を抜本的に改革することとし、その体質及び組織、体制について徹底的にチェックするため、組織論や危機管理等に関する有識者で構成する動燃改革検討委員会を設置し、その改革の方向について検討を行ったところであります。
 本法律案は、動燃改革検討委員会報告書、原子力委員会高速増殖炉懇談会報告書等を踏まえ、これまでの動力炉・核燃料開発事業団の業務を抜本的に見直し、整理縮小するとともに、経営の刷新や機能強化を図り、核燃料サイクルの技術的な確立に向けた開発や、これに必要な研究を行う法人として再出発させるために必要な措置を講ずるものであります。
 次に、本法律案の要旨を御説明いたします。
 第一に、改組後の法人の名称を核燃料サイクル開発機構に改めることとしております。
 第二に、立地地元重視の観点から、同機構の主たる事務所を茨城県に置くこととしております。
 第三に、同機構における業務運営の透明性を確保するとともに、社会等との乖離を未然に防ぐため、内閣総理大臣の認可を受けて理事長が任命する委員により構成される運営審議会を設置することとしております。
 第四に、同機構は、これまでの業務のうち、新型転換炉に関する開発、ウラン濃縮を含む核燃料物質の生産を行う等の業務を整理縮小することとし、核燃料サイクルを技術的に確立するために必要な、高速増殖炉、核燃料物質の再処理、高レベル放射性廃棄物の処理及び処分等に関する開発及びこれに必要な研究を行うとともに、その成果の普及を行う等の業務を行うこととしております。
 なお、これまで同事業団が行ってきた新型転換炉に関する開発等の業務につきましては、同機構の業務の特例として、適切な期限を設けて業務の廃止に向けた準備を行うとともに、その後においても、当分の間、それら業務に伴い発生した放射性廃棄物を管理する業務、施設を廃止する業務やその措置に関する技術の開発等を行うこととしております。
 第五に、同機構の業務の運営につきましては、安全の確保を旨としてこれを行うものとし、適切な情報の公開により業務運営における透明性を確保するとともに、適正かつ効率的に業務を運営するよう努めなければならないこととしております。
 以上が、この法律案の提案理由及び要旨であります。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに御賛同あらんことをお願い申し上げます。
#4
○大野委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。
#5
○大野委員長 この際、委員派遣承認申請に関する件についてお諮りいたします。
 本案につきまして、審査の参考に資するため、来る四月六日月曜日茨城県に、また四月八日水曜日福井県に委員を派遣いたしたいと存じます。
 つきましては、議長に対し、委員派遣承認の申請をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○大野委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 なお、派遣委員の人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○大野委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次回は、来る四月一日水曜日午前九時二十分理事会、午前九時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後二時三十五分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト