くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 労働委員会 第6号
平成十年四月八日(水曜日)
    午前十一時十六分開議
出席委員
  委員長 田中 慶秋君
   理事 荒井 広幸君 理事 小林 興起君
   理事 佐藤 剛男君 理事 森  英介君
   理事 鍵田 節哉君 理事 中桐 伸五君
   理事 河上 覃雄君 理事 青山  丘君
      飯島 忠義君    岩永 峯一君
      大村 秀章君    白川 勝彦君
      棚橋 泰文君    中野 正志君
      長勢 甚遠君    藤波 孝生君
      山本 幸三君    近藤 昭一君
      玉置 一弥君    松本 惟子君
      桝屋 敬悟君    岡島 正之君
      大森  猛君    金子 満広君
      濱田 健一君    土屋 品子君
 出席国務大臣
        労 働 大 臣 伊吹 文明君
 出席政府委員
        労働大臣官房長 渡邊  信君
 委員外の出席者
        労働委員会専門
        員       中島  勝君
    ―――――――――――――
委員の異動
三月二十五日
 辞任        補欠選任
  柳本 卓治君     甘利  明君
四月一日
 辞任        補欠選任
  川崎 二郎君     遠藤 利明君
同月七日
 辞任        補欠選任
  遠藤 利明君     山本 幸三君
同月八日
 辞任         補欠選任
  井奥 貞雄君     岩永 峯一君
  能勢 和子君     中野 正志君
同日
 辞任         補欠選任
  岩永 峯一君     井奥 貞雄君
  中野 正志君     能勢 和子君
    ―――――――――――――
四月七日
 社会保険労務士法の一部を改正する法律案(内
 閣提出第七一号)
三月二十七日
 社会保険労務士法の改正に関する請願(鳩山邦
 夫君紹介)(第九一五号)
四月三日
 社会保険労務士法の改正に関する請願(末松義
 規君紹介)(第一一二九号)
 同(末松義規君紹介)(第一一四六号)
 同(末松義規君紹介)(第一一八三号)
 同(末松義規君紹介)(第一二〇四号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
三月三十日
 時間外及び休日労働・深夜労働の男女共通規制
 の法制化等に関する陳情書外一件(鹿児島県西
 之表市西之表九七八六長崎満外七十名)(第一
 六六号)
 労働法制の抜本的改正に関する陳情書(福岡市
 中央区赤坂一の六の一九角谷泉)(第一六七号
 )
 社会保険労務士法の一部改正法案の成立反対に
 関する陳情書(宇都宮市滝の原一の二の六小野
 幸夫)(第一九三号)
 雇用・失業対策に関する陳情書(那覇市泉崎一
 の一の一那覇市議会内上原清外三名)(第一九
 四号)
 岩手職業能力開発促進センター釜石分所の存続
 に関する陳情書(岩手県釜石市只越町三の九の
 一三野田武義外九名)(第一九五号)
 職業能力開発促進センターの再配置に関する陳
 情書(山口市滝町一の一山口県議会内河野博行
 )(第二一一号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 社会保険労務士法の一部を改正する法律案(内
 閣提出第七一号)
     ――――◇―――――
#2
○田中委員長 これより会議を開きます。
 内閣提出、社会保険労務士法の一部を改正する法律案を議題とし、趣旨の説明を聴取いたします。伊吹労働大臣。
    ―――――――――――――
 社会保険労務士法の一部を改正する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○伊吹国務大臣 ただいま議題となりました社会保険労務士法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 社会保険労務士制度は、昭和四十三年の社会保険労務士法の施行以来三十年目を迎え、この間、労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与し、社会の信頼を得つつ、着実に発展してまいりました。
 こうした状況のもとで、社会保険労務士試験の受験申込者も増加を続け、平成九年度には約三万六千人と、この十年間で約三倍に増加しました。これまで試験事務は国みずからが行ってまいりましたが、このような状況から、将来に向けて同試験を安定的かつ効率的に実施するための体制を構築することが急務となっております。また、政府の規制緩和推進計画におきましても、同試験の試験事務を外部に委託することとされているところであります。
 一方、社会保険労務士制度につきましては、社会保険労務士の取り扱う事務の高度化、複雑化等に的確に対応すべく、その一層の充実を図っていくことが求められております。
 政府といたしましては、こうした状況を踏まえ、社会保険労務士試験の実施に関する事務を、合格の決定に関するものを除き全国社会保険労務士会連合会に行わせることができることとすること等を内容とする法律案を作成し、ここに提出した次第であります。
 次に、この法律案の内容につきまして、概要を御説明申し上げます。
 第一に、主務大臣は、その行う社会保険労務士試験の試験事務を、合格の決定に関するものを除き全国社会保険労務士会連合会に行わせることができることとしております。
 第二に、社会保険労務士試験の試験事務を同連合会に行わせる場合における、その適正な実施確保のための規定を整備することとしております。
 第三に、社会保険労務士の業務を拡充し、社会保険労務士が労働社会保険諸法令に基づく不服申し立てに関する代理を行うことができることとする等、社会保険労務士制度の充実を図ることとしております。
 なお、この法律は、平成十年十月一日から施行することとしております。
 以上、この法律案の提案理由及び内容の概要につきまして御説明申し上げました。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御可決あらんことをお願い申し上げます。
#4
○田中委員長 以上で趣旨の説明は終わりました。
 次回は、来る十日金曜日午前九時三十分理事会、午前九時四十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時二十一分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト