くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 商工委員会 第9号
平成十年四月十六日(木曜日)
    午後三時四十分開議
出席委員
  委員長 斉藤斗志二君
   理事 石原 伸晃君 理事 小此木八郎君
   理事 岸田 文雄君 理事 茂木 敏充君
   理事 伊藤 達也君 理事 松本  龍君
   理事 太田 昭宏君 理事 西川太一郎君
      甘利  明君    小川  元君
      岡部 英男君    奥田 幹生君
      木村 義雄君    古賀 正浩君
      河本 三郎君    阪上 善秀君
      竹本 直一君    武部  勤君
      中山 太郎君    林  義郎君
      村田敬次郎君    山口 泰明君
      大畠 章宏君    川内 博史君
      島   聡君    島津 尚純君
      原口 一博君    渡辺  周君
      中野  清君    宮地 正介君
      小池百合子君    三沢  淳君
      大森  猛君    吉井 英勝君
      横光 克彦君
 出席国務大臣
        通商産業大臣  堀内 光雄君
 出席政府委員
        通商産業大臣官
        房商務流通審議
        官       岩田 満泰君
        通商産業大臣官
        房審議官    古田  肇君
        通賞産業大臣官
        房審議官    岡本  巖君
        通商産業省環境
        立地局長    並木  徹君
        中小企業庁長官 林  康夫君
        中小企業庁計画
        部長      中澤 佐市君
 委員外の出席者
        商工委員会専門
        員       野田浩一郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
四月十六日
 辞任         補欠選任
  野田  実君     阪上 善秀君
  青山  丘君     三沢  淳君
同日
 辞任         補欠選任
  阪上 善秀君     野田  実君
  三沢  淳君     青山  丘君
    ―――――――――――――
四月十六日
 中心市街地における市街地の整備改善及び商業
 等の活性化の一体的推進に関する法律案(内閣
 提出第三九号)
 大規模小売店舗立地法案(内閣提出第四九号)
同日
 出版物再販制の廃止反対に関する請願(野呂田
 芳成君紹介)(第一五〇四号)
 中小業者の仕事を確保するための緊急対策に関
 する請願(石井郁子君紹介)(第一五〇五号)
 同(大森猛君紹介)(第一五〇六号)
 同(木島日出夫君紹介)(第一五〇七号)
 同(穀田恵二君紹介)(第一五〇八号)
 同(児玉健次君紹介)(第一五〇九号)
 同(瀬古由起子君紹介)(第一五一〇号)
 同(辻第一君紹介)(第一五一一号)
 同(寺前巖君紹介)(第一五一二号)
 同(中路雅弘君紹介)(第一五一三号)
 同(中島武敏君紹介)(第一五一四号)
 同(吉井英勝君紹介)(第一五一五号)
 同(木島日出夫君紹介)(第一六四〇号)
 大店法の緩和反対、緊急規制強化に関する請願
 (木島日出夫君紹介)(第一六四一号)
 大型店出店規制に関する請願(吉井英勝君紹介
 )(第一六四二号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 中心市街地における市街地の整備改善及び商業
 等の活性化の一体的推進に関する法律案(内閣
 提出第三九号)
 大規模小売店舗立地法案(内閣提出第四九号)
     ――――◇―――――
#2
○斉藤委員長 これより会議を開きます。
 ただいま付託になりました内閣提出、中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律案並びに大規模小売店舗立地法案の両案を議題といたします。
 これより両案について順次趣旨の説明を聴取いたします。堀内通商産業大臣。
    ―――――――――――――
 中心市街地における市街地の整備改善及び商業
  等の活性化の一体的推進に関する法律案
 大規模小売店舗立地法案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○堀内国務大臣 中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律案につきまして、その提案理由及び要旨を御説明申し上げます。
 我が国の地域の発展の中で、中心市街地は、文化、伝統をはぐくみ、経済社会活動を展開する町の顔であり、これまでも重要な役割を果たしてまいりました。こうした中心市街地は、今後とも、快適で利便性の高い生活空間として、また、人、物、情報等の活発な交流による新たな経済活動の苗床として、豊かで活力ある地域経済社会の実現に大きく貢献することが期待されます。
 しかしながら、近年、車社会の進展、土地利用の効率化のおくれ、中心商店街の疲弊等を背景として、中心市街地は空洞化が進行しつつあり、その再活性化は、我が国が取り組むべき緊急の課題となっております。そして、この課題に取り組むに当たっては、土地区画整理事業や道路等の公共施設の整備と、中小小売商業を初めとする商業の面的な振興のための施策をあわせて実施することが不可欠となっております。
 以上のような観点から、中心市街地について、地域における創意工夫を生かしつつ、市街地の整備改善と商業等の活性化を車の両輪として関連施策を一体的に推進するため、今般、本法律案を提案した次第であります。
 次に、本法律案の要旨を御説明申し上げます。
 第一に、主務大臣は、中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に向けた市町村及び事業者の取り組みに関する基本方針を定めることといたしております。
 第二に、市町村は、この基本方針に基づき、中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化に向けた基本計画を作成することといたしております。この基本計画には、本法律案に基づく措置を講じようとする中心市街地の位置及び区域、当該中心市街地において実施されるべき市街地の整備改善及び商業等の活性化のための事業の内容等を市町村が定めることとしております。
 第三に、市町村の作成した基本計画に定められた中心市街地の整備改善等を促進するため、土地区画整理事業を活用した公共施設の整備促進、地域振興整備公団による施設等の整備、都市公園の地下駐車場の整備を円滑化する手続の特例、都市再開発資金貸付制度の拡充等の措置を講ずること
としております。
 第四に、主務大臣の認定を受けた商業等の活性化のための特定事業計画及び中小小売商業高度化一事業計画について、これらの事業を促進するため、産業基盤整備基金による債務保証等の実施、中小企業設備近代化資金貸し付けの特例、中小企業信用保険の特例、食品流通構造改善促進機構の業務の特例、道路運送法等の許認可の特例、通信・放送機構の出資、課税の特例等の措置を講ずることとしております。
 その他、国及び地方公共団体は、地域住民等の理解と協力を得るとともに、民間事業者の能力の活用を図るよう配慮し、また、施策全般にわたり総合的かつ相互に連携を図ることとしております。
 以上が本法律案の提案理由及びその要旨であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。
 続いて、大規模小売店舗立地法案につきまして、その提案理由及び要旨を御説明申し上げます。
 我が国の小売業は、需要面ではモータリゼーションの急速な進展と消費者の生活様式の変化により、また、供給面では新たな業態の急速な成長等を背景に、大きな構造的変化を遂げつつあります。こうした中、単に規模の経済を追求するよりも、魅力ある商業集積の構築や情報化、システム化を進めることが小売業の競争上重要になっております。
 一方で、周辺の地域住民を主要な顧客とし、地域密着性が高いという特徴を有する小売業が健全な発展を図るためには、地域社会との融和が極めて重要であり、特に、近年、大規模小売店舗の立地に伴う交通渋滞や騒音等の社会的問題への対応について要請が高まっております。
 これらを背景に、事業活動の調整を行う現行制度の限界が指摘されており、社会的問題に対応し、新たな実効性ある措置を講ずることが必要となっております。
 以上のような観点から、大規模小売店舗の設置者がその周辺の地域の生活環境の保持のための適正な配慮を行うことを確保することにより、小売業の健全な発達を図るべく、店舗の新増設に際し、都道府県等が生活環境の保持の見地から意見を述べるための手続等を定めるとともに、その意見を反映させるための措置を講ずるため、今般、本法案を提案した次第であります。
 次に、本法案の要旨を御説明申し上げます。
 第一に、通商産業大臣は、大規模小売店舗の立地に関し、その周辺の地域の生活環境の保持を通じた小売業の健全な発達を図る観点から、大規模小売店舗を設置する者が配慮すべき事項について指針を定めることとしております。
 第二に、大規模小売店舗の設置者が店舗を新増設する場合には、大規模小売店舗の施設の配置や運営方法等について都道府県等に届け出を行い、その内容を周知させる説明会を開催することとしております。
 第三に、この届け出内容について、市町村、地域住民、事業者、商工会議所または商工会その他の団体等は、都道府県等に意見を述べることができることとしております。都道府県等は、これらの意見に配意するとともに、指針を勘案しつつ、大規模小売店舗の設置者に対し、その周辺の地域の生活環境の保持の見地からの意見を述べることができることとしております。
 第四に、これに対する大規模小売店舗の設置者の対応が、都道府県等の意見を適正に反映しておらず、その周辺の地域の生活環境に著しい悪影響を及ぼす事態の発生を回避することが困難と認められるときは、都道府県等は、市町村の意見を聞き、指針を勘案しつつ、大規模小売店舗の設置者に対し、必要な措置をとるよう勧告できることとしております。さらに、正当な理由がなく、設置者が勧告に従わなかったときは、その旨を公表することができることとしております。
 なお、このような新たな実効性ある制度が施行される二とに伴い、現行の大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律は、本法で廃止することとしております。
 以上が、本法案の提案理由及びその要旨であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。
#4
○斉藤委員長 これにて両案の趣旨の説明は終わりました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。午後三時四十九分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト