くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 厚生委員会 第1号
本国会召集日(平成十年一月十二日)(月曜日)
(午前零時現在)における本委員は、次のとおり
である。
  委員長 金子 一義君
   理事 佐藤 剛男君 理事 長勢 甚遠君
   理事 根本  匠君 理事 金田 誠一君
   理事 山本 孝史君 理事 児玉 健次君
      安倍 晋三君    稲垣 実男君
      江渡 聡徳君    衛藤 晟一君
      大村 秀章君    桜井 郁三君
      鈴木 俊一君    田中 昭一君
      田村 憲久君    戸井田 徹君
      能勢 和子君    原田 義昭君
      桧田  仁君    船田  元君
      堀之内久男君    松本  純君
      山下 徳夫君    家西  悟君
      石毛 ^子君    城島 正光君
      土肥 隆一君    畑 英次郎君
      松崎 公昭君    青山 二三君
      旭道山和泰君    福島  豊君
      久保 哲司君    武山百合子君
      藤井 裕久君    吉田 幸弘君
      瀬古由起子君    中川 智子君
      笹木 竜三君
―――――――――――――――――――――
平成十年一月二十三日(金曜日)
    午前十一時三十五分開議
出席委員
  委員長 金子 一義君
   理事 佐藤 剛男君 理事 長勢 甚遠君
   理事 根本  匠君 理事 船田  元君
   理事 金田 誠一君 理事 山本 孝史君
   理事 福島  豊君 理事 久保 哲司君
   理事 児玉 健次君
      荒井 広幸君    稲垣 実男君
      江渡 聡徳君    衛藤 晟一君
      大村 秀章君    小林 多門君
      桜井 郁三君    田中 昭一君
      田村 憲久君    戸井田 徹君
      能勢 和子君    原田 義昭君
      桧田  仁君    堀之内久男君
      松本  純君    家西  悟君
      石毛 ^子君    城島 正光君
      畑 英次郎君    松崎 公昭君
      青山 二三君    旭道山和泰君
      武山百合子君    藤井 裕久君
      吉田 幸弘君    瀬古由起子君
      中川 智子君
 出席政府委員
        厚生政務次官  原田 義昭君
        厚生大臣官房長 近藤純五郎君
 委員外の出席者
        厚生委員会専門
        員       市川  喬君
    ―――――――――――――
委員の異動
 一月二十三日
 辞任        補欠選任
  安倍 晋三君     荒井 広幸君
  鈴木 俊一君     小林 多門君
同日
 辞任        補欠選任
  荒井 広幸君     安倍 晋三君
  小林 多門君     鈴木 俊一君
同日
 児玉健次君が理事を辞任した。
同日
 福島豊君及び久保哲司君が理事に当選した。
同日
 理事津島雄二君同月九日委員辞任につき、その
 補欠として船田元君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○金子委員長 これより会議を開きます。
 去る十二日の議院運営委員会における理事の各会派割当基準の変更等に伴い、理事辞任の件及び理事補欠選任の件についてお諮りをいたします。
 理事児玉健次君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○金子委員長 御異議なしと認め、そのように決しさせていただきます。
 ただいまの理事辞任及び委員の異動に伴い、現在理事が三名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○金子委員長 御異議なしと認めさせていただきます。
 それでは、理事に
      船田  元君    福島  豊君
      久保 哲司君
を指名させていただきます。
     ――――◇―――――
#5
○金子委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りをいたします。
 厚生関係の基本施策に関する事項
 社会保障制度、医療、公衆衛生、社会福祉及び
  人口問題に関する事項以上の両事項について、その実情を調査し、対策を樹立するため、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中調査を進めたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○金子委員長 御異議なしと認め、そのように決しさせていただきます。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時三十七分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト