くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第142回国会 本会議 第44号
平成十年六月四日(木曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第三十二号
  平成十年六月四日
    午後一時開議
 第一 教育職員免許法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 第二 美術品の美術館における公開の促進に関する法律案(内閣提出、参議院送付)
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 元自由民主党総裁前議員宇野宗佑君逝去につき弔詞を贈呈することとし、弔詞は議長に一任するの件(議長発議)
 パキスタンの核実験に抗議し、あらゆる国に今後の核実験中止を求める決議案(亀井善之君外十名提出)
 日程第一 教育職員免許法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第二 美術品の美術館における公開の促進に関する法律案(内閣提出、参議院送付)

    午後一時三分開議
#2
○議長(伊藤宗一郎君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 弔詞贈呈の件
#3
○議長(伊藤宗一郎君) お諮りいたします。
 元自由民主党総裁前議員宇野宗佑君は、去る五月十九日逝去されました。まことに哀悼痛惜の至りにたえません。
 つきましては、宇野宗佑君に対し、弔詞を贈呈いたしたいと存じます。弔詞は議長に一任されたいと存じます。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。
 弔詞を朗読いたします。
    〔総員起立〕
元自由民主党総裁前衆議院議員従二位勲一等宇野宗佑君は 多年憲政のために尽力し 特に院議をもってその功労を表彰され しばしば国務大臣の任につき 内閣総理大臣の重責をにない国政を統理されました
君は 国民生活の充実と国際的地位の向上に貢献されました その功績はまことに偉大であります
衆議院は 君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
 この弔詞の贈呈方は議長において取り計らいます。
     ――――◇―――――
#5
○田野瀬良太郎君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。
 亀井善之君外十名提出、パキスタンの核実験に抗議し、あらゆる国に今後の核実験中止を求める決議案は、提出者の要求のとおり、委員会の審査を省略してこれを上程し、その審議を進められることを望みます。
#6
○議長(伊藤宗一郎君) 田野瀬良太郎君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、日程第一に先立ち追加されました。
    ―――――――――――――
 パキスタンの核実験に抗議し、あらゆる国に今後の核実験中止を求める決議案(亀井善之君外十名提出)
#8
○議長(伊藤宗一郎君) 亀井善之君外十名提出、パキスタンの核実験に抗議し、あらゆる国に今後の核実験中止を求める決議案を議題といたします。
 提出者の趣旨弁明を許します。亀井善之君。
    〔亀井善之君登壇〕
#9
○亀井善之君 私は、自由民主党、民主党、平和・改革、自由党、社会民主党・市民連合を代表いたしまして、ただいま議題となりましたパキスタンの核実験に抗議し、あらゆる国に今後の核実験中止を求める決議案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。
 まず、案文を朗読いたします。
    パキスタンの核実験に抗議し、あらゆる国に今後の核実験中止を求める決議案
  五月三十日、パキスタンは二十八日の地下核実験に引き続き、我が国及び国際社会の抗議と自制を求める声を無視する形で二回目の核実験を強行した。かかる行為は、地球環境と生態系を破壊し、さらに世界の大多数の国が支持している核不拡散体制への重大な挑戦であり、南西アジア地域のみならず地球規模での核開発競争を惹起させるおそれがある。
  本院は、パキスタンの核実験に厳重に抗議し、パキスタンが直ちに今後の核実験を中止し、無条件に核不拡散条約及び包括的核実験禁止条約に加入することを強く求めると同時に、インドを含めた全ての国家が核不拡散と核軍縮に真に努めることを希求する。
  政府は、本院の趣旨を体し、パキスタン政府に対し、核実験と核兵器開発の即時停止を求め、同時に包括的核実験禁止条約の早期発効に一層努力すべきである。
  右決議する。
以上であります。
 我が国は、広島と長崎に原子爆弾が投下され甚大な被害を受けた唯一の被爆国として、人類が二度とこのような悲惨な災いを繰り返さないよう、あらゆる国のいかなる核実験に対しても断固として反対の態度を表明してまいりました。
 本院は、過去九回にわたり核実験反対の決議を行い、国際平和と安全のために、核実験禁止を日本国民の悲願として強く表明してまいりました。去る五月十四日にも、本院は、核兵器廃絶への不断の努力を行うことを誓い、インドの核実験に抗議し、直ちに今後の核実験中止を求める決議を行ってきたところであります。
 しかるに、我が国のみならず世界各国からの自制を求める声を無視し、パキスタンは、去る五月二十八日、地下核実験を行い、また、国際社会からの非難や憂慮の声が相次ぐ中、再び五月三十日にも核実験を強行しました。
 本院は、このようなパキスタンの行為は全人類の悲願を裏切るものであり、極めて遺憾であり、厳重に抗議するとともに、あらゆる国に今後の核実験中止を求めるものであります。
 政府においては、我が国が唯一の被爆国であるとの立場から、あらゆる国の核廃絶に向け率先して行動し、パキスタン政府に対し、直ちに適切な措置を講ずるとともに、国際会議等の場において核実験の即時停止及び核兵器開発の停止を求め、同時に、包括的核実験禁止条約の早期発効に一層努力すべきであります。
 何とぞ、議員各位の御賛同をお願いいたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#10
○議長(伊藤宗一郎君) 採決いたします。
 本案を可決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は可決いたしました。
 この際、内閣総理大臣から発言を求められております。これを許します。内閣総理大臣橋本龍太郎君。
    〔内閣総理大臣橋本龍太郎君登壇〕
#12
○内閣総理大臣(橋本龍太郎君) ただいまの御決議に対しまして所信を申し述べます。
 政府は、これまで、理由のいかんを問わず、核実験は停止すべきである旨強く主張してきたところであり、インドに引き続き、パキスタンが二回にわたり核実験を行ったことは、遺憾のきわみであります。これらの核実験は、国際的な核不拡散体制に対する大きな挑戦であり、容認できるものではなく、インド及びパキスタン両国に対しては、経済協力面を含む一連の措置をとったところであります。また、インド及びパキスタン両国には、核実験及び核開発の即時停止と、NPT及びCTBTの無条件締結を強く求めたいと思います。さらに、インド及びパキスタンの核実験実施は、両国間の緊張を高めるとともに、南アジア地域、さらには世界の安全保障に影響を及ぼすものとして懸念しており、地域のすべての関係国に対し、最大限の自制を呼びかけたいと思います。
 政府は、今般の一連の核実験実施を受け、国連安保理において、スウェーデン等とともに決議案を提出し、安保理メンバー国と協議を行っております。また、来るG8外相会合においても、世界的な核軍縮と核不拡散体制の強化を呼びかけたいと思います。さらに、今般、世界の官民の有識者の参加を得た核軍縮・不拡散に関する緊急行動会議を早期に発足させることを提唱したところであります。
 政府といたしましては、ただいま採択されました御決議の趣旨を体し、核不拡散体制の危機及び南アジア地域の不安定な状況に対処すべく、引き続き最大限の努力を払うとともに、国際社会に対し、結束して対処するよう呼びかけてまいる所存でございます。(拍手)
     ――――◇―――――
 日程第一 教育職員免許法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第二 美術品の美術館における公開の促進に関する法律案(内閣提出、参議院送付)
#13
○議長(伊藤宗一郎君) 日程第一、教育職員免許法の一部を改正する法律案、日程第二、美術品の美術館における公開の促進に関する法律案、右両案を一括して議題といたします。
 委員長の報告を求めます。文教委員長高橋一郎君。
    〔高橋一郎君登壇〕
#14
○高橋一郎君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 まず、教育職員免許法改正案について申し上げます。
 本案は、大学等における教員養成の充実及び学校での社会人活用の促進等を図ろうとするもので、その主な内容は、
 第一に、教員免許状の取得に必要な科目について、教職に関する科目の履修の単位数を引き上げるとともに、専修免許状以外の免許状の取得についても選択履修方式を導入すること、
 第二に、社会人を学校教育に活用するための制度について、特別非常勤講師及び特別免許状の適用対象を幼稚園以外のすべての学校に拡大するほか、特別非常勤講師の採用手続及び特別免許状の有効期間について改善を加えること、
 第三に、現職の養護教諭として三年以上の勤務経験を有する者は、保健の教科の教授を担任できること
などであります。
 なお、この法律は、平成十年七月一日から施行することとしております。
 本案は、参議院先議に係るもので、去る五月二十二日本委員会に付託となり、同日町村文部大臣から提案理由の説明を聴取した後、同月二十七日から質疑に入り、参考人の意見聴取も含めて慎重に審議を行い、六月三日質疑を終了し、討論、採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
 なお、附帯決議が付されました。
 次に、美術品公開促進法案について申し上げます。
 本案は、美術品鑑賞の機会の拡大を図るため、美術品について登録制度を実施し、登録美術品の美術館における公開を促進しようとするもので、その主な内容は、
 第一に、重要文化財である美術品及び世界文化の見地から歴史上、芸術上または学術上特にすぐれた価値を有する美術品の所有者は、申請により、その美術品について文化庁長官の登録を受けることができることとすること、
 第二に、所有者は、登録後三月以内に登録美術品公開契約を締結し、登録美術品を美術館の設置者に引き渡さなければならないこととするとともに、美術館の設置者は、登録美術品の公開及び保管の計画を作成し、その積極的な公開を行わなければならないこととすること、
 第三に、租税特別措置法の一部を改正し、登録美術品について、相続税の物納が認められる場合の優先順位を第一位とすること
などであります。
 なお、この法律は、公布の日から起算して六月を経過した日から施行することとしております。
 本案は、参議院先議に係るもので、去る五月二十六日本委員会に付託されたものであります。
 本委員会におきましては、五月二十七日町村文部大臣から提案理由の説明を聴取した後、六月三日質疑を行い、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
 なお、附帯決議が付されました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#15
○議長(伊藤宗一郎君) これより採決に入ります。
 まず、日程第一につき採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#16
○議長(伊藤宗一郎君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
 次に、日程第二につき採決いたします。
 本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○議長(伊藤宗一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
#18
○議長(伊藤宗一郎君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時二十一分散会

ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト